乗り心地&静寂性で気になった事とは!?パッソの試乗レビュー

パッソ(PASSO)がフルモデルチェンジをして、3代目となりましたね。パッソ(PASSO)はキュートなデザインをした標準モデルだけでは無く、新モデルとして内装・外装の質感にこだわったモーダ(MODA)を発売。見た目の雰囲気が先代モデルと比べて大幅に良くなりました。また、私も先日パッソを試乗してきたのですが、先代モデルと比べて乗り心地や静寂性もだいぶ違いがある印象を持ちました。実際にパッソを試乗して、乗り心地や静寂性はどうっだのか?また、私が乗り心地や静寂性で気になった事とは?パッソ(PASSO)を試乗した時の感想を包み隠さず紹介したいと思います。

2016/8/1

Chapter
パッソの試乗インプレ1:乗り心地について
平坦な道を運転しても足回りの硬さを感じる乗り心地
パッソの試乗インプレ2:静寂性
ロードノイズは思ったよりも大きくない!?
トヨタ パッソ 2016

パッソの試乗インプレ1:乗り心地について

今回の試乗で私が運転をさせて貰ったのは、上級モデル”モーダ(MODA)”の最上級グレードの”Gパッケージ”。

トヨタ パッソ 2016

パッソ モーダ(PASSO MODA)は女性に好まれるコンパクトカー。また、このGパッケージに搭載されているタイヤは、14インチタイヤ。そのためこのクルマの乗り心地は、トヨタのクルマらしい少しフワフワとした柔らかめの乗り心地になっていると思っていました。

トヨタ パッソ 2016

パッソ(PASSO)を試乗してみると、予想とは全く違うトヨタらしからぬ乗り心地。柔らかいどころかむしろ硬め。試乗をしながら、後部座席に座っていた妻と「トヨタのクルマっぽくない乗り心地だよね~」と、話すくらい意外な乗り心地でした。ただ、よくよく考えてみればパッソ(PASSO)がトヨタっぽい柔らかめの乗り心地になる事はないんですよね。パッソ(PASSO)の開発・設計はトヨタではなく、子会社となったダイハツでデザインされ、OEM車としてトヨタに提供されたクルマです。この事がこのクルマの乗り心地にも影響をしているのかな!?と、試乗をしていて思いました。

平坦な道を運転しても足回りの硬さを感じる乗り心地

パッソ(PASSO)は、このように予想以上に硬めの乗り心地になっています。比較的硬めの乗り心地が好みの私が運転しても「ちょっと硬いな~。サスペンションはちゃんと働いている!?」っと思うくらい・・・。正直乗り心地が良いとは思えませんでした。この乗り心地の硬さのためか、パッソ(PASSO)で舗装された平坦なアスファルト道路を運転していても乗り心地はイマイチ・・・。

トヨタ パッソ 2016

他のトヨタ車では全く感じなかった路面のザラザラとした感じが常に伝わってくるのが、運転中とても気になりました。また、私が試乗をさせてもらった東京のお台場にあるメガウェブでは、ヨーロッパの路面を意識したような石畳のコースが用意されています。このコースをパッソで乗り越えると、サスペンション&ダンパーが下からの突き上げを吸収してくれる感じがまったく無く、運転席に座っていてもガツガツ・ゴツゴツと尖がった衝撃を受けました。

また、デコボコとした石畳の道を乗り越えている最中は、パッソの前輪も後輪もバッタバタ。おそらく外から見たらクルマが上下に大きく揺れていた事でしょう。私は何回も東京のお台場にあるメガウェブのコースを試乗させて貰っているのですが、この石畳のコースはだいたいどのクルマで運転してもタイヤのバタつきを感じます。

しかし、今回私が試乗をしたパッソ(PASSO)は今まで乗ったクルマの中でも特にバタつきが大きく、乗り心地は悪かったです。

トヨタ パッソ 2016

特に柔らかめの乗り心地が好みの私の妻は「この乗り心地はちょっとな~」と、若干不満げでした・・・。パッソ(PASSO)を路上で試乗をした私の友人は、マンホールを乗り越えた時の衝撃が大きくてビックリした!と、言っていました。私はパッソを短時間しか試乗をする事ができなかったのですが、乗り心地・足回りが少々硬すぎて良いとは思いませんでした。

もしこれからこのクルマを試乗する方は、この乗り心地もしっかりと確認してみてくださいね。

パッソの試乗インプレ2:静寂性

また、乗り心地と同様にパッソ(PASSO)の静寂性もイマイチ。私がこの車を試乗をしていて特に気になったのは、エンジン音。トヨタのパッソ(PASSO)の加速力は特に不満は無かったのですが、アクセルを踏み込むたびに軽自動車のような軽い”ブウォォォ~~ン”と言うエンジン音が耳元で聞こえてきます。

トヨタ パッソ 2016

パッソ(PASSO)はガソリン車なので、エンジン音が聞こえるのは仕方が無い事ですが、このエンジン音も予想していた以上の大きさ。また、今回私は窓を全部閉め切って運転をしていたのですが、「これってしっかりと騒音対策をされているの?」と感じるくらいトヨタのパッソ(PASSO)の大きなエンジン音が車内に侵入してきます。

このクルマはアクセルを踏み込んで加速している最中のエンジン音が特に大きいのですが、この時に運転席と後部座席で会話するのはちょっと大変・・・。そのくらいエンジン音が大きく気になりました。

おそらくこのクルマを購入して運転し続けるとこのエンジン音の大きさにも慣れると思いますが、今回初めてこのクルマを試乗した際は騒音の大きさに少しガッカリとしました。

ロードノイズは思ったよりも大きくない!?

このようにエンジン音の大きさが気になったパッソ(PASSO)ですが、クルマの下から浸入してくる騒音ロードノイズに関しては、それ程気になりませんでした。

トヨタ パッソ 2016

トヨタの新型パッソ(PASSO)は乗り心地が硬めなので、耳をロードノイズに
集中するとザラザラした感じの騒音がクルマの下から聞こえてきます。

しかし、今回私が試乗したこのクルマではエンジン音の方が大きいので、
ロードノイズが良くも悪くもかき消されているように感じました。

何はともあれロードノイズがあまり気にならないのは、個人的には良かったです。

トヨタ パッソ 2016

パッソを初めて試乗をしたのですが、乗り心地・静寂性ともに私の期待値を下回っているように感じました。

特に気になったのは乗り心地の硬さ。このパッソ(PASSO)を運転するのは女性が多い事を考えると、もう少し柔らかい乗り心地でも良かったのかなと思いました。また、個人的にはエンジン音ももう少し小さいほうが快適に運転できるのかなと思いました。パッソ(PASSO)は新モデルとしてモーダ(MODA)を追加して見た目や機能は良くなっただけに、この乗り心地などは少し残念でした。

ただ、この乗り心地や静寂性の感じ方は個人差があります。もしパッソ(PASSO)が気になるのなら、乗り心地や静寂性をご自分で是非とも確認をしてみてくださいね。新型パッソの加速力はそれ程悪いと思わなかったのですが、ハンドルの握り心地・操舵感も若干気になりました。

画像 試乗レビュー速報