オーリス ハイブリッドの内装画像レビュー。白いインテリアの印象は?

オーリス ハイブリッド(Auris HV)の基本的な外装・エクステリアのデザインは、今まで発売されていたガソリン車やターボエンジンを搭載したモデルとほぼ一緒。しかし、このモデルの内装・インテリアは専用のデザインになっておりガソリン車などとまったく異なる雰囲気に・・・。先日、このクルマを試乗した際にオーリス ハイブリッド(Auris HV)の内装・インテリアの様子を写真・画像に収めてきたので、紹介したいと思います。

2016/8/2

Chapter
オーリス ハイブリッド内装レビュー1:インパネ編
注目の装備1:センターコンソール
オーリス ハイブリッド内装レビュー2:メーター編
オーリス ハイブリッド内装レビュー2:シート編
オーリスHVの座り心地も注目ポイント
トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

オーリス ハイブリッド内装レビュー1:インパネ編

オーリス ハイブリッド(Auris Hybrid)の最上級モデル“Gパッケージ”のインパネは、このようなデザイン。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

ホワイトが基調になっていて、オシャレなスタイリッシュな雰囲気になっていますよね。ちなみに、こちらはマイナーチェンジをする前に撮影をしたオーリスのダウンサイジングターボを搭載したモデル120Tのインパネの様子。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

オーリス ハイブリッド(Auris Hybrid)と異なり、木目調のパネルを採用。この2台のモデルでは雰囲気が全く異なりますよね。インパネに木目調パネルを採用しているダウンサイジングターボを搭載したモデルの内装もオシャレで良いと思ったのですが、ハイブリッド車の方が若々しい感じ・・・。この質感の高いホワイトの合成皮革のパネルは好印象でした。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016
トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

また、エンジンを立ち上げるとエアコンのコントローラーやスイッチ類はブルーカラーに点灯。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016
トヨタ オーリス ハイブリッド 2016
トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

オーリス ハイブリッド(Auris HV)の雰囲気にマッチしていて良いですよね。この青くスイッチやエアコンのコントローラーが点灯する感じもオシャレで良いなと思いました。

注目の装備1:センターコンソール

また、オーリス ハイブリッド(Auris Hybrid)のセンターコンソールは、このような感じ。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

ブラックカラーになっていて引き締まったデザインに。個人的にはシフトレバーパネルは高級感のあるピアノブラックでも良いのかなと思ったのですが・・・。ただ、ホワイトの大き目のステッチも入っていて、十分に高い質感になっていました。

また、このオーリス ハイブリッド(Auris HV)のセンターコンソールで注目なのは、シフトレバーのデザイン。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

オーリス ハイブリッド(Auris HV)はプリウスなど他のハイブリッド車と同様の手首のスナップだけで操作できる電子式のシフトレバーを採用。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

また、シフトレバーの手前には、エコモードやパワーモード、そして、EV走行モードなどドライビングモードスイッチを設置。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

初めてこの電子式のシフトレバーを見た時、運転席からちょっと遠いのかなと思ったのですが、実際に運転席に座って左手を伸ばしてみるとちょうど良い感じ。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

アームレストに手を置いたままシフトレバー操作ができなかったのは少々残念ですが、思ったよりも操舵性は悪くないように感じました。また、ドライブモードスイッチが運転席に近い位置に設置されているのも個人的には好印象でした。

ちなみに、こちらはダウンサイジングターボを搭載したモデルオーリス(Auris)の120Tのセンターコンソールのデザイン。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016
トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

この120Tのセンターコンソールと比べると、シフトレバーのデザインが小さくなったためにスッキリとしたデザインになりましたが、このシンプルさが良いのかなと思いました。

オーリス ハイブリッド内装レビュー2:メーター編

また、今回のマイナーチェンジで新しく追加されたオーリス ハイブリッドのメーターは、このようなデザインになっています。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016
トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

ちなみに、こちらはオーリス(Auris)の120Tのメーター。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016
トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

左右に楕円形をした筒を採用したメーターを装備し、そして、真ん中にマルチインフォメーションディスプレイを装備してるのは共通。

ただ、ハイブリッド車とガソリン車ではメーターに表示される項目は異なりました。多少デザインが異なりますが、ハイブリッド車・ガソリン車ともにメーターの右側はスピードメーターを搭載。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

そして、120Tでは左側のメーターにタコメーターが装備されているのに対し、オーリス ハイブリッドでは、現在の出力や回生状況を表示してくれるハイブリッドシステムインジケーターを装備。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

また、メーターの中央に装備されているマルチインフォメーションディスプレイの表示項目も異なりました。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

スピードメーター自体のデザインも異なりますし、メーターのデザインはオーリス ハイブリッド(Auris HV)の注目ポイントの一つなのかなと思いました。また、オーリス ハイブリッドのメーターは、120Tのものよりも見やすくなっているのも好印象でした。

オーリス ハイブリッド内装レビュー2:シート編

オーリス ハイブリッドのシートも専用デザインが採用されていました。こちらが新しく追加されたフロントシート。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

そして、こちらが後部座席。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

オーリス ハイブリッド(Auris Hybrid)はホワイト調のシートを採用。インパネのカラーともマッチしていてとてもオシャレですよね。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

シート中央部などのホワイト部分には本革が採用されており、見た目の高級感も十分。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

また、サイドサポートの内側のブラックの部分は肌触りが良いウルトラスエードを採用。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

ホワイトカラーなので汚れには弱そうなのが少し欠点ですが、この高級感のあるシートデザインは、好印象でした。

オーリスHVの座り心地も注目ポイント

オーリス ハイブリッド(Auris HV)はハイブリッド車らしからぬスポーティな座り心地。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

座って見ると分かるのですが、このハイブリッド車も他のグレードと同様に着座位置が低く、運転席に乗り込んでみると深く沈み込む感じ・・・。また、シート自体もクッション性がしっかりとした引き締まった感じ。サイドサポートも大きめに設計されていて、かなりスポーティーなシートになっているように感じられました。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

プリウスやアクアと異なるスポーティーな乗り心地のハイブリッド車に乗りたいなら、このオーリスはピッタリのクルマなのかなと思いました。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

オーリス ハイブリッド(Auris HV)の内装・インテリアは、このようなデザインになていました。ハイブリッド車のホワイトカラーをした内装・インテリアはヨーロッパ車のようなスタイリッシュさとスポーティーさを兼ね備えたとても良いデザインになっているなと思いました。

個人的にはこのスタイリッシュなホワイトの内装・インテリアを気に入ってこのクルマを購入する人も多いのかなと思いました。

画像 試乗レビュー速報