プリウスとどっちが広い?オーリスの荷室寸法・サイズを紹介

オーリス ハイブリッド(Auris HV)の特徴の一つがプリウス(Prius)では味わえないスポーティーな乗り心地ですが、個人的に良いと思ったのは荷室・ラゲッジスペースの広さ。ハッチバックらしい背の高さを活かしたオーリス ハイブリッドの荷室・ラゲッジルームの収納力・広さはこのクルマの魅力の一つなのかなと思いました。オーリスの荷室寸法と容量が気になったので、試乗をした際にディーラーさんに教えてもらいました。

2016/8/1

Chapter
オーリスの荷室寸法はどのくらい?
後部座席を格納した時のオーリスの荷室サイズは?
プリウスとオーリス 荷室はどっちが広い?
荷室寸法が異なるのは後部座席を格納した時
トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

オーリスの荷室寸法はどのくらい?

オーリス(Auris)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

高さ・奥行き・横幅ともに十分な広さですよね。さすがヨーロッパで人気のCセグメントハッチバックと言った感じです。このように後部座席を使用した状態でのラゲッジ・荷室寸法は、このようになっていました。

■オーリスの荷室寸法(後部座席使用時)
グレード:ハイブリッド Gパッケージ
荷室長:  860㎜
荷室幅:1,350㎜
荷室高:  715㎜
(アジャスタブルデッキボードを上段に設定時)
荷室高:  824㎜
(アジャスタブルデッキボードを下段に設定時)

個人的にこのオーリスの荷室・ラゲッジスペースを見て良いと思ったのは、奥行き(荷室長)の広さ。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

ディーラーさんの話によると、このクルマの荷室・トランクは1週間程度の海外旅行にピッタリなMクラスのスーツケースがちょうどスッポリと収まる収納力を備えているそうです。

一目見て広いと感じるこの新型オーリス(Auris)の荷室・ラゲッジスペースはかなり魅力的に思えました。

また、上下2段に調節できるアジャスタブルデッキボードを上段にセットすれば、深さ10cm程度の床下収納を作る事も可能です。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

サイズだけでは無くこの使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースは、このオーリス(Auris)の魅力の一つなのかなと思いました。

後部座席を格納した時のオーリスの荷室サイズは?

また、オーリス(Auris)は後部座席を格納してこのように広い荷室・ラゲッジスペースを作り出すことも可能です。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

大き目の家具や家電を買った時やキャンプやバーベキューに行くときなど積む荷物が多くなる時には助かりそうですよね。このように後部座席を格納した時のオーリス(Auris)の荷室・ラゲッジスペースの寸法は、このようになっていました。

■オーリスの荷室寸法(後部座席使用時)
グレード:ハイブリッド Gパッケージ
荷室長:1,395㎜
荷室幅:1,350㎜
荷室高:  715㎜
(アジャスタブルデッキボードを上段に設定時)
荷室高:  824㎜
(アジャスタブルデッキボードを下段に設定時)

ココでやはり注目なのは荷室長の数値。後部座席を使用時の荷室長は860mmだったので、約535mmも広くなった事に・・・。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

横幅の広さも十分なので、標準装備されているトノカバーを外せば身長175cmある私が横になっても十分な広さ。若干窮屈さを感じるものの車中泊も可能な広さになっているなと感じました。

プリウスとオーリス 荷室はどっちが広い?

また、オーリス ハイブリッドの競合車の一つでもあるプリウスとどちらが荷室・ラゲッジスペースが広いのか気になったので、比較してみました。プリウス(Prius)の荷室・ラゲッジスペースの様子。

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016
トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

そしてこのクルマの荷室寸法・サイズは、このようになっていました。


■プリウス 後部座席使用時の荷室サイズ
荷室長:  860㎜
荷室高:  720㎜
荷室幅:1,400㎜

見た感じではプリウスよりもオーリス(Auris)の方が荷室・ラゲッジスペースが大きく感じられたですが、実際にサイズ・寸法を比較してみると、ほぼ同じなんですね。奥行きは同じくらいかなと思っていたのですが、荷室・ラゲッジの高さはオーリスの方が広いと思っていたので、これにはちょっとビックリしました。

荷室寸法が異なるのは後部座席を格納した時

また、今回新発売された新型オーリス(Auris)と新型プリウスの荷室・
ラゲッジスペースの大きな違いは、後部座席を格納した時。

新型プリウス(Prius)の後部座席を格納した時の荷室・ラゲッジスペースは、
次のようになっていました。


■プリウス 後部座席格納時の荷室サイズ
奥行き:1,840㎜
荷室高:   720㎜
荷室幅:1,400㎜

オーリス ハイブリッドの後部座席を格納した時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きが1,395mmなので、新型プリウスの方が約450mmほど奥行きが広い事に・・・。これほど差があるとは、少し驚きですよね。

トヨタの世界戦略車として発売されているオーリス(Auris)のラゲッジ・荷室寸法は、このようになっていました。また、このクルマの競合車の一つでもあるプリウス(Prius)の荷室と比べると、サイズ・広さにこのような差がありました。

ただ、広さやサイズはプリウスに劣るオーリスの荷室・ラゲッジスペースでしたが、使い勝手に関しては新型オーリス(Auris)の方が上。左右の壁に装備されているコンビニフックや小型ポケットなど荷室・ラゲッジの使い勝手は新型オーリス ハイブリッドの方が良いように感じました。

このように見ると、小型ポケットや大き目のコンビニフックなど装備されているオーリスの荷室・ラゲッジの使い勝手は、やっぱり良さそうですよね^^

先日、オーリス(Auris )の荷室・ラゲッジスペースを久しぶりに見て、改めて使い勝手はとても良いと思いました。

一方、プリウスの荷室の使い勝手はあまり良くない印象が・・・。もしこれからオーリスの荷室・ラゲッジスペースを確認する際は、広さだけでは無く使い勝手などもしっかりと確認してみてくださいね^^

 

 

画像 試乗レビュー速報