乗り心地をガソリン車と比較!オデッセイハイブリッドを試乗した感想

オデッセイ ハイブリッド(Odyssey Hybrid)は、発進時の加速力や静寂性の良さにも驚いたのですが、それ以上に驚いたのは乗り心地。オデッセイ ハイブリッド(Odyssey Hybrid)はガソリン車とは全く異なる乗り心地になっていて、私も一緒に試乗に同行した妻もビックリ・・・。今まで発売されていたガソリン車の乗り心地とは、まったく異なる乗り心地になっていました。そんなオデッセイ ハイブリッドとガソリン車の乗り心地の違いについて紹介したいと思います。

2016/7/28

Chapter
ケース1:オデッセイ ガソリン車の乗り心地
ケース2:オデッセイ ハイブリッド車の乗り心地
ホンダ オデッセイ

ケース1:オデッセイ ガソリン車の乗り心地

以前私が試乗させてもらったオデッセイ(Odyssey)のガソリン車もハイブリッド車と同様にアブソルートのEXパッケージ。このガソリン車のオデッセイ(Odyssey)の乗り心地は、良く言えば足回りが引き締まったスポーティーな乗り心地。

ホンダ オデッセイ

※画像はオデッセイ ハイブリッドのものを使用しています。

逆に悪く言うと、足回りが固すぎて小さな段差でもクルマの後方がバタつく感じ。私が試乗をしたオデッセイ(Odyssey)ガソリン車は初期モデルでは無く改良されたサスペンションを装備したモデルでした。改良サスのおかげで初期モデルよりも足回りは明らかに改善されバタつく感じは抑えられており、初期型モデルようにちょっとした段差でも不快な突き上げを感じる事は無くなりましたが、他のクルマと比べて乗り心地は固め。そのため、線路やマンホールなどちょっと段差の大きな障害物を乗り越えた時はガツンを大きな衝撃・突き上げ感を感じる事もありました。

特に3列目シートには注意が・・・。

特に突き上げ感を感じるのは、座面の薄い簡易的な3列目シートに座った場合。

ホンダ オデッセイ

運転席や2列目シートに座ると、足回りが固さが若干気になるものの、キレイに舗装されたアスファルト道路では、それ程大きな不満はありませんでした。しかし、3列目シートに座ると後輪タイヤの衝撃がお尻にガツンとダイレクトに伝わる感じ・・・。また、後輪がバタつきが収まるのもちょっと遅い気がしました。

ホンダ オデッセイ

改良されたサスペンションを装備したガソリン車のオデッセイの2列目シートや運転席の乗り心地には大きな不満を感じませんでいたが、3列目の突き上げ感は比較的固めな乗り心地が好みの私でもちょっと気になりました。ちなみに、柔らかめな乗り心地を好む私の妻は、オデッセイのガソリン車の3列目の乗り心地について、「3列目シートは、段差の乗り越えた時の衝撃が大きいから、眠るのもちょっと大変かも!?」と、言っていました。

私の妻のような柔らかい乗り心地が好む人にとっては、オデッセイのガソリン車はまだ満足できる乗り心地になっていなかったかもしれません。ただ個人的には、ようやく不満なく乗れるやっと普通のクルマくらいの乗り心地になったなと言った印象を持ちました。

ケース2:オデッセイ ハイブリッド車の乗り心地

一方、されたオデッセイ ハイブリッド(Odyssey Hybrid)の乗り心地は、足回りの固いスポーティーな乗り心地のガソリン車とは全く異なる乗り心地でした。オデッセイ ハイブリッド(Odyssey Hybrid)の乗り心地は、固すぎず柔らかすぎずのちょうど良い感じ。

ホンダ オデッセイ

ガソリン車には無いしなやかな乗り心地になっていて、運転していてとっても快適。初めてこのハイブリッド車に乗った時、「これってあの乗り心地が悪いと言われていたあのオデッセイ!?」と思っちゃうくらい良かったです。実はこのしなやかになったオデッセイ ハイブリッド(Odyssey Hybrid)の乗り心地に、配車後初めて試乗をしたディーラーさんも驚いたくらいの違い・・・。ガソリン車もサスペンションを改良したために舗装された路面が荒れていない道路を運転した時でも”しなやかさ”が異なるので違いは分かるのですが、特に違うと思ったのは、大きな段差を乗り越えた時。正直に言いますと、オデッセイ ハイブリッド(Odyssey Hybrid)でも大きな段差を乗り越えるとそれなりの衝撃や突き上げ感はあります。これは仕方ないですよね。レクサスや高級車のメルセデスベンツでも大きな段差を乗り越える際は、多少なりとも衝撃はかんじるのですから・・・。しかし、この突き上げ感がガソリン車と全く異なります。

ホンダ オデッセイ

オデッセイのガソリン車でマンホールなど大きな段差を乗り越えると“ガツン”と言った大きな尖がった衝撃とともに、クルマの後方がバタつきます。今回、ガソリン車とほぼ同じ試乗コースを運転させて貰ったのですが、同じ大き目の段差を乗り越えた時の突き上げ感が異なり、ハイブリッド車ではダンパーがしっかりと衝撃を吸収しているためか、突き上げ感の衝撃は小さめ。

ホンダ オデッセイ

また、突き上げ感自体もガソリン車と異なり尖がったイヤな衝撃が無くなりしっかりとタイヤとダンパーが衝撃を吸収しているのが分かる角の取れたマイルドな感じになっており、不快感が激減。しっかりと衝撃を吸収しているなとわかる乗り心地は大満足でした。

オデッセイハイブリッド 2列目・3列目の乗り心地はどう?

また、2列目・3列目シートの乗り心地も格段によくなっていました。

ホンダ オデッセイ

ダブルウィッシュボーン式のサスペンションを装備した競合車・ライバル車のトヨタのアルファードやヴェルファイアと比べると、オデッセイハイブリッドの方がバタつき感も感じます。しかし、オデッセイ ハイブリッド(Odyssey Hybrid)は、ガソリン車と比べると圧倒的に良くなっている感動の方が大きくて、特に不満を感じませんでした。

ホンダ オデッセイ

オデッセイ ハイブリッド(Odyssey Hybrid)は、ガソリン車と比べるとしなやかな乗り心地になっていてとても快適でした。試乗をする前はオデッセイ ハイブリッド(Odyssey Hybrid)もガソリン車と同様に固めのスポーティーな乗り心地なのかなと思っていたのですが、良い意味で期待を裏切られました。

ガソリン車のアブソルートに比べると、スポーティーさは無くなったような感じはしましたが、小さな子供も乗るファミリーカーとしては2列目・3列目シートに座る人でも快適に過ごせるクルマになったのかなと思いました。オデッセイ(Odyssey)はハイブリッド車とガソリン車の乗り心地が全く異なります。

もしどちらのクルマを購入しようか悩んでいる方は、しっかりと両方のモデルを試乗して、乗り心地の違いを確かめた方が良いと思いますよ。乗り心地だけではなく静寂性も考慮すると、ガソリン車よりもハイブリッド車の方がファミリーカー向きなのかもしれませんね。

画像 試乗 画像 試乗レビュー速報