トヨタ 新型シエンタのエクステリアは愛着の湧くデザイン【プロ徹底解説】

トヨタ シエンタ

旧型シエンタはキーンルックと呼ばれるシャープなフロントマスクを採用し、アクティブさを狙ったデザインでした。

現行型の3代目シエンタは、ユーザーのライフスタイルの道具の一つとして輝きたいというデザインへと変更しています。ここでは新型シエンタの外観デザインについて紹介します。

文・写真/萩原 文博

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博
Chapter
新型シエンタのデザインはライフツールとしての機能性を表現
新型シエンタは親しみやすいフロントマスク
フランス車の香りがするサイドビュー
リアビューは安定感のあるスタイル
新型シエンタは愛着の感じられる外観

新型シエンタのデザインはライフツールとしての機能性を表現

先代シエンタのデザインキーワードは「Active&Emotional」で、アクティブなツールを手に入れて、気分を盛り上げたい!でした。新型シエンタはアクティブさを狙った先代モデルから、ライフツールとしての機能性を表現する「Emotive Life Tool」“日常を彩り、愛着が沸くちょっといいモノ”という方向へシフトしています。

このコンプトを実現するため、新型シエンタはシンプルなモチーフ「シカクマル」を採用。コーナー部を丸くする効果はボディをコンパクトに見せることだけではありません。取り回しの良さにもつながっています。

新型シエンタは親しみやすいフロントマスク

先代モデルはキーンルックと呼ばれトヨタのデザインコンセプトを採用していましたが、現行モデルでは路線を変更し、親しみやすいフロントマスクとなっています。

フロントグリルのモールはグレードによってブラックと金属調加飾となっていますが、TV-CFのメインキャラクターのとおり、ワンコをイメージさせる愛着のわくフロントマスクとなっています。厚みのあるフロントマスクにすることで、運転席からの見切りも良くなり、運転しやすさにも貢献しています。

正面から新型シエンタを見ると、ボディ上部から下部に進むに連れて幅が広くなっており、安定感のあるデザインとなっています。

また、フロントバンパーサイドには明るいブラックのプロテクションを装着。このプロテクションを装着することで、プラットフォームにキャビンが乗っているように見え、ボディ全体がコンパクトに見えるのも特徴です。

フランス車の香りがするサイドビュー

新型シエンタのサイドビューは、ボディ下部に装着されたプロテクションが、どことなくフランス車のような香りがします。この部分によってツール感や安定感を演出していると言えるでしょう。

またフロントドアとリアスライドドアに挟まれたセンターピラーは通常はブラックとなりますが、内装色カーキ(ファンツールパッケージ)を選択すると、カラードとなります。

6ライトを採用しているシエンタのサイドビューですが、ボディが長く見えないように、リアスライドドアの後方から延びる緩やかな弧を描く見切り線を入れ、それをリアのコンビネーションランプに繋げるなどの工夫が施されています。

リアビューは安定感のあるスタイル

新型シエンタのリアコンビネーションランプは、LEDテールランプ&LEFストップランプ+ターン&バックアップランプ。上級グレードはLEDライン発光テールランプ&LEDストップランプ+ターン&バックアップランプを採用しています。

高い位置にリアコンビネーションランプを装着することで、リアハッチの開口幅を拡大できるだけでなく、安定感のあるスタイルのデザインとなっています。

ボディカラーは日常に溶け込むオフ・ニュートラルカラーを中心としたモノトーン8色と2トーンカラー2色の合計10色を用意しています。

新型シエンタは愛着の感じられる外観

​新型シエンタはフロントのデザインを犬をモチーフとしたことで、愛着を感じられるようになりました。また、ルーミーレスなウィンドウ、「シカクマル」なシルエットなどの工夫をこらし、車内が大きく見えないようデザインされています。

また、サイドに採用されたプロテクションによってより安定感を演出し、輸入車の商用車のようなツール感を醸し出しています。

商品詳細