試乗して気になった3つの事。オデッセイハイブリッドの欠点

ホンダ オデッセイ

オデッセイ ハイブリッド(Odyssey Hybrid)の燃費は26.0km/L。ヴォクシーやノア ハイブリッドなどの燃費よりも良いのには、ビックリですよね。しかも、燃費性能が良いにも関わらず静寂性・パワーともに優れているのですから・・・。注目度が高いのも納得ですね。そんなオデッセイ ハイブリッド(Odyssey Hybrid)ですが、試乗をしてみて気になった事・欠点に感じた事が・・・。私が試乗した時に感じた3つの欠点・不満を紹介したいと思います。

2016/7/28

オデッセイの欠点・不満3:パドルシフトの不採用

またオデッセイ ハイブリッド(Odyssey Hybrid)の欠点の一つが、パドルシフトが装備されていない事。

この使い勝手が良いハイブリッド車にも当然のようにパドルシフトが装備されていると思っていたので、ちょっと残念でした。パドルシフトが装備されているメリットの一つが、手をハンドルから放すことなく、瞬時にシフトチェンジできる事。

特に長い下り坂を運転している時にエンジンブレーキ(エンブレ)をかけたい時には、パドルシフトはとても役に立ちます。以前、パドルシフトが装備されていたオデッセイ アブソルートのガソリン車を試乗した時も、パドルシフトのおかげで特にあわてることなくシフトダウンをする事ができました。

この使い勝手が良いパドルシフトがオデッセイ ハイブリッドに装備されていないのは、本当に残念でした。ちなみに、ディーラーさんの話によると、オデッセイ ハイブリッドにパドルシフトが装備されていないと知り、私のようにガッカリするお客さんは多いみたいです。

ホンダはお客さんの要望に比較的応えてくれるメーカーです、次回のマイナーチェンジのタイミングやイヤーチェンジのタイミングでのパドルシフトの装備に期待したいですね。

オデッセイ ハイブリッド(Odyssey Hybrid)を試乗していて、このような事が気になりました。特にシフトレバーのBポジション(ブレーキングポジション)とパドルシフトが装備されてい無い事から、ガソリン車よりも坂道の運転は大変かもしれません。もしオデッセイ ハイブリッド(Odyssey Hybrid)の購入を検討している方は、下り坂での回生ブレーキの効き具合やSモードをエンジンブレーキとして使用した際の効き方などもしっかりと確認した方が良いかもしれませんね。

発進時の加速力や静寂性がとても良かっただけに、このような欠点が余計に残念に思えてしまいました。