新型メルセデス Sクラスと新型レクサス LS…どちらが買い?

無題

2017年8月9日、メルセデス・ベンツ W222型Sクラスは、ほぼニューモデルといって良いほどのビッグマイナーチェンジを受けました。その狙いは、今秋発売予定の新型レクサス LSを迎え撃つためでしょうか?世界的にもライバルになるであろう、この2台。あなたはどちらが欲しいですか?

Chapter
W222型新型Sクラスとは?
5代目新型レクサス LSとは?
比較!新型Sクラスと新型LS
新型Sクラスと新型LS、どちらを選ぶ?

W222型新型Sクラスとは?

2014年に発売されたW222型Sクラスは、2017年7月にメルセデス史上最大とされるマイナーチェンジを行いました。その内容は、フロントマスクを始めとしたエクステリアデザインの刷新、新エンジン導入とそれにともなうグレードの整理、多段化ATの採用、運転支援技術の向上など、広範囲に渡ります。

日本導入モデルは、3.0L V6ツインターボ搭載のS400、4.0L V8ツインターボ搭載のS560 longとAMG S63 long(どちらもFRと4MATIC)、6.0L V12ツインターボ搭載のS600 longとAMG S65 longです。従来型から継続して採用されるのは、6.0L V12ツインターボのみで、他は新採用となります。

ちなみに、ディーゼルエンジンモデルは本国ラインナップにあるものの未導入、ハイブリッドモデルは未発表となっています。

5代目新型レクサス LSとは?

レクサス LSは、シャーシとマルチステージハイブリッドシステムをLCと共用します。ガソリンエンジンは、従来のV8から新開発の3.5L V6ツインターボに刷新。ガソリン車はLS500、ハイブリッドはLS500hをそれぞれ名乗ります。

安全装備は「Lexus Safety System +A」を採用。従来の機能に加え、運転者の運転操作を確認できない場合には、周囲に警告を発しながら停車し、ドアを解錠し、救命センターへの通報までを自動的に行います。

ボディは標準ボディのみの設定ですが、実際の寸法は4代目ロングボディよりも大柄で、実質的には標準ボディの廃止となります。

この大型化にともない、ハンドルの切れ角を大きく、さらに4WSを採用することで、先代並の最小回転半径を実現、取り回し性にも留意しています。

<次のページに続く>
次ページ
比較!新型Sクラスと新型LS