アコードハイブリッド試乗の感想。乗り心地はホンダっぽくない!?

ホンダ アコードハイブリッド 2016

2013年に発売され、2016年5月にマイナーチェンジされたホンダ 2代目アコードハイブリッド(CR7型)。アコードハイブリッドは8代目アコードが9代目に変わる際に、ハイブリッド仕様だけになったアコードに与えられた名称です。そのため、アコードとして見れば9代目ですが、アコードハイブリッドとしてみると2代目にあたります。

今回2代目アコードハイブリッドに試乗ができると聞いたので、早速試乗に行ってきました。実際に試乗をして見ると、乗り心地や静寂性の良さにビックリ・・・。まさにプレミアムセダンという感じの乗り心地でした。また、乗り心地以外にも気になる部分や欠点はなかったか?実際にこのモデルを試乗した感想を紹介したいと思います。

2017/12/12

Chapter
ホンダ 2代目アコードハイブリッド(HV)の試乗の感想 乗り心地はどんな感じ?
ホンダ 2代目アコードハイブリッドの乗り心地の良かったところは?
ホンダ 2代目アコードハイブリッドは線路を横断する時に、若干の突き上げ感が…
ホンダ 2代目アコードハイブリッドの乗り心地の良さを支えているのはタイヤ!?
ホンダ 2代目アコードハイブリッドの乗り心地の欠点は?
ホンダ 2代目アコードハイブリッドの売れ行きは?
ホンダ 2代目アコードハイブリッドの中古価格は?
海外で大評判の10代目アコード、果たして日本では?
【新型ホンダ アコード徹底解説】開発責任者宮原氏と対談…

ホンダ 2代目アコードハイブリッド(HV)の試乗の感想 乗り心地はどんな感じ?

私が試乗をさせてもらったモデルは、2016年5月にマイナーチェンジされたホンダ 2代目アコードハイブリッド(9代目アコード)の最上位モデルEXグレードです。

18インチタイヤを装備した上位モデルのEXグレードを20分~25分程度試乗さてもらったのですが、乗り心地は若干硬め。ただホンダのクルマにしては、思ったよりも柔らかめな印象が・・・。若干足回りは引き締まった感じはあるものの、ガチガチに固めた感じは全くなく、予想していた以上にしなやかな乗り心地の印象をもちました。

今回の2代目アコードハイブリッド(Accord HV)でスポーツモード(SPORT MODE)が搭載されました。このスイッチをONにするとキビキビとしたスポーティーな走りを楽しむことも可能で、アクセルを踏み込むと気持ち良く加速していきます。

このクルマはスポーティーな走りを楽しむこともできますが、プレミアムセダン車らしく優雅な乗り心地を楽しみたい方にはピッタリのクルマなのかなと思いました。

また、適度に足回りが引き締まっていて、シートの作りもしっかりとしているので、長時間運転しても疲れにくいだろうという印象をもちました。

ホンダ 2代目アコードハイブリッドの乗り心地の良かったところは?

2013年発売から初めてのビックマイナーチェンジをした2代目アコードハイブリッドを試乗して、良いと思ったのは凹凸を感じないフラットな乗り心地です。

試乗では綺麗に舗装されたアスファルト道路を運転することが多かったのですが、路面の凹凸やザラザラを感じることなく路面を舐めるようにスムーズに進んでいく感じが、とても快適でした。

また、2代目アコードハイブリッドには遮音機能付きのガラスも装備されており、この静寂性と乗り心地の良さは、まさにプレミアムセダンといった感じになっていて大満足でした。

<次のページに続く>
次ページ
ホンダ 2代目アコードハイブリッドは線路を横断する時に、若干の突き上げ感が…