【プロに聞いた】タイヤラック(タイヤスタンド)のおすすめ17選を徹底比較|2024年版|横置きをメインに紹介!

タイヤ ラック

※この記事には広告が含まれます

タイヤラックはタイヤを保管するのに便利なアイテムです。この記事ではおすすめのタイヤラックや、タイヤラックを使う3つのメリットをご紹介します。

これからタイヤラックを購入する方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

石川 浩二|いしかわ こうじ

自動車とIT関連の仕事をしているプライベートチューナー。整備士免許も取得済みで、専門知識にも長けています。

石川 浩二

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博
Chapter
メンテナンスのプロがおすすめするタイヤラック3選
プロがおすすめするタイヤラック5選
CarMe編集部おすすめのタイヤラック9選
タイヤラックと一緒に使うと便利な工具・付属品
タイヤラックを使うメリット
おすすめのタイヤラックを見つけて、タイヤを保管しよう!

メンテナンスのプロがおすすめするタイヤラック3選

トヨタ・ガズー・レーシングのマスタードライバーであるモリゾウ氏は、冷蔵庫やテレビなどは愛○○とは言わないが、クルマは愛車と呼ぶと良く話されます。

これはクルマを所有することで愛着が湧いたり、愛おしくなる存在になります。それくらい愛着のあるクルマのメンテナンスやパーツの交換などを自分でやりたくなるという人もいるでしょう。

そこで、ここではメンテナンスのプロに、メンテナンスに関わるグッズの選び方を解説してもらうと同時に、アマゾンをはじめとしたECサイトで売れ筋のグッズを紹介します。

(文・画像:萩原 文博)
今回お話を伺ったのは、愛知県春日井市にある中部車検センターの荷村副店長です。

この中部車検センターは、国の検査場に代わって車検を行う事の出来る許可を得た中部運輸局指定工場です。

創業25年の中部車検センターは、年間約2,000台の車検を取り扱う整備工場ならではの経験と技術力でユーザーのカーライフを支えています。

そんな荷村副店長に、タイヤラックの選ぶポイントを聞いてみました。
タイヤラックを購入するときに気をつけなければならないのは、愛車のタイヤ直系と外径を把握しておくことだそうです。

例えばECショップでも扱っているタイヤラックで14~17インチ対応と書いてあったとしても、タイヤの直径に余裕がないと、思ったように入らないそうです。

タイヤラックを屋外に置くときにはタイヤカバーを購入すると思いますけれども、ラックが特殊なサイズだと、またカバーも買わないといけないので注意するポイントです。
縦に重ねる串刺しタイプのヤツは、入れにくいわけではないが、男性じゃないとタイヤを持ち上げられないでしょう。

そして濡れているとくっついてしまいますし、ホイールを装着したままだと腐食してしまうので、ホイールの付いたタイヤは横置きのタイヤラックを購入することをオススメします。

それでは、タイヤラックの売れ筋商品ベスト3を紹介しましょう。

YouTen(ユーテン)

タイヤラック キャスター付

6,780円〜(税込)

横揺れにも対応したタイヤラック

ユーテンのタイヤラックは、フレームの厚みを1.5mmとすることで、耐荷重300kgを実現するだけでなく耐久性も向上しています。

したがって、重いタイヤを長時間保管していると劣化して歪んでしまう問題を解決しています。

さらに、タイヤラックによくある3つの問題を徹底改善しました。まずは、タイヤの重量があるので積んで運搬する時や保管時にぐらつく横揺れ

そして、耐久性。ネジ穴など仕上りが悪く、上手く組み立てられないという品質です。

特に横揺れは、フレーム同士の接続をはめ込み式にして強度を高めているので、タイヤの重量をしっかりと支えてくれます。

対応サイズはタイヤ直径…約725mmまで 、 タイヤ幅…約245mmまでとなっています。

ブランド
YouTen(ユーテン)
商品モデル番号
YT-TYL
本体サイズ(約)
W1,038×D386×H1,109mm
耐荷重
300kg

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

アイリスオーヤマ タイヤラック

2,780円〜(税込)

