中古車の未使用車って新車と何が違うの?

中古車

ディーラーに訪れた際「未使用車」という表示を目にしたことはありませんか?新車ではなく未使用…?それでいて価格は、新車より明らかに安くなっています。中古車情報などでも、見かける未使用車とは、どういった存在なのでしょうか?

安く販売できる未使用車…しかしメーカーには損ではないのか?

さて、この理屈でいうと、ディーラーには報奨金が補填されるけど、メーカーとしてみれば赤字、損をしているのでは?と思うかもしれません。

確かに、短期的にみればその通りですが、未使用車を販売することで、車検、整備、また新規顧客の開拓に繋がれば、中長期的には乗り換え需要も相まって業績にプラスになる蓋然性が高いといえます。

また販売実績にも反映されますし、車種別・メーカー別の販売ランキングは消費者動向に大きく影響を及ぼすため、実は大事なポイントなんですね。報奨金によるスタッフの士気の向上も、プラスに働くのは言うまでもありません。

もちろんユーザーにとっても、お目当てのクルマを安く購入できるのは喜ばしいこと。クルマをお探しの際、狙いの車種にこうした未使用車が出てきた場合は要チェック!です。