おすすめのタイヤチェーンメーカー11選|金属や非金属性などの種類や選び方を解説

タイヤチェーンは、様々なメーカーが取り扱っています。メーカーによって性能や特徴が違うため、購入する際に迷う方も多いことでしょう。今回は、おすすめのタイヤチェーンメーカー11選や選び方を紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

Chapter
タイヤチェーンとは?
タイヤチェーンの選び方5つ
タイヤチェーンメーカー1:バイセンフェルス
タイヤチェーンメーカー2:コムテック
タイヤチェーンメーカー3:オートソック
タイヤチェーンメーカー4:カーメイト
タイヤチェーンメーカー5:フォーシーズン
タイヤチェーンメーカー6:Beikemall
タイヤチェーンメーカー7:ISSE Safety
タイヤチェーンメーカー8:wheels
タイヤチェーンメーカー9:Kaniya
タイヤチェーンメーカー10:SEIKOH
タイヤチェーンメーカー11:コーニック
タイヤチェーンの取り付け方は?
タイヤチェーンのメーカーを知ろう

タイヤチェーンとは?

タイヤチェーンとは、自動車やオートバイで滑りやすい凍った道や雪の積もった道などを走るときに滑り止めとして、タイヤの外側に付ける器具です。そのタイヤチェーンには金属製のものや非金属製のものがあります。 通常は駆動輪に装着するもので、前輪駆動車には前輪に、後輪駆動車には後輪に装着する方が効果的です。四輪駆動車の場合は、その車の取り扱い説明書により前後どちらかに取り付けます。

タイヤチェーンの種類

タイヤチェーンの種類は大まかに3種類あります。オーソドックスで昔からあるものが金属製のチェーンです。金属製の輪をつないだチェーンで剛性が高く丈夫で、はしご型と亀甲型があります。 非金属製のタイヤチェーンはゴムやウレタン製のものですが、金属製のチェーンに比べて耐久性は劣ります。そして、最近増えてきているタイプが布製カバーです。

タイヤチェーンの選び方5つ

タイヤチェーンには商品によって特徴が異なります。タイヤチェーンを選ぶには、形状で選ぶこと、材質で選ぶこと、そして愛車のタイヤサイズに合わせて選ぶことから始めます。 これから、タイヤチェーンの選び方について詳しく紹介していきます。

タイヤチェーンの選び方1:形状で選ぶ

タイヤチェーンの選び方として、形状で選ぶ方法があります。タイヤチェーンの形状は、はしご型や亀甲型など様々なものがあります。 はしご型のタイヤチェーンは前後方向のグリップ力に優れているのが特徴で、登坂力を重視する場合に適していますが、横方向の滑りには弱くなっています。 亀甲型は横方向のグリップ力があり、走破性能の高い形式になっています。

タイヤチェーンの選び方2:材質で選ぶ

タイヤチェーンの選び方として、材質で選ぶ方法があります。チェーンの材質にもいくつか種類があり、金属製のものは価格が安く凍結路面に強い特徴があります。ただし、走行中の振動が大きく乗り心地は良くありません。 静かで振動が少ないのがゴムやウレタン製のタイヤチェーンで、凍結路面にはやや弱く収納時にかさばるのが弱点です。扱いメーカーは少ないですが一時利用に適していて着脱も容易なのが布製の製品です。

タイヤチェーンの選び方3:タイヤのサイズに合わせて選ぶ

タイヤチェーンの選び方として、車のタイヤサイズに合わせて選ぶことが大切です。せっかくタイヤチェーンを買っても車のタイヤに適合していなければ、性能を発揮できません。 タイヤサイズはタイヤの側面に記載されていますので、確認の上で各メーカーのタイヤチェーンを購入しましょう。チェーン購入時に必要なタイヤサイズにはリム径もありますので、タイヤチェーン選択の際に注意してください。

タイヤチェーンの選び方4:JASAA認定品を選ぶ

タイヤチェーンの選び方として、JASAA認定品を選ぶ方法があります。この認証のある製品はタイヤ滑り止め装置認定委員会の立ち合いのもとで行われる実車走行試験をクリアした製品です。道路の破損が少なく、着脱が容易であることなどもクリアしています。