組み立て簡単!パーツをつなげるだけで完成

アイリスオーヤマのタイヤラックは、工具を使わずに手でパーツをつなげるだけで、はめ込むだけの2ステップで簡単に組み立てられるのが特徴。

適合サイズは、軽自動車用はタイヤ幅160mm以下、外径485~550mm、普通車用はタイヤ幅235mm以下、外径500~675mm となっています。

平積みだと下の方のタイヤに荷重がかかり、タイヤの変形の原因になりますが、タイヤラックで保管することで変形を防ぎ、タイヤを長持ちさせることができます。

最大積載量120kgで、紫外線によるタイヤの劣化やほこり等による汚れ防止用に、別売のタイヤカバーを用意しています。

ブランド
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
モデル名
KTL-450
梱包サイズ
30 x 45 x 108 cm
商品の重量
3.52 kg
適合タイヤサイズ
タイヤ幅160mm以下/外径
最大積載量
120kg

プロがおすすめするタイヤラック5選

ボンフォーム(BONFORM)

タイヤラック 軽/普通車 4本用 タイヤカバー付き

17,699円〜(税込)

BONFORMタイヤラックの大きな特徴は、タイヤを乗せたまま移動させることが出来る台車のような構造です。

狭いガレージ内では、同じ場所にタイヤラックを固定して置くことが難しいケースも多々あるでしょう。

しかし、こちらのタイヤラックは上述した通り台車のような構造になっているので、タイヤを乗せたままでも空いたスペースに簡単に移動させることができます。

また、取り付け時にもタイヤを乗せたまま取り付け場所まで移動させられるので、取り付け時の負担を大幅に軽減させられます。

最大4個のタイヤを乗せられますが、不要時は短く縮めることができるので、ガレージ内で無駄なスペースを作らずにコンパクトに使用できるのもポイントです。

ブランド
ボンフォーム(BONFORM)
モデル名
7250-40SI
梱包サイズ
88.3 x 43.6 x 11.2 cm
シルバー
重量
7.6kg
適合
軽・普通車/4ホンヨウ(S-L)
品質
スチール

武田コーポレーション(Takeda corporation)

武田コーポレーション メタルラック本体 レッド 幅37.5〜奥行70〜107×高さ86cm STSR-70107

6,980円〜(税込)

武田コーポレーションのタイヤラック「STSR-70107」は台車機能を兼ねており、タイヤを乗せたまま自由に移動させられるのがポイントです。

タイヤは最大4本まで収納できますが、不要時はタイヤラック部分を伸縮させコンパクトサイズに変更することも可能です。

「ガレージの空きスペースはカー用品の収納場所として有効活用したい」など、無駄なスペースを作らずに手持ちのカー用品を整理したい人にもおすすめできるアイテムです。

メーカー
武田コーポレーション(Takeda corporation)
ブランド
武田コーポレーション(Takeda corporation)
モデル名
STSR-70107
梱包サイズ
70 x 37.5 x 86 cm; 6.2 kg
商品モデル番号
STSR-70107
商品の重量
6.2 kg

AMEX 青木製作所

タイヤラック タイヤを転がすだけで簡単収納

15,180円〜(税込)

AMEX 青木製作所のタイヤラックは、コンパクトなサイズ感と軽さがポイントです。

通常タイヤラックは重たく大きいものが多いため、「移動させるのが大変」というイメージを持っている人も多いでしょう。

しかし、こちらのタイヤラックは非常に軽量でコンパクトなので、必要に応じて誰でも簡単に移動させることができます。

また、タイヤを転がすだけで手軽に収納できるので、女性や初心者でも非常に扱いやすいタイヤラックとも言えます。

ブランド
AMEX 青木製作所
商品モデル番号
AMEX-C05LL-M

Prairie House

タイヤラック カバー付 キャスター6個付 頑丈 タワー型タイヤラック タイヤ収納 保管 倉庫 冬タイヤ 夏タイヤ スタッドレス 長持ちXAA361

5,980円〜(税込)

