トヨタはセンチュリー、ホンダはレジェンド…国産フラッグシップモデルは?

トヨタ センチュリー

【東京モーターショー2017】トヨタ センチュリー

1967年、日本国内のVIP向けに、当時の技術の粋を集めて開発したのが、トヨタ センチュリーです。2代目は初代誕生から30年後の、1997年に登場しました。

2代目のボディサイズは、全長5,270mm×全幅1,890mm×全高1,475mmと、立派なサイズをしており、エンジンは4,996ccのV型12気筒エンジンを搭載。制作は、熟練工による手作業で行われており、溶接から組み立て、塗装にいたるまで、手間のかかった方法で製作されています。

そして2018年6月に、3代目が発売。水平基調のデザインに角型ヘッドライトや威厳を感じさせるフロントグリルなど、外観のイメージを踏襲しつつも、外装から内装まで、より洗練されて気品ある造形となっています。各種先進安全機能も装着されており、VIP御用達になることは間違いないでしょう。

3代目センチュリー 画像ギャラリー

これぞ日本の和。品格と匠の技を継承した新型センチュリーが販売開始!
トヨタマーク一切なし!センチュリーが鳳凰のエンブレムを冠する理由

日産 シーマ

日産 シーマ VIP

現在、日産のフラッグシップカーとして君臨するのがシーマです。それより以前は、2010年まで生産されたプレジデントがフラッグシップカーでした。プレジデントは法人やハイヤーとしての用途がメインだったのに対して、シーマは一般オーナー向けとして開発されてきました。

1988年に発売された初代シーマは、当時の景気の良さも手伝って、高額であったのにもかかわらず発売初年度に36,400台もの売れ行きを記録し、『シーマ現象』とも呼ばれました。これが、一躍シーマの名を日本国内に轟かせることになります。

2001年に4代目へとモデルチェンジをしたシーマをベースとして、2003年に登場した4代目プレジデント。シーマとの違いは、遮音材を増やして、静粛性を大幅に向上させていましたが、外観上はフロントグリルの意匠やオーナメント程度と、ベースのシーマとほぼ変わらない造形となりました。

その後、プレジデントは2010年に生産を終了し、日産のフラッグシップカーの座は「シーマ」に譲られることになりました。

シーマ 画像ギャラリー

シーマ、フェアレディZ…車名はどのようにして決まるのか?【日産編】
ローレル、セフィーロ等…バブル期の好調日産を支えた、魅力あるアッパーミドルカー4選

レクサス LS

【東京モーターショー2017】レクサス LS500h

LSが誕生したのは1989年。トヨタがアメリカで高級車を販売するチャンネルとして、レクサスブランドを立ち上げた際に、初代LSが登場しました。

当時、アメリカの高級車といえば、ドイツ車や米国内メーカーの独壇場でしたが、LSの静寂性や快適性、高いクオリティは、アメリカ人に大きな衝撃を与えました。日本では同モデルをトヨタ セルシオとして発売。その後、3代目までセルシオとして販売され、2006年からレクサス LSに、あらためられました。

LSは、2017年10月にフルモデルチェンジを敢行。現在は、3.5L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載するLS500、と3.5L V型6気筒マルチステージハイブリッドシステムを搭載するLS500hの2モデルを設定しています。レクサスといえば”LS”というほどに、世界的に知名度が上がっています。

レクサス LS 画像ギャラリー

馬力や走行性能は!? 新型LS500hはどう変わった?
新型メルセデス Sクラスと新型レクサス LS…どちらが買い?

次ページホンダのフラッグシップモデルは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives