レクサスISのインテリア(内装)と荷室を解説!!【プロ徹底解説】

レクサスIS500

レクサスISのインテリアのデザインコンセプトは外観同様「Agile(俊敏)&Provocative(挑発的)」です。レクサスISはインテリアでも運動性能の高さを予感させるアグレッシブなデザインを追求しています。同時に「人を中心に考えた、走るための空間」を目指して「乗った瞬間に走りたくなるデザイン」を重視し、機能的にも走りやすさにこだわっています。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博
Chapter
レクサスISのインパネの特徴
レクサスISの運転席は高揚感を感じさせるコーディネート
レクサスISの助手席の快適性について
レクサスISの後部座席の広さや快適性について
レクサスISの荷室の広さについて

レクサスISのインパネの特徴

レクサスISのインストルメントパネルは、高さの上限をあらかじめ、決めておくことで、その中に収めたディスプレイは視線移動を妨げないだけでなく、タッチパネルの操作性も両立させています。

この視線移動のスムーズさはワインディングロードを走るときだけでなく、街乗りでも快適で安全な運転に寄与しています。

2020年の大幅変更によってレクサスISのインテリアは、スポーティさと質感の高さを表現するため、インストルメントパネル、センターディスプレイ、センタークラスター、センターレジスターおよびフロントコンソールを変更し、レクサスぶらんどのスポーティイメージに統一感を持たせています。

レクサスISの運転席は高揚感を感じさせるコーディネート

インストルメントパネルからドアトリムアッパーまでをツートンカラー化することで、左右方向の広がりを強調。乗車時に高揚感を感じさせるコーディネートとなっています。

インストルメントパネル両サイドのレジスターを歴代モデルで採用されていた円形の意匠とすることで、よりスポーティなイメージを強調しています。

またレクサスISのインテリアは素材や形状にもこだわっています。

ステアリングはホーンパッドの意匠変更によって小径でスポーティなイメージを表現していますし、加飾パネルをダーク系メタリック色に変更することで、室内全体の統一感を表現しています。

またセンタアークラスターパネルをピアノブラック調へ変更するとともに、温度調整用のノブを指の収まりの良い形状とすることで、質感と操作性を向上させています。

10.3インチのタッチワイドディスプレイは、画面に直接タッチして操作ができるタッチディスプレイと遠隔で画面操作が行えるタッチパッド式リモートタッチを同時に採用。

前方視界や運転姿勢を保ちながら、指先による直感的な操作ができるなど運転に集中しやすいインターフェースとなっています。

センターコンソールに設置されたタッチパッド式のリモートタッチは、ピンチイン・ピンチアウトによる地図の縮小・拡大など、10.3インチタッチワイドディスプレイのリモート操作を指先で行えます。

タッチパッドの前後には(戻る)ボタンと、マルチメディアや空調など各メニュー内で機能を切り替えられる 「サブファンクションスイッチ」を設定しています。

レクサスISの助手席の快適性について

レクサスISのドアトリムの一部にはエンボスをほどこしたクラフトマンシップとテクノロジーの融合による新しい加飾表現を採用しています。

複数のエンボスラインを交差させたオリジナルのグラフィックパターンは、エンボスの凹凸面が光を受けるとエッジの繊細な光沢や精緻な陰影を表現し、車両後方に向かってエンボスが事前に消えて行くような丁寧な造り込みを施しています。

レクサスISのシートは合成皮革のL tex、セミアリニン本革そして、ウルトラスエード/L texという表皮を採用しています。

すべてのモデルでフロントシートは、8Way調整式パワーシートを採用し、エントリーグレードのIS300を除くすべてのグレードで運転席・助手席シートヒーターを標準装備しています。

レクサスISの後部座席の広さや快適性について

レクサスISは大幅改良で、全長が+30mmの4,710mmとなりましたが、これはフロントのオーバーハングが延びたもので、室内空間の広さは改良前と変更ありません。

2,800mmというホイールベースの中で、前後シートのカップルディスタンスは913mmを確保し、リアシートに大人が座ってもニースペースは十分確保されています。

頭上のヘッドクリアランスも圧迫感を感じない程度に確保されており、くつろいで移動することが可能です。

レクサスISの荷室の広さについて

レクサスISのトランクルームの容量はガソリン車が480L、ハイブリッドの駆動バッテリーをフロア下に搭載するハイブリッド車は450Lとなっている。トランクのヒンジは収納されるので、積載した荷物に影響を与えない。

トランクルームの手前側は内張をくり抜いており、9インチのゴルフバッグをガソリン車は3個、ハイブリッド車は2個収納することができます。また、6:4の分割可倒式リアシートを倒せば荷室の空間は拡大します。

外観ほどではないですが、インテリアもインストルメントパネルをはじめ、センターディスプレイ、センタークラスターなどが変更されています。

特にエアコンの吹き出し口を丸型とすることで、よりスポーティなイメージを演出しています。エアコンやオーディオなどがタッチパネルで操作するクルマが増えた現在では、センターパネルにこれだけ物理的スイッチがあるクルマは珍しくなっています。

操作は簡単より馴れたほうが行いやすいので、レクサスISのような物理スイッチが存在していることは直感的に操作できる点において評価すべきことと思います。

商品詳細