Sグレードとの違い。アクア特別仕様車の3つのメリットとは?

トヨタの人気ハイブリッド車アクア(Aqua)からSグレードをベースにした特別仕様車”スタイルブラック。先日、このアクア(AQUA)の特別仕様車を見ることが出来たのですが、その名前の通り内装・インテリアはブラックが基調になっており、オシャレなデザインに…。Sグレードとは異なる大人っぽいシック&スタイリッシュな特別仕様の内装・インテリアが好印象でした。アクアの特別仕様車には、ベースとなっているSグレードには無いメリットが多々あります。そんなアクアの特別仕様車とベースモデル”Sグレード”の違い、また、この特別仕様車にしかないメリットや良いところを紹介したいと思います。

2017/12/17

Chapter
アクア特別仕様車のメリット1:外装・内装の質感
アクア特別仕様車の外装の特徴・変更点
アクア 特別仕様車の内装の特徴・変更点
アクア特別仕様車のメリット2:機能・装備の充実
トヨタ セーフティセンスCも標準装備
アクア特別仕様車のメリット3:お買い得感
トヨタ アクア 2016

アクア特別仕様車のメリット1:外装・内装の質感

アクアの特別仕様車の”スタイルブラック(Style Black)”のメリット・特徴の一つが、内装・外装の質感。ベースとなっているSグレードよりもデザイン性が格段に良くなっているように感じました。

トヨタ アクア 2016

この特別仕様車”スタイル ブラック”とSグレードを比較すると、内装・外装のデザインに次のような違いがありました。

アクア特別仕様車の外装の特徴・変更点

アクアの特別仕様車の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

トヨタ アクア 2016

この特別仕様車”スタイルブラック(Style Black)”の外装・エクステリアの特徴の一つが、メッキ調のガーニッシュ。アクアの特別仕様車では、このようにドアハンドルとバックドアガーニッシュにメッキ調のデザインを採用。

■ドアハンドル

トヨタ アクア 2016

■バックドアガーニッシュ


トヨタ アクア 2016

メッキ調のパーツを装備していると高級感があって、良いですよね。実際にこの特別仕様車をサイドやリヤから見ると、このような感じ。


トヨタ アクア 2016
トヨタ アクア 2016

こちらはSUVスタイルのアクア(Aqua)のXアーバン(X-Urban)なのですが、外装・エクステリアの高級感・上質感が全く異なります。

トヨタ アクア 2016

特別仕様車はメッキ調のドアハンドルやバックドアガーニッシュがキラリと輝き大人っぽい高級感のあるデザインになっているように感じました。この高級感がアップしたアクアの特別仕様車の外装・エクステリアは、とても良いように感じました。


アクア 特別仕様車の内装の特徴・変更点

また、エクステリア以上に特徴的なのが、アクアの特別仕様車の内装・インテリア。この特別仕様車”スタイル ブラック(STYLE BLACK)”の内装・インテリアは、このようなデザインの内装を採用。

トヨタ アクア 2016

プラスチック感のある安っぽいSグレードの内装・インテリアとの違いは一目瞭然。インパネやドア内側部分にピアノブラック調のパネルを採用し、高級感のあるオシャレなデザインになっていました。

トヨタ アクア 2016

また、アクアの特別仕様車のシートも専用デザイン。Sグレードと同様に全面ファブリック素材でしたが、曲線的なオシャレな模様が浮かび上がるオシャレなデザインは、好印象でした。

トヨタ アクア 2016
トヨタ アクア 2016

このSグレードとは全く異なるオシャレなデザインになったアクアの特別仕様車スタイル ブラックの内装・外装は、このクルマのメリットの一つだなと思いました。

アクア特別仕様車のメリット2:機能・装備の充実

また、アクアの特別仕様車の”スタイル ブラック”のメリットの一つが、機能・装備の充実度。この特別仕様車”スタイル ブラック(Style Black)”では、Sグレードではメーカーオプション設定だったスマートエントリーパッケージが標準装備。そのためアクアの特別仕様車の特別仕様車には、このようにワンプッシュでエンジンが始動するエンジンスターターが標準装備。

