トヨタ 新型3代目シエンタを試乗レビュー【プロ徹底解説】

トヨタ シエンタ

3代目に進化したトヨタシエンタ。その魅力は見た目だけではありません。クルマの骨格にあたるプラットフォームをはじめ、ヤリス譲りの最新鋭のパワートレインを搭載し、優れた走行&燃費性能も発揮します。ここでは新型シエンタを試乗してわかった、良い点と改善点をご紹介します。

文・写真/萩原 文博

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博
Chapter
試乗車種の詳細
新型シエンタは使いやすさが徹底された車
セカンドシート座面の短さが惜しい
新型シエンタはホスピタリティの光る車

試乗車種の詳細

今回試乗したのは、ガソリン車のシエンタ1.5Z 7人乗り車両本体価格は256万円です。試乗車はオプションカラーの3万3000円のホワイトパールクリスタルシャインをはじめ、5万5000円のアルミホイール、2万7500円のパノラミックビューモニター。2万7500円の天井サーキュレーター+ナノイーX、8万9100円のディスプレイオーディオプラス。前後ドライブレコーダー+ETC2.0ユニット3万1900円。

さらに、UVカット・IRカット機能付きウインドシールドグリーンガラス(合わせ・高遮音性ガラス)やシートヒーター、ステアリングヒーターなどがセットとなったコンフォートパッケージ、7万9200円。そしてフロアマット4万2900円の38万6100円のオプション装備が装着され、合計294万6100円の仕様となっています。

新型シエンタは使いやすさが徹底された車

シエンタに乗ってまず感じたのは、視界の良さです。ベルトラインを水平にした効果で、開放感を感じられるだけでなく、ドライバーは良好な視界が確保されています。また、クルマの角を丸くした「シカクマルシルエット」によってクルマの見切りが良く、非常に取り扱いやすいのが特徴です。

また、フラットな床面は、フロア地上高330mmと低く、セカンドそしてサードシートへのアクセスがラクラクできます。さらにリアスライドドアの開口部の高さを従来モデルより60mm高めた1,200mmを実現。子供からお年寄りまで誰でも楽な姿勢で乗降できるように配慮されています。

バックドアの開口部の高さも従来モデルより15mm拡大しています。同時に荷室高も20mm高くしたことで、スムーズな荷物の出し入れが可能。サード&セカンドシートをすべて倒すと27インチの自転車もラクラク積載することができます。

先代モデルと同じ1.5Lエンジンですが、先代は4気筒だったのに対して、現行型は3気筒となりました。1気筒減ったデメリットとして振動や騒音が挙げられますが、現行型シエンタは対策がバッチリです。アクセルペダルを踏むと3気筒らしいキビキビとした軽快な加速性能を発揮する一方で、振動や騒音は非常に抑えられています

これは、車両の主要骨格に採用された構造用接着剤やルーフパネルに採用されたマスチックシーラーの一部を高減衰タイプに変更したことによる効果です。車高の高いシエンタですが、前後、左右の揺れも非常に抑えられていて、小さいお子さんが乗っていても安心できます。無駄な動きがなく、高い静粛性とスムーズで軽快な走行性能が現行型シエンタの特徴です。

そして、フルモデルチェンジして最も変わったのが運転支援システムです。先代ではかなり物足りない面がありましたが、現行型は最新鋭のトヨタセーフティセンスを採用しました。衝突被害軽減ブレーキのプリクラッシュセーフティは、事故の割合が高い交差点でも支援を拡大しています。

セカンドシート座面の短さが惜しい

シエンタに乗って感じた改善点は2点です。一点目はシートアレンジを優先しているため、セカンドシートの座面がわずかに短い感じがしました。そして、もう一点は現在のところハイブリッド、ガソリン車ともに最上級グレードのZしか手に入らないこと。しかも新車の納期が長期化していることです。

新型シエンタはホスピタリティの光る車

TNGAプラットフォームの採用に加えて、構造用接着剤やルーフマスチックへの高減衰タイプの採用などによって、先代モデルからクルマの走行&静粛性能はワンランク向上しています。2列目シートの足元の広さを拡大しただけでなく、リアスライドドアの開口部の高さを広くするなど、誰にでも優しいクルマに仕上がっています。

さらに、手に荷物を持っていてもカギを持っていれば、フロントドア下側に足を出し入れすることで、自動でドアを開閉できるハンズフリーデュアルパワースライドドアを採用するなど使用者を考えた高いホスピタリティが光ります。

商品詳細