価格が2倍も違う!アウディTTとTT RSの違いは何か?

2017 Audi TT RS

今回は、アウディTTとTT RSについて紹介します。

アウディの各シリーズには、ベースモデルのほかに性能を高めたSとよりスパルタンなRSというモデルが用意されています。それはスポーツモデルのアウディTTでも同様で、なんと、ベースモデルのTTとトップグレードのTT RSでは約2倍の価格差があったのです。この2台にはどのような違いがあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

Chapter
アウディTTとはどんな車?
アウディのスポーツグレード「S」と「RS」
アウディTTとTT RSの違いは?
アウディTTとTT RSの価格差が約2倍!その理由は?
アウディTTに設定される高機能グレードとしてのTTS

アウディTTとはどんな車?

アウディTTはコンパクトでスポーティな車種として、初代モデルは1998年にデビューしました。

1995年発表のデザインスタディモデルが、ほぼそのままのかたちで世に送り出され、その衝撃的ともいえる美しいスタイルは世界中で大きな話題となりました。

TTが2代目に進化したのは2006年です。先代同様、ハッチバックのA3と同じプラットフォームを使いながら、新たに開発されたASF(アウディ・スペースフレームテクノロジー)を採用したことで、ボディの7割がアルミニウム製となり、ボディ剛性を高めつつも軽量化を実現しています。

2014年には3代目へと進化。ボディフレーム上部をアルミとするコンポジット構造とし、外板をアルミとすることでさらなる軽量化を実現しました。

2020年7月現在、新車で購入できるTTはこの3代目で、クーペとロードスターが用意されています。(2020年7月現在)

アウディのスポーツグレード「S」と「RS」

アウディが展開するスポーツカーブランド、Audi Sportにおける最上級の存在がRSです。

2020年7月現在、アウディのラインナップではベースモデルに加え、いくつかのモデルに高性能版のSモデルが、さらにA4アバントとA5クーペ・A5スポーツバックには最上級のRSモデルが設定されています。その違いは、エンジン性能、それに見合った足まわりやボディのチューニング、室内のグレードアップなど、多岐に渡っています。

ちなみにアウディA5クーペの場合は、 最高出力185kW(252PS)を発生する2.0L直列4気筒ターボエンジンを積んだベースモデルの車両価格が696万円からなのに対し、RS5クーペではパワーユニットを最高出力331kW(450PS)の2.9L V6ツインターボエンジンを採用しており、その車両価格は1,302万円からとなっています。

つまりA5クーペの場合、ベースモデルとRSでは2倍近くの価格差があるのです。

<次のページに続く>
次ページ
アウディTTとTT RSの違いは?