ドライブワールドのタイヤラックは、縦積みをしても安心して利用できる独自構造が特徴です。

こちらは縦積みタイプのタイヤラックなので、省スペースでタイヤを保管できるのが魅力的。

さらに中心部にはタイヤを支えるための支柱が内蔵されているため、縦積みでもタイヤが崩れる心配がありません

下には6個のキャスターがついており、女性の力でも簡単に移動させることができます。

また、サビに強いアルミ製でタイヤカバーも同封されているので、屋外でもタイヤを保管できるタイヤラックをお探しの人にぴったりのアイテムです。

メーカー
ドライブワールド
ブランド
Prairie House
商品モデル番号
XG723

ミヤグチ企販

薄型 タイヤラック カバー付き 2個組

19,770円〜(税込)

ミヤグチ企販のタイヤラックの最大の特徴は、その薄さです。

幅450x奥行268と、倉庫の空いた隙間などにも入れられるようなコンパクトサイズなので、収納場所を選ばず利用できるのが嬉しいポイントです。

2台セットで4個のタイヤを置くことができるので、それぞれを別々の空きスペースに置けば、ガレージ内のスペースを有効活用できます。

また、側面にはネットとフックがついているため、掃除道具や洗車道具などをかけるなど、道具の整理にも役立ちます。

キャスター付きなので、どこにでも自由に移動できるのも魅力のひとつと言えるでしょう。

ブランド
ミヤグチ企販
商品モデル番号
M5-MGKMY1177T

CarMe編集部おすすめのタイヤラック9選

タイヤラックはさまざまなカー用品メーカーが販売しているため、これからタイヤラックを購入しようと考えている方の中にはどれを選べばいいのかわからないという方も多いでしょう。

ここではおすすめのタイヤラック12選をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

FIELDOOR(フィールドア)

タイヤラック ワイド 専用カバー付

6,580円〜(税込)

FIELDOOR「タイヤスタンド ワイド」はリーズナブルさと機能性を両立したおすすめのタイヤラックです。

5800円で購入できるタイヤラックで、タイヤが8本収納できるため車を2台所有している人におすすめです。

FIELDOORは人気な商品ブランドで、耐荷重も200kgと頑丈な上、専用カバー付きなのでタイヤを紫外線からも守れます。

メーカー
コンポジット
ブランド
FIELDOOR(フィールドア)

アイリスプラザ(IRIS PLAZA)

アイリスプラザ カー用品 車 タイヤラック 2段式 幅120×奥行45×高さ122 耐荷重 160kg ブラック

5,940円〜(税込)

アイリスプラザ「タイヤラック 2段式」はタイヤ8本収納可能なおすすめのタイヤラックです。

さまざまなサイズのタイヤに対応できる、高さ調整が可能な2段式タイヤラックです。

上段と下段で異なるサイズのタイヤもすっきり収納でき、キャスター付きなので女性でも重たいタイヤを簡単に移動させることができるのでおすすめです。

タイヤラック全体を覆えるタイヤカバー付きです。

メーカー
アイリスプラザ(IRIS PLAZA)
ブランド
アイリスプラザ(IRIS PLAZA)
モデル名
ブラック
梱包サイズ
45 x 120 x 122 cm; 10.5 kg
商品モデル番号
ブラック
商品の重量
10.5 kg

遠藤ワークス

タイヤスタンド 幅固定 キャスタータイプ

13,900円〜(税込)

株式会社遠藤ワークスのタイヤラックは200kgまで耐えられるおすすめのタイヤラックです。

タイヤを乗せるポールが伸縮するタイプや固定タイプ、タイヤカバー付きやタイヤカバーなしなど必要に応じてさまざまなタイプを選べる便利なタイヤラックです。

耐荷重200kgとタイヤをたくさん積んでも安定しているため、安心して利用できるのもおすすめポイントです。

メーカー
株式会社遠藤ワークス
サイズ
約幅92.5×奥行40×高さ126.5cm
耐荷重
200kg
パイプの太さ
直径2.54㎝
キャスター
直径7.5㎝(総耐荷:200kg)