トヨタ アクア 2016

Sグレードはカギを差し込んで回すタイプのエンジンスターターが標準装備と言うことを考えると、大進歩ですよね。以前アクア(Aqua)のSグレードのカギを差し込むタイプのエンジンスターターを見た時は少し古臭さを感じたので、この特別仕様車”スタイルブラック”にエンジンスターターが標準装備されたのは、大満足でした。また、アクアの特別仕様車はリモコン型のキーになり、ドアの施錠・開錠もスイッチ一つで操作できることに…。Sグレードではメーカーオプション設定だったスマートエントリーパッケージが標準装備になったのは、このクルマの魅力・メリットの一つだと思いました。


トヨタ セーフティセンスCも標準装備

また、アクアの特別仕様車の特徴の一つが、トヨタの安全装備システム”トヨタセーフティセンスC”が標準装備された事。

トヨタ アクア 2016

このトヨタセーフティセンスCとは、自動ブレーキを含む次のような安全装備システムがパッケージ化されたもの。

・プリクラッシュセーフティシステム
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム

また、トヨタセーフティセンスCのパッケージ以外ですが、アクアの特別仕様車では、先行車発進機能も標準装備されています。最近トレンドの安全装備システムが標準装備になったのは、嬉しいですよね。しかも、今回新発売されたアクアの特別仕様車に搭載されている自動ブレーキは、時速約10km/h~80㎞/hまで対応。アクアの競合車でもあるホンダのハイブリッドカーフィット3に装備されている安全装備システム”あんしんパッケージ”よりも対応速度は広くなっていました。安全装備システム”トヨタセーフティセンスC”は装備されていて困る機能ではないですし、標準装備されて大満足。このように快適に運転できるように手助けしてくれる機能やイザと言う時に役立つ機能が標準装備されたのは、このクルマのメリットの一つだと思いました。

アクア特別仕様車のメリット3:お買い得感

また、今回フルモデルチェンジをして新発売されたアクアの特別仕様車の“スタイルブラック(Style Black)”の魅力の一つは、お買い得感。この特別仕様車とベースとなっているSグレードの車体本体価格はそれぞれこのようになっています。

■アクアの特別仕様車とSグレードの価格比較
特別仕様車:1,996,037円
Sグレード :1,887,055円

トヨタ アクア 2016

この2台のモデルの車体本体価格を比較すると、アクアの特別仕様車の”Style Black”の方が約11万円ほど高くなっています。本体価格だけを比較すると特別仕様車の”スタイルブラック”の方が高く感じてしまいますが、Sグレードと異なりトヨタの安全装備システムのトヨタセーフティセンスPとプッシュ式のエンジンスターター機能を含むスマートエントリーパッケージが標準装備されています。実はこの2つの機能・装備をメーカーオプションで装備するだけで約11万円の価値が…。

■アクアのメーカーオプション価格の詳細
トヨタセーフティセンスC       :54,000円
スマートエントリーパッケージ:55,080円

トヨタ アクア 2016

つまり、この2つの装備だけでモトが取れちゃう計算に…。しかも、今回新発売されたアクアの特別仕様車のスタイル ブラックの外装・内装には、高級感のあるメッキ調のガーニッシュやピアノブラック調のデザインを採用しております。

トヨタ アクア 2016

この事を考えると、かなりお得感があるモデルになっているように感じました。実際にディーラーさんに話を聞いても、「ボディカラーは限られてしまいますが、もしお好みの色が特別仕様車にあったら特別仕様車の方をおススメします。」と、言っていましたし…。このコストパフォーマンスの良さもアクアの特別仕様車の魅力の一つなのかなと思いました。

トヨタ アクア 2016

2016年4月に発売されたアクアの特別仕様車とベースとなっているSグレードを比較したところ、このような違い・メリットがありました。個人的にはデザイン性・機能性・価格のどれをとっても特別仕様車“スタイル ブラック(Style Black)”の方が良いと思いました。X-Urban(Xアーバン)や上位モデルのGグレードを検討している方には、この特別仕様車は少し物足りないかもしれません。ただSグレードを購入を検討している方にとっては、この特別仕様車はとても魅力的なモデルなのかなと思いました。


ディーラーさんに話をきいたところによると、ベース車のSグレードと雰囲気の異なる特別仕様車の内装・インテリアはかなり好評みたいですよ。

画像 試乗レビュー速報