居住性はイマイチ!?オーリス ハイブリッド後部座席の2つの不満

トヨタ オーリス ハイブリッド 2016

ヨーロッパで人気の5ドアハッチバックのトヨタのオーリス(Auris)からモデルとしてハイブリッド車が発売されましたね。日本でハイブリッド車と言えば同じトヨタから発売されているプリウスやコンパクトカーのアクア(Aqua)が人気ですよね。ただ、されたオーリス ハイブリッド(Auris Hybrid)はこれらのクルマと全く異なる乗り心地。足回りが引き締まっていてまさにスポーツハッチバックと言った感じの乗り味で、試乗をしていてとても楽しかったです。ただ、このオーリス ハイブリッド(Auris HV)を試乗をしていて少し気になったのは、後部座席の快適性や居住性。後部座席は狭く居心地はあまり良くないように感じました。オーリス ハイブリッド(Auris HV)の後部座席について徹底的にレビューしてみたいと思います。また、試乗をして私が気になった2つ欠点・不満についても紹介いたします。

2016/8/1

Chapter
オーリスHVの後部座席の欠点・不満1:機能性
機能面の欠点1:オーリスHVの後部座席アームレストの高さ
機能面の欠点2:オーリスHVのリクライニング機能
オーリスHVの後部座席の欠点・不満2:居住性
オーリス ハイブリッドは狭くて窮屈!?
オーリスHVの頭上空間が狭いのはデザインが原因!?

オーリスHVの後部座席の欠点・不満1:機能性

オーリス ハイブリッド(Auris Hybrid)の後部座席は、このようなデザインになっています。

フロントシートと同様にホワイト×ブラックのカラーになっており、スタイリッシュなデザインを採用。また、シートには本革が採用されており高級感も十分。

このように見た目の上質感で座り心地も良いオーリス ハイブリッドの後部座席のシートですが、個人的に気になったのは機能面ではプリウスなど他のクルマよりも若干劣る事。そんなオーリスの機能面での欠点・不満を紹介します。

機能面の欠点1:オーリスHVの後部座席アームレストの高さ

後部座席の中央には、このようにドリンクホルダー付きのアームレストが装備されています。

このようにカップのドリンクも置けるドリンクホルダー付きのアームレストがこのオーリス ハイブリッド(Auris HV)に装備されているのは嬉しいのですが、個人的に気になったのは高さ。このように横から見ると分かると思うのですが、アームレストとして使うには高さが若干低め・・・。

また、個人的にあまり好きではないのですが、アームレストが垂直ではなく、若干手前下がり・・・。そのためドリンクを置いたときの安定感もあまり良くないような気がしました。

ちなみに、プリウスの後部座席のアームレストは、このようなデザインになっていました。

プリウス(Prius)の後部座席アームレストは、オーリス ハイブリッド(Auris Hybrid)に比べて位置が若干高め。また、オーリス ハイブリッド(Auris Hybrid)のようにアームレストがヘナ~~っとしておらず、ほぼ垂直をキープ。


腕を置いたときの感触や使い勝手は新型オーリス ハイブリッドよりもプリウス(Prius)の方が圧倒的に良いと思いました。この使う人の事をしっかりと考えたプリウスと比べると、このハイブリッド車のアームレストは少し残念に感じてしまいました。

<次のページに続く>
次ページ
機能面の欠点2:オーリスHVのリクライニング機能