タイヤチェーンの選び方5:取り付けやすさで選ぶ

タイヤチェーンの選び方として、取り付けやすさで選ぶ方法があります。タイヤチェーンを使うことはたまにしかないので、取り付けに慣れていないとかなり時間を擁してしまいます。 その点では、数個のブロックに分かれた分離型は一番装着が容易になっています。一体型に比べると格段に装着が容易で、収納もかさばらないのがメリットですが、やや乗り心地が悪い点と滑り止め性能も劣るのがデメリットです。

おすすめのタイヤチェーンメーカー11選

タイヤチェーンの購入を考えている方は、様々なメーカーから選ぶ必要があるため迷うことがあるでしょう。メーカーによってタイヤチェーンの特徴が異なります。 これから、おすすめのタイヤチェーンメーカー11選を紹介していきます。

タイヤチェーンメーカー1:バイセンフェルス

クラック&ゴー ユニカ

バイセンフェルス クラック&ゴー ユニカ

¥11,800〜

バイセンフェルスは、自動増し締め機能がついているクラック&ゴー ユニカM32 L090というタイヤチェーンを販売しています。

また、ヨーロッパ規格の安全性を示すTUV認定を受けていて、安全性についても安心のタイヤチェーンです。9㎜の金属リングを使い静音性などは他の金属製のタイヤチェーンより改善されています。

メーカー
バイセンフェルス

タイヤチェーンメーカー2:コムテック

スピーディアSX-104

コムテック スピーディア SX-109

¥5,651〜

コムテックは、高性能な亀甲型の金属製タイヤチェーンであるスピーディアSX-104を販売しています。

素材には特殊合金鋼を用いていて高い耐久性を持っています。 スピーディアSX-104は圧雪された凍結路でも確実なグリップ力を発揮できる性能を持っています。また、ジャッキアップ不要で手軽に装着できるようになっていて、装着作業も短時間で出来るような工夫がされています。

メーカー
コムテック

タイヤチェーンメーカー3:オートソック

布製タイヤすべり止め

オートソック 布製タイヤすべり止め

¥10,783〜

オートソックは、様々な認証機関に安全性が認められているタイヤチェーンを取り扱っています。

ハイパフォーマンスASK600は、布製タイヤチェーンを使用しています。布製タイヤチェーンの素材にポリエステルが採用されていて、雪面や路面の水分を吸収することで摩擦係数を大きくできるようになっています。 またホイールを覆うように装着するので、振動があまりなく快適な走行が出来ます。

メーカー
オートソック

タイヤチェーンメーカー4:カーメイト

バイアスロン クイックイージー

カーメイト バイアスロン クイックイージー

¥28,880〜

カーメイトは、様々なカー用品を販売しています。

バイアスロンクイックイージーQE18は、ポリウレタン製の非金属チェーンで、多数の金属製のピンを持ち圧縮された凍結路面でのグリップを確保しています。非金属タイヤチェーンですが、600km走行可能な耐久性を備えています。

メーカー
カーメイト

タイヤチェーンメーカー5:フォーシーズン

ビッグフットファストタイヤチェーン非金属ブラック

フォーシーズン ビッグフットファストタイヤチェーン非金属ブラック

¥5,550〜

フォーシーズンは、個性的で魅力にあふれた製品を取り扱っています。

このタイヤチェーンは素材がポリウレタンラバーの非金属製のチェーンです。非金属製のタイヤチェーンである上に、タイヤ全体にしっかりフィットする構造のため、走行中の振動の低減が図られています。接地面に金属製のスパイクピンが配置されているので凍結路面でもグリップ力が高くなっています。

メーカー
フォーシーズン

タイヤチェーンメーカー6:Beikemall

布製 スノーチェーン

Beikemall 布製 スノーチェーン

¥5,990〜

Beikemallは、ジャッキアップ不要で簡単に装着できる布製タイヤチェーンを取り扱っています。

また、この布製タイヤ交換は軽自動車用のものから大型車腫瘍のものまで幅広くラインアップされています。布製タイヤチェーンですので走行時は低振動で快適な走行が出来ますし、コンパクトに収納可能です。

