【最新版】外資の自動車保険と国内の自動車保険の違いとは?

外資の自動車保険と国内の自動車保険は、どちらも事故発生時に日本人のスタッフが日本語で対応してくれることや、きめ細やかなロードサービスを受けられることなど、サポート面に関して違いはほとんどありません

一般的に、大手の外資系の自動車保険は、国内で初めて通販型自動車保険の販売を始めたということもあり、ネット上での加入手続きがスムーズに行える特徴のある会社が目立ちます。今回は、外資系損保会社の自動車保険の仕組みを解説したあと、国内損保会社の自動車保険に違いはあるのかについて紹介します。

Chapter
外資系損保会社の自動車保険ってどんな仕組み?
外資系損保会社と国内損保会社に違いはあるの?
外資系損保会社の自動車保険でも事故対応サービスは充実してる?

外資系損保会社の自動車保険ってどんな仕組み?

外資系損保会社の自動車保険は、基本的に電話やインターネットで加入手続きを済ませる仕組みとなっており、わざわざ街中の代理店に出向く必要が無いという点では、多忙な現代人にとって大きな魅力があります。

保険開始日や保険料支払いのルールも、国内の損保会社の自動車保険とほとんど変わりがないため、次の契約更新時に保険の乗り換えを検討している人も安心です。また、一部の外資系会社においては、国内の会社と自動車保険の加入後の等級のシステムが異なることがあります

少しでも保険料の支払額について不明な点があれば、いち早く加入している保険会社の担当者に問い合わせをすることが肝心です。なお、外資系の自動車保険の中には加入手続きの際に必要な書類を最小限にしたり、契約の可否について申込を終えた日に回答が出るケースも少なくありません。そのため、初めての保険加入時に効率良く手続きを済ませたい人は、外資の自動車保険の検討を始めるのがおすすめです。

外資系損保会社と国内損保会社に違いはあるの?

外資系損保会社と国内損保会社を比較しても、交通事故の発生時のサポート対応や保険料の決まり方など、基本的なルールの違いはほとんどなく、自動車保険に詳しくない人も安心して加入することが可能です。

また、日本国内に進出している外資系損保会社の中には、日本人の顧客ニーズに合ったプランを多数展開したり、新規の契約者に対する割引制度を整えたりしている外資系損保会社もあります。

また、特定の代理店と提携していない外資系損保会社の中には、カスタマーセンターのオペレーター教育に力を入れたり、年中無休で相談できる専用の窓口を設けているところもあります。国内損保会社に特別なこだわりが無い人は、外資系損保会社にも視野を広げて加入先の候補として検討するのも良いでしょう。その他、外資の損保会社では、キャンペーン期間中に加入手続きをすべて完了した契約者のために、魅力的な特典を設けているところもあり、今や年齢や職業にかかわらず需要が高まっています。

外資系損保会社の自動車保険でも事故対応サービスは充実してる?

外資系損保会社の自動車保険の事故対応サービスの内容は、会社の方針や契約プランの種類によりますが、人身事故から単独の物損事故まで様々なケースに迅速丁寧に対応してもらうことが可能です。

特に、補償内容が手厚いプランの中には、事故後の治療費や慰謝料に関する示談交渉だけでなく、レッカー移動や代車の手配弁護士相談まで幅広いサービスを受けられるものもあります。また、保険料が高めに設定されているプランについては、保険金額が無制限だけでなく、ベテランの担当者に事故対応に関わる全般的なサポートを依頼することができます。

なお、事故対応サービスの良し悪しについては、それぞれの損保会社の実績や担当者の経験などに左右されます。そのため、時間の許す限りいくつかの外資系損保会社の特徴を比較したり、各社の自動車保険の公式サイトやアプリなどで、実際に事故対応サービスを受けたことがある人のレビューや口コミをチェックすることをおすすめします。

外資系損保会社の自動車保険は、国内の損保会社と大きな違いはありませんが、特に自動車を利用する機会が多い人は、保険料や補償内容、ロードサービスの充実度などに注目して自分が安心できる保険会社を選択することが何よりも大切です。また、比較検討の際には、事故発生時における外資と国内の損保会社の対応の仕方について正しく理解することが重要です。