おすすめのタイヤラックを紹介!タイヤラックを使う3つのメリットを解説

タイヤラックはタイヤを保管するのに便利なアイテムです。この記事ではおすすめのタイヤラック11選や、タイヤラックを使う3つのメリットをご紹介しますので、これからタイヤラックを購入する方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

Chapter
タイヤラックを使うメリット3つ
おすすめのタイヤラック12選
おすすめ商品1:FIELDOOR「タイヤスタンド ワイド」
おすすめ商品2:アイリスプラザ「タイヤラック 2段式」
おすすめ商品3:株式会社遠藤ワークス「タイヤラック」
おすすめ商品4:MEICHEPRO「2段式タイヤラック」
おすすめ商品5:川口工器株式会社「スロープ付き タイヤ収納ラック」
おすすめ商品6:Ups「伸縮タイヤラック 台車」
おすすめ商品7:ミヤグチ企販「薄型 タイヤラック」
おすすめ商品8:Prairie House「タワー型タイヤラック」
おすすめ商品9:メルテック「タイヤラック」
おすすめ商品10:Finether「タイヤラック カバー付」
おすすめ商品11:バル「タイヤラック タフネス」
タイヤラックと一緒に準備したい工具や付属品3つ
おすすめのタイヤラックを見つけてタイヤを保管しよう

タイヤラックを使うメリット3つ

タイヤラックを使うことでタイヤを長期保管することが可能です。タイヤラックはタイヤを収納して長く保管しておける便利なアイテムです。タイヤラックを使うことで、余分なスペースを使わず、限られたスペースを有効活用することも可能になります。ここではタイヤラックを使うメリットをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

タイヤラックを使うメリット1:取り出す際に便利

タイヤラックを使えば、タイヤを取り出す際に便利です。タイヤは地面にそのまま置いておくと、重さもあるため必要なときに取り出すのに手間がかかります。しかしタイヤラックなら、タイヤを重ねて4本もしくは8本収納でき、高さもあるため取り出す際も簡単です。

また、台車タイプのタイヤラックであれば、保管場所が遠くてもそのまま運ぶことができるので非常に便利です。

タイヤラックを使うメリット2:スペースを有効活用できる

タイヤラックを使えば、限られたスペースを有効活用できます。タイヤラックを使えばタイヤを纏めて収納しておけるため、スペースを取りません。また、タイヤラックにはスリムな2段式になっているものもあり、狭いスペースでもタイヤを保管することができます。特に狭いガレージなどで使用する場合は、スペースを有効活用できる2段式がおすすめです。

タイヤラックを使うメリット3:タイヤ交換のときに楽

タイヤラックを使えば、タイヤ交換の際に便利です。タイヤラックには、タイヤを台車に乗せかえる必要のない台車兼用タイプのタイヤラックもあります。台車兼用タイプなら駐車場から離れた場所で補完していても持ち出すのが簡単なので、タイヤ交換の際にも便利に使えます。また、台車タイプなら女性や力のない方でも一人で作業しやすいでしょう。

おすすめのタイヤラック12選

おすすめのタイヤラックをご紹介します。タイヤラックはさまざまなカー用品メーカーが販売しているため、これからタイヤラックを購入しようと考えている方の中にはどれを選べばいいのかわからないという方も多いでしょう。ここではおすすめのタイヤラック12選をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

おすすめ商品1:FIELDOOR「タイヤスタンド ワイド」

FIELDOOR「タイヤスタンド ワイド」リーズナブルさ機能性を両立したおすすめのタイヤラックです。5800円で購入できるタイヤラックで、タイヤが8本収納できるため車を2台所有している人におすすめです。FIELDOORは人気な商品ブランドで、耐荷重も200kgと頑丈な上、専用カバー付きなのでタイヤを紫外線からも守れます

おすすめ商品2:アイリスプラザ「タイヤラック 2段式」

アイリスプラザ「タイヤラック 2段式」はタイヤ8本収納可能なおすすめのタイヤラックです。さまざまなサイズのタイヤに対応できる、高さ調整が可能な2段式タイヤラックです。上段と下段で異なるサイズのタイヤもすっきり収納でき、キャスター付きなので女性でも重たいタイヤを簡単に移動させることができるのでおすすめです。

タイヤラック全体を覆えるタイヤカバー付きです。

おすすめ商品3:株式会社遠藤ワークス「タイヤラック」

株式会社遠藤ワークスのタイヤラック200kgまで耐えられるおすすめのタイヤラックです。タイヤを乗せるポールが伸縮するタイプ固定タイプタイヤカバー付きタイヤカバーなしなど必要に応じてさまざまなタイプを選べる便利なタイヤラックです。耐荷重200kgとタイヤをたくさん積んでも安定しているため、安心して利用できるのもおすすめポイントです。

おすすめ商品4:MEICHEPRO「2段式タイヤラック」

MEICHEPRO「2段式タイヤラック」はタイヤに合わせて3段調整が可能なおすすめのタイヤラックです。場所を取るタイヤを8本までしっかり収納できる上下2段式のタイヤラックです。上段の高さはタイヤに合わせて3段階調節が可能になっており、一般家庭の乗用車、RV車、ワゴン車のタイヤに対応しています。サイドにはフックが付いているため、一緒に使う工具なども掛けておけるためおすすめです。