MEICHEPRO

2段式タイヤラック

3,880円〜(税込)

MEICHEPRO「2段式タイヤラック」はタイヤに合わせて3段調整が可能なおすすめのタイヤラックです。

場所を取るタイヤを8本までしっかり収納できる上下2段式のタイヤラックです。

上段の高さはタイヤに合わせて3段階調節が可能になっており、一般家庭の乗用車、RV車、ワゴン車のタイヤに対応しています。

サイドにはフックが付いているため、一緒に使う工具なども掛けておけるためおすすめです。

ブランド
MEICHEPRO
商品モデル番号
MCP-LTJ

川口工器(Kawaguchi Koki)

ST516 スロープ付きタイヤラックワイド カバー付

14,300円〜(税込)

川口工器株式会社「スロープ付きタイヤラック」は耐荷重80kgのおすすめのタイヤラックです。

コンパクトなデザインで、立ててタイヤを保存するため変形することは少ないでしょう。

タイヤは4本まで収納でき、スロープが付いており転がして収納することが可能なので、おすすめです。

メーカー
川口工器(Kawaguchi Koki)
モデル名
ST-561
梱包サイズ
38 x 117.5 x 61 cm
商品の重量
5.2 kg

Prairie House

タイヤラック カバー付 キャスター6個付 頑丈 タワー型タイヤラック タイヤ収納 保管 倉庫 冬タイヤ 夏タイヤ スタッドレス 長持ちXAA361

5,980円〜(税込)

Prairie House「タワー型タイヤラック」は上積みタイプのおすすめのタイヤラックです。

一般的なタイヤラックはタイヤは横に並べますが、タワー型タイヤラックは縦に置く珍しいタイプです。

しっかり安定している脚にはキャスターが付いているため、押すだけで楽に移動することができます

また、移動しないときにはストッパーで固定しておける点もおすすめポイントです。

メーカー
ドライブワールド
ブランド
Prairie House
商品モデル番号
XG723

メルテック(meltec)

メルテック タイヤラック 組立式 タイヤ幅 215/径 690mmまで キャスター・タイヤカバー付き 本体サイズ465(W)×1060(H)×465(D)mm Meltec TR-4

7,980円〜(税込)

メルテック「タイヤラック」は、組み立て式でコンパクトに保管できるタイヤラックです。

省スペースなので、夏タイヤとスタッドレスの入れ替えや普段は使わないタイヤの保管におすすめのタイヤラックです。

6点キャスターで安定感も抜群です。

劣化や埃から守る耐候カバーも付いていて、タイヤを傷めない安心設計です。

メーカー
メルテック(meltec)
ブランド
メルテック(meltec)
モデル名
TR-4
梱包サイズ
cm; 4.7 kg
商品モデル番号
TR-4
商品の重量
4.7 kg

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

KSL-590C

5,120円〜(税込)

タイヤカバー付きで紫外線や雨からタイヤを守ることが可能

本製品はネジを使わずにはめ込むだけで組み立てることができて簡単です。

ステンレス素材を採用しているのでサビにも強く、長期間使うことができます。

普通自動車用のタイヤが4本収納できるので、これ一つで車一台分のタイヤを収納、保管することができます。

Goreson

タイヤカバー

2,880円〜(税込)

タイヤカバーの圧倒的耐久性でタイヤに優しい

本製品のタイヤカバーは、オックスフォード生地を採用しているため、丈夫で耐久性に優れています。

また、二重保護シートや撥水機能があるためタイヤを長い間保管でき、タイヤの寿命を伸ばすことができます。

FIELDOOR(フィールドア)

伸縮タイヤラック キャスター付き

6,880円〜(税込)

