これからは自分の車がタクシーに!? タクシー業界に新たな刺客、現る

スマートフォンアプリを使った配車サービスが、世界各国で広まりつつあります。非常に便利なツール、そしてサービスですが、タクシー業界からしたら非常に厄介な存在。そんなわけで、反発も広がっています。さて、ここ日本ではどうなるのでしょうか…。

Chapter
そもそも、ライドシェアリングとは?
日本でも導入は可能なのか!?
Uberを導入した自治体も…
そして規制緩和の行方は…!?

そもそも、ライドシェアリングとは?

タクシー

現在、話題になっているライドシェア=ライドシェアリングとは、スマホのアプリを使用して、一般ユーザーのクルマに利用者が料金を払って相乗りするサービス。代表的なものとして知られているのが『Uber』です。

アメリカでスタートしたこのサービスは、タクシーはもとより一般人の運転するクルマ(自家用車)にも安価で乗れることから、人気を集めています。

またサービス提供をする側は『Uber』に登録するだけで、小遣い稼ぎにつながることから、自分の空き時間を利用してサービス提供を行っている利用者も多いようです。ちなみに決済は『Uber』の規定に沿った価格で、アプリ内で完結されます。

このサービスが注目を集めるようになった背景には、「タクシーが信用ならない」(※もちろん日本ではこうした問題はありません)という点があるようで、不明瞭な料金や、そもそも運転手の素性がわからない、といった不満の声に応える、次世代サービスとして注目を集めているわけです。

とはいえ、アメリカを始めとする導入済の国では、タクシー業界が大きく反発しており、物議を醸している次世代サービスでもあります。

次ページ
日本でも導入は可能なのか!?