メーカー
Beikemall

タイヤチェーンメーカー7:ISSE Safety

スノーソックスC60062

ISSE Safety スノーソックスC60062

¥9,777〜

ISSE Safetyは、スペインの会社で繊維製造のノウハウを生かして布製タイヤチェーンの製造をしています。

スノーソックスC60062は、素材がポリオレフィンの布製タイヤチェーンです。装着が簡単なうえ、進行方向にも関係なく装着できます。走行中の振動や騒音も少なく快適な乗り心地を実現しています。

メーカー
ISSE Safety

タイヤチェーンメーカー8:wheels

タイヤチェーン 亀甲型

wheels タイヤチェーン 亀甲型

¥4,316〜

wheelsは、積雪路面や凍結路面でも横滑りに強くなっているタイヤチェーンを販売しています。

また、金属製のタイヤチェーンでジャッキアップ不要で取り付けられるようになっています。

メーカー
wheels

タイヤチェーンメーカー9:Kaniya

非金属タイヤチェーンKS11

Kaniya 非金属タイヤチェーンKS11

¥9,990〜

Kaniyaは、ジャッキアップ不要で取り付けが簡単な工夫がされているタイヤチェーンを取り扱っています。

非金属タイヤチェーンKS11は、雪があまり降らない地域にお住まいの方が、急な雪に備えておきたい場合に適しているタイヤチェーンです。また、運転時に支障が出ることもなく雪道を走行できます。

メーカー
Kaniya

タイヤチェーンメーカー10:SEIKOH

タイヤチェーン ジャッキアップ不要 亀甲型

SEIKOH タイヤチェーン ジャッキアップ不要 亀甲型

¥2,980〜

SEIKOHは、ジャッキアップ不要の金属製で亀甲型のタイヤチェーンを販売しています。

また、横滑りしにくい構造のものを取り扱っており、雪面でもアイスバーンでもグリップが高くなるところが特徴です。 耐摩耗性に優れた特殊合金鋼をクロスチェーンにしているため切れにくく、取り付けも簡単なうえコンパクトに収納できるケース入りです。

メーカー
SEIKOH

タイヤチェーンメーカー11:コーニック

取り付け簡単&締め直し不要 金属タイヤチェーン

コーニック 取り付け簡単&締め直し不要 金属タイヤチェーン

¥13,873〜

コーニックは、軽量でコンパクトに収納できるタイヤチェーンを取り扱っています。

CGマジックCGM-080は、金属製のタイヤチェーンですが、ジャッキアップが不要で取り付けも簡単にでき、さらに走行時に締め直しが不要になるシステムを備えています。 軽量でコンパクトに収納できるため女性にも扱いやすくなっています。リムプロテクターを装着すればタイヤやホイールへの干渉を和らげることが出来ます。

メーカー
コーニック

タイヤチェーンの取り付け方は?

タイヤチェーンの取り付け方ですが、最近はジャッキアップしなくても装着できる製品が各メーカーから販売されています。メーカーの製品ごとに違いはありますが手間のかかる金属製の製品の装着方法は次のとおりです。 まずチェーンの連結部分のフックの折り返しがある方を表にしてタイヤに取り付けます。チェーン全体をタイヤの上からかぶせ、タイヤの裏側でチェーンとフックをつなぎ、最後に外側につなぎゴムをかけます。

タイヤチェーンのメーカーを知ろう

タイヤチェーンのメーカーを知ることで、緊急時に使うタイヤチェーンを選ぶのが楽になります。地域によっては、雪があまり降らず使う機会が少ない方もいることでしょう。そのような場合は、スタッドレスタイヤを用意する必要性がありません。 突然の降雪時に困らないためにも、タイヤチェーンを用意しておくことがおすすめです。タイヤを変えることなく、雪道を走行できるのは大きなメリットです。車に合ったタイヤチェーンを選ぶようにしましょう。