おすすめ商品5:川口工器株式会社「スロープ付き タイヤ収納ラック」

川口工器株式会社「スロープ付きタイヤラック」耐荷重80kgのおすすめのタイヤラックです。コンパクトなデザインで、立ててタイヤを保存するため変形することは少ないでしょう。タイヤは4本まで収納でき、スロープが付いており転がして収納することが可能なので、おすすめです。

おすすめ商品6:Ups「伸縮タイヤラック 台車」

Ups伸縮タイヤラックは、台車で簡単に運搬が可能なおすすめのタイヤラックです。タイヤを4つ乗せられる大型キャスター付きの台車タイプで、女性でも重たいタイヤをそのまま運搬できる便利なタイヤラックです。4つまとめて車庫やガレージまでそのまま押して移動可能です。タイヤのサイズに合わせて幅を調整することもでき2輪分のストッパーも付いています

おすすめ商品7:ミヤグチ企販「薄型 タイヤラック」

ミヤグチ企販「薄型 タイヤラック」薄型設計で場所を取らないおすすめのタイヤラックです。オフシーズンに置き場所に困るスタッドレスタイヤやスペアタイヤの保管に便利なタイヤラックです。2段式になっており、タイヤ4本が収納できます。また、薄型なのでスペースを取りません

脚にはキャスターも付いているため、必要なときに移動させるのも簡単です。

おすすめ商品8:Prairie House「タワー型タイヤラック」

Prairie House「タワー型タイヤラック」上積みタイプのおすすめのタイヤラックです。一般的なタイヤラックはタイヤは横に並べますが、タワー型タイヤラックは縦に置く珍しいタイプです。しっかり安定している脚にはキャスターが付いているため、押すだけで楽に移動することができます。

また、移動しないときにはストッパーで固定しておける点もおすすめポイントです。

おすすめ商品9:メルテック「タイヤラック」

メルテックのタイヤラックコンパクトに収納できるおすすめのタイヤラックです。こちらもタイヤを縦に並べるタイプのタイヤラックで、キャスター付きなので押すだけで楽に移動することができます。タイヤ同士が接触しないため、タイヤを傷めずに保管できておすすめです。専用のタイヤカバー付きです。

おすすめ商品10:Finether「タイヤラック カバー付」

Finetherのタイヤラックは使い勝手が良いおすすめのタイヤラックです。タイヤを4本収納できる2段タイプのスリムなタイヤラックです。小さ目サイズですが、しっかりタイヤを乗せることができます。Finetherは掃除や美容品からアウトドア製品まで幅広く商品を提供しており、こちらは紫外線からタイヤを守る専用カバーが付いています

おすすめ商品11:バル「タイヤラック タフネス」

バルのタイヤラック タフネスリーズナブルなおすすめのタイヤラックです。ミニバンやRV車用のタイヤにも対応できる、4本収納タイプのスリムなタイヤラックです。スペースを取らず、3000円台で購入できるコストパフォーマンスの良さも魅力です。耐荷重120kgで頑丈なのもおすすめポイントです。

タイヤラックと一緒に準備したい工具や付属品3つ

タイヤラックと一緒に便利なアイテムも用意しておきましょう。タイヤラックを利用する場合は、タイヤラックと一緒に使えるアイテムやタイヤ交換をする際に利用する工具なども準備しておきましょう。ここではタイヤラックを一緒に準備したい工具や付属品3つをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

準備したい工具や付属品1:タイヤカバー

タイヤラックでタイヤを補完する場合、タイヤカバーも用意しておくと便利です。タイヤカバーは、タイヤを保管しておくときにタイヤをゴミやホコリ、雨風などから守るためにタイヤにつけておくものです。タイヤはそのまま長期間保管していると劣化してしまうため、タイヤカバーを付けておきましょう。

タイヤカバーはタイヤラックに付属している場合もありますが、なければ用意しておくと良いでしょう。

準備したい工具や付属品2:トルクレンチ

トルクレンチはタイヤ交換の際に利用する工具です。トルクレンチはボルトやナットなどを緩める際に使う工具で、閉める力を計測するメモリや計測器が付いています。メモリが付いているためボルトを正確に閉めることができ、タイヤ交換の際にも用いられます。タイヤ交換で必要になる工具なので、タイヤラックと一緒に用意しておくと良いでしょう。

準備したい工具や付属品3:ジャッキ

ジャッキはタイヤ交換の際に利用する工具で、車を持ち上げることで車のメンテナンスをしやすくできます。ジャッキには機械式や液体作動式、空気作動式などの種類があります。タイヤ交換で必要な道具になるため、タイヤラックと纏めて用意しておきましょう。

おすすめのタイヤラックを見つけてタイヤを保管しよう

便利なタイヤラックを使ってみましょう。タイヤラックがあれば省スペースでタイヤを保管でき、タイヤ交換の際にも簡単に取りだすことが可能です。また、タイヤカバー付きならタイヤの劣化を防止することも可能です。ぜひこの記事でご紹介したおすすめのタイヤラックを参考に、使いやすいタイヤラックを見つけて見てはいかがでしょうか。