サイズに合わせて伸縮調整が可能

本製品は、70cm〜100cmまで伸縮調整が可能です。

工具を使用せずに簡単に幅を調整できます。

また、キャスターがついているのでタイヤの移動から保管までこの商品ひとつで完結します。

タイヤラックと一緒に使うと便利な工具・付属品

タイヤラックを利用する場合は、タイヤラックと一緒に使えるアイテムやタイヤ交換をする際に利用する工具なども準備しておきましょう。

ここではタイヤラックを一緒に準備したい工具や付属品3つをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

1:タイヤカバー

タイヤラックでタイヤを補完する場合、タイヤカバーも用意しておくと便利です。

タイヤカバーは、タイヤを保管しておくときにタイヤをゴミやホコリ、雨風などから守るためにタイヤにつけておくものです。

タイヤはそのまま長期間保管していると劣化してしまうため、タイヤカバーを付けておきましょう。

タイヤカバーはタイヤラックに付属している場合もありますが、なければ用意しておくと良いでしょう。

2:トルクレンチ

トルクレンチはタイヤ交換の際に利用する工具です。

トルクレンチはボルトやナットなどを緩める際に使う工具で、閉める力を計測するメモリや計測器が付いています。

メモリが付いているためボルトを正確に閉めることができ、タイヤ交換の際にも用いられます。

タイヤ交換で必要になる工具なので、タイヤラックと一緒に用意しておくと良いでしょう。

3:ジャッキ

ジャッキはタイヤ交換の際に利用する工具で、車を持ち上げることで車のメンテナンスをしやすくできます。

ジャッキには機械式や液体作動式、空気作動式などの種類があります。

タイヤ交換で必要な道具になるため、タイヤラックと纏めて用意しておきましょう。

タイヤラックを使うメリット

タイヤラックを使うことでタイヤを長期保管することが可能です。

タイヤラックはタイヤを収納して長く保管しておける便利なアイテムです。

タイヤラックを使うことで、余分なスペースを使わず、限られたスペースを有効活用することも可能になります。

ここではタイヤラックを使うメリットをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

1:取り出す際に便利

タイヤラックを使えば、タイヤを取り出す際に便利です。

タイヤは地面にそのまま置いておくと、重さもあるため必要なときに取り出すのに手間がかかります。

しかし、タイヤラックならタイヤを重ねて4本もしくは8本収納でき、高さもあるため取り出す際も簡単です。

また、台車タイプのタイヤラックであれば、保管場所が遠くてもそのまま運ぶことができるので非常に便利です。

2:スペースを有効活用できる

タイヤラックを使えば、限られたスペースを有効活用できます。

タイヤラックを使えばタイヤを纏めて収納しておけるため、スペースを取りません。

また、タイヤラックにはスリムな2段式になっているものもあり、狭いスペースでもタイヤを保管することができます。

特に狭いガレージなどで使用する場合は、スペースを有効活用できる2段式がおすすめです。

3:タイヤ交換のときに楽

タイヤラックを使えば、タイヤ交換の際に便利です。

タイヤラックには、タイヤを台車に乗せかえる必要のない台車兼用タイプのタイヤラックもあります。

台車兼用タイプなら駐車場から離れた場所で補完していても持ち出すのが簡単なので、タイヤ交換の際にも便利に使えます。

また、台車タイプなら女性や力のない方でも一人で作業しやすいでしょう。

おすすめのタイヤラックを見つけて、タイヤを保管しよう!

タイヤラックがあれば省スペースでタイヤを保管でき、タイヤ交換の際にも簡単に取りだすことが可能です。

また、タイヤカバー付きならタイヤの劣化を防止することも可能です。

ぜひこの記事でご紹介したおすすめのタイヤラックを参考に、使いやすいタイヤラックを見つけて見てはいかがでしょうか。

※楽天市場では価格、送料、納期やその他の詳細については、商品のサイズや色等によって異なる場合があります。
商品詳細