トヨタ 新型シエンタ「HYBRID Z」の見積りを取ってみた!気になる納期や人気モデルも紹介【見積価格:343万9,710円】

トヨタ 新型シエンタ 見積書

2022年8月23日に発売が開始されたばかりのトヨタ 新型シエンタ。

今回のフルモデルチェンジで3代目となったシエンタは、初代より受け継ぐ「コンパクトカーの運転のしやすさ」「ミニバンの利便性」を進化させ、これまで以上に日本の家族の生活に寄り添った車となりました。

今回は、そんな新型シエンタの最上位グレードの見積りについてご紹介します。

Chapter
トヨタ 新型シエンタの特徴は?
トヨタ 新型シエンタは快適で使い勝手も抜群!
トヨタ 新型シエンタの見積り価格は343万9,710円!

トヨタ 新型シエンタの特徴は?

今回登場した新型シエンタは、様々なシーンで気兼ねなく使えるツール感溢れたデザインとなっています。

エクステリアは、広い室内空間と取り回しの良さを具現化したデザインとなり、ベルトラインを水平にした大きなキャビン、良好な視界と運転しやすい見切りを表現したルーミネスなウインドウ、コーナー部を丸くしてコンパクトに見せ、取り回しの良さにもつながる効率的なシルエット、大きなサイドプロテクションモールが特徴的です。

インテリアは、使う楽しさを拡げ、心地よい室内空間を演出するデザインとされて、シンプルかつ愛着のわくものとなっています。ファブリックを用いた薄く軽快な水平基調のインストルメントパネルにも、そのこだわりは現れています。また、アッパー部前端から左右のドアベルトラインへのシームレスな繋がりによって、室内空間の広がりと車両感覚のつかみやすさをサポートしてくれます。

トヨタ 新型シエンタは快適で使い勝手も抜群!

クラストップレベルとなる最大1,000mm(従来型比+80mm)の前後カップルディスタンスを実現し、2列目の居住性を向上しています。買い物かごを足元にそのまま置くことも可能でしょう。

また、先代からの330mmと低いフロア地上高や段差のないフラットなフロアを踏襲しつつも、パワースライドドア開口部の高さを1,200mm(従来型比+60mm)に広げ、後席への優れた乗降性を実現しています。子供から高齢者まで家族みんなが楽な姿勢で乗降できるような配慮と言えるでしょう。

加えて、バックドア開口部の高さを15mm(従来型比)拡大。荷室高も20mm(従来型比)高くしたことで、よりスムーズな荷物の出し入れを実現しています。突然の雨で子供の迎えに出かけた際、27インチタイヤの自転車でもハンドルを開口部にとられることもなく積載が可能となっています。

このように、新型シエンタにはさまざまな嬉しい機能が用意されており、まさにやさしさをいっぱい詰め込んだ一台と言えるでしょう。

トヨタ 新型シエンタの見積り価格は343万9,710円!

メーカー:トヨタ
車種:シエンタ「HYBRID Z」
外装色:ホワイトパールクリスタルシャイン
型式:MXPL10G-MWXUB
駆動:FF
ドア:5
定員:7

メーカーオプション:ホワイトパールクリスタルシャイン(3万3,000円)、AC(1500W)+シフトサイドポケット(USB1個付)+Dセキシートバックスマホポケット(USB2個付)(4万4,000円)、ETC2.0ユニット+ドライブレコーダー(前方+後方)(3万1,900円)、トヨタチームメイトアドバンストパーク+パーキングサポートブレーキ(周囲静止物)(9万3,500円)、8インチディスプレイオーディオ(コネクトナビ対応)+TV(フルセグ)(3万3,000円)、コンフォートパッケージ(7万9,200円)、ファブリック/フロマージュ(0円)

ディーラーオプション:オリジナルフロアマット(ベーシック)3列用(2万6,400円)、ポリマーコーティング(4万4,000円)

【見積もり内容】
車両本体:291万円
メーカーオプション:31万4,600円
ディーラーオプション:7万400円
税金・保険料等:3万2,770円
販売諸費用等(課税):5万7,050円
預かり法定費用等:2万290円
その他:3万4,600円

支払総額:343万9,710円

販売は2022年8月23日より開始されています。また気になる納期ですが、ディーラー担当者によると、最短で2023年1月頃、長いもので4月頃のようです。これは、グレードの違いではなく、主にオプション装備のコンセントの有無が要因となっており、コンセントがない方が納期が長くなりがちでコンセントありのほうが短めのようです。

また、ボディーカラーはホワイト系、グレードは「HYBRID Z」の7人乗りが人気のようです。これは、リセールが良い点、7人乗り5人乗りは価格差がさほどない点が関係していると担当者は話します。