居住性はイマイチ!?オーリス ハイブリッド後部座席の2つの不満

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

ヨーロッパで人気の5ドアハッチバックのトヨタのオーリス(Auris)からモデルとしてハイブリッド車が発売されましたね。日本でハイブリッド車と言えば同じトヨタから発売されているプリウスやコンパクトカーのアクア(Aqua)が人気ですよね。ただ、されたオーリス ハイブリッド(Auris Hybrid)はこれらのクルマと全く異なる乗り心地。足回りが引き締まっていてまさにスポーツハッチバックと言った感じの乗り味で、試乗をしていてとても楽しかったです。ただ、このオーリス ハイブリッド(Auris HV)を試乗をしていて少し気になったのは、後部座席の快適性や居住性。後部座席は狭く居心地はあまり良くないように感じました。オーリス ハイブリッド(Auris HV)の後部座席について徹底的にレビューしてみたいと思います。また、試乗をして私が気になった2つ欠点・不満についても紹介いたします。

2016/8/1

オーリス ハイブリッドは狭くて窮屈!?

また、オーリス ハイブリッド(Auris Hybrid)の後部座席の不満・欠点の一つが狭さ。実際にこのクルマの後部座席に座って見ると分かると思うのですが、思った以上に狭いです。ただ、今回私が試乗をさせて貰ったオーリスHVの足元空間はそれ程狭くありません。


フロントシートを中間位置くらいにセットすれば、足は組めないものの窮屈さを感じない程度の広さはありました。また、フロントシートの下につま先を入れれば、多少足を伸ばしてゆったりと座れるのは好印象でした。このオーリス ハイブリッドの足元空間は十分に満足できるレベルになっていたのですが、試乗をしてみて気になったのは頭上空間。

私の身長は175cmあるのですが、背筋をピーーンっと伸ばして後部座席に座ると天井ギリギリ。私の頭と天井に手の平を入れるスペースすらありませんでした。私も実際に試乗して狭いと感じたプリウスの頭上空間と比較すると、ほんの僅か新型オーリスの広いように感じましたがほぼ変わらないように感じました。

また頭上空間(ヘッドクリアランス)はほぼ同じでしたが、オーリス ハイブリッドの方が横幅が無い分、圧迫感・窮屈感を感じました。


オーリスHVの頭上空間が狭いのはデザインが原因!?

このハイブリッド車の頭上空間が狭いと感じた原因の一つは、このクルマのデザインにあるように感じました。今回私が写真を撮らせてもらったオーリス ハイブリッドの後部座席の背もたれ付近の天井なのですが、このように一段低くなっています。

このように見ると、ルーフが低くなっているのが一目瞭然ですよね。このルーフのデザインの影響もあり、オーリス ハイブリッド(Auris HV)の後部座席の頭上空間は狭くなっているのかなと思いました。このクルマを試乗する前、頭上空間(ヘッドクリアランス)はもう少し広いと思っていたので、後部座席に座ってみた時に感じたこの窮屈感は少々残念でした。個人的には3cmほど天井が高かったら、後部座席の居住性・快適性が格段に良くなったのかなと試乗をして感じました。ちなみに、今回私が写真を撮らせて貰ったのはメーカーオプションのサンルーフ(パノラマルーフ)を装備していました。


このサンルーフはかなり大きいため、家の近所のトヨペットさんで試乗をさせて貰った通常ルーフのモデルよりも開放感があるように感じました。もしオーリス ハイブリッドの後部座席の居住性に満足できなかったらこのサンルーフ(パノラマルーフ)を装備するのも良い方法なのかなと思いました。室内の換気や空気の入れ替えにも良いですしね^^このクルマのの後部座席は圧迫感がある分、メーカーオプションのサンルーフ(パノラマルーフ)は余計に魅力的に感じました。

オーリス ハイブリッド(Auris HV)の後部座席はこのようになっており、居住性も快適性もイマイチ・・・。特に頭上空間の少なさは気になりました。また、リクライニング機能が装備されていないのも残念でなりませんでした。オーリス ハイブリッド(Auris HV)の居住性や機能性は、競合車・ライバル車よりも劣るように感じました。もしこれからこのクルマを試乗される方は、購入後後悔しないように後部座席の居心地の良さや機能面もしっかりと確認してみてくださいね。