トヨタ 2代目シエンタ(NSP170G/NSP172G/NCP175G/NHP170G型)の10のグレードを徹底比較!車中泊におすすめのグレードはこれだ!!

トヨタ・2代目シエンタ

2003年の登場以来、コンパクトなミニバンとして幅広いユーザーに支持されてきたトヨタ シエンタ。2015年にはトヨタ 2代目シエンタ(NSP170G/NSP172G/NCP175G/NHP170G型)へとフルモデルチェンジし、ハイブリッドモデルが追加されるなどさらに多くのニーズに応えられるクルマへと進化しました。

今回は、そんな2代目シエンタにはどのようなグレードがあるのかを紹介していきます。

Chapter
トヨタ 2代目シエンタ FUNBASE X【価格:180万9,500円~】
トヨタ 2代目シエンタ FUNBASE G【価格:205万7,000円~】
トヨタ 2代目シエンタ FUNBASE G Cuero【価格:217万3,000円~】
トヨタ 2代目シエンタ X【価格:185万200円~】
トヨタ 2代目シエンタ G【価格:209万8,000円~】
トヨタ 2代目シエンタ G Cuero【価格:221万4,000円~】
トヨタ 2代目シエンタ FUNBASE G"GLAMPER"【価格:206万8,000円~】
トヨタ 2代目シエンタ FUNBASE G"Safety Edition"【価格:215万5,000円~】
トヨタ 2代目シエンタ G"GLAMPER"【価格:201万9,000円~】
トヨタ 2代目シエンタ G"Safety Edition"【価格:219万6,000円~】

トヨタ 2代目シエンタ FUNBASE X【価格:180万9,500円~】

「FUNBASE X」は、トヨタ 2代目シエンタのエントリーグレードにあたるモデルです。

登場当時、シエンタはコンパクトなボディーに3列シートを持つミニバンとして発売されましたが、2018年のマイナーチェンジで2列シートモデルとしてFUNBASEシリーズが加わりました。

「FUNBASE X」は、そのなかでもっとも価格の低いグレードとして、現在は2代目シエンタのエントリーモデルに位置づけられています。

最廉価グレードではありますが、他のほとんどのグレートと同様にガソリンエンジンモデルとハイブリッドモデルがラインナップされ、もともと広い室内空間を持つミニバンを2列シート仕様としたことでリヤシート(後席)とラゲッジスペース(荷室)に広大なスペースを確保。

レジャーや旅行などで使い勝手の良いコンパクトカーへと進化を遂げました。

価格は全グレード中もっとも低く、ガソリンエンジンモデルが180万9,500円、ハイブリッドモデルが222万7,500円で、両者の差額は41万8,000円となっています。

トヨタ 2代目シエンタ FUNBASE G【価格:205万7,000円~】

「FUNBASE G」は、シエンタの5人乗りバージョンであるFUNBASEシリーズのスタンダードグレードです。

「FUNBASE X」では省略されていたトヨタ独自の安全装備である「Toyota Safety Sense」を標準装備し、レーザーレーダーと単眼カメラを組み合わせたプリクラッシュセーフティーