レクサス 3代目ISのシートアレンジをチェック!高級セダンの本気とは?(3BA-GSE31-BEZLH/ASE30-BEZLZ/6AA-AVE30-BEXLH/AVE35-BEXLH型)

レクサス 3代目IS

2017年にフルモデルチェンジされた高級スポーツセダンの代名詞、レクサス 3代目IS(3BA-GSE31-BEZLH/ASE30-BEZLZ/6AA-AVE30-BEXLH/AVE35-BEXLH型)。

レクサスのエントリーモデルでありながら高い性能を誇っており、人気が高い1台でもあります。

そんなISのシートアレンジはどうなっているのか、詳しく紹介していきましょう。

Chapter
レクサス 3代目ISとはどんなクルマなの?
レクサス 3代目ISのシートアレンジをチェック!
レクサス 3代目ISはシートアレンジを支える機能も充実!

レクサス 3代目ISとはどんなクルマなの?

ISは、1999年に発売されたトヨタ アルテッツァの北米市場での名前であり、現在まで続く高級スポーツセダンです。北米市場での成功を受けて日本でも発売し、2代目から正式にレクサスブランドとしてラインナップされました。

現行モデルは3代目にあたり、ISシリーズとしては初めてハイブリッドモデルをラインナップした代でもあります。

「New Chapter LEXUS」をコンセプトとして登場した3代目ISは、スポーティーなデザインとそれに見合った走行性能、それでいてセダンの基本形状を維持しており、初のハイブリッドモデルは「IS 300h」として発売されました。

レクサスブランドの中では大柄な存在で、重量も1,800kg近くあります。

大きなフルモデルチェンジは過去2回しか行われていないものの、マイナーチェンジは数度行われており、そのたびに性能が向上しているのです。

また、現行モデルではないものの、世界のモータースポーツにも参戦したこともあります。市販車とは性能が異なりますが、ISのポテンシャルの高さを知るには十分な実績といえるでしょう。

レクサス 3代目ISのシートアレンジをチェック!

続いて、ISのシートアレンジについて見ていきましょう。

結論から言えば、ISのシートアレンジは、ほかのセダンよりも多彩です。

特にハイブリッドモデルである「IS 300h」のリアシート(後席)のシートアレンジは、画期的としか言いようがないでしょう。

従来のハイブリッド車は、バッテリーの関係上リアシートのシートアレンジはできない、もしくは十分ではないという欠点がありました。多くのハイブリッド車はリアシート下に大型のバッテリーを搭載しており、これが邪魔をしてシートアレンジに限界が生まれていたのです。

しかし、ISはこのバッテリーを最適化することで従来のものよりも小型化することに成功しました。その結果、リアシートを倒すことでフラットな室内空間を作り出すことができるようになったのです。

荷室(ラゲッジルーム)の大きさと合わせれば、ゴルフバック3個を積み込める広さを確保できるだけでなく、室内高もそれなりにあるため、多少背の高い荷物でも立てたまま載せることもできます。

ただし、コンセプトどおりセダンなので、あまり背の高いものは積み込めないので注意が必要です。

レクサス 3代目ISはシートアレンジを支える機能も充実!

ISのリアシートは6:4分割可倒式なので、シート全体を倒す必要がないことに加え、乗車人数や荷物の都合で使い分けることができるので、汎用性が高いアレンジが可能です。

シートアレンジをする際にヘッドレストを外す必要もないので、倒すだけでいいという手軽さも感じられます。

しかし助手席のシートアレンジはあまり多彩ではなく、倒し切るにもヘッドレストを外す必要があるのが少々難点かもしれません。

そもそもISをはじめとしたレクサスは、実用性よりも高級感や走行性能を重視しているため、助手席のシートアレンジは多彩ではなくても文句は言えません。

その分、リアシートのアレンジひとつで広い室内空間を得られるので、わざわざ助手席をアレンジする必要はないでしょう。

また、ISはシートアレンジによりセダンやスポーツカーよりも広い空間を作り出すことができ、ハイブリッド車の常識を覆しました。

車載性はSUVやワンボックスには当然劣りますが、それにはない特徴を有していることは間違いありません。

高級感も走行性能も、そして車載性も欲しいという方はISの購入を検討しても良いでしょう。

ISのシートアレンジは決して多彩とは言えませんが、レクサスが持つ革新的な技術により、それまでのハイブリッド車のシートアレンジの限界を覆すことに成功したのです。

ほぼ毎年マイナーチェンジがなされるISが、今後どのような進化を遂げるのか、今から目が離せません。

気になった方は、一度試乗して購入を検討してみるのも良いのではないでしょうか。

※2021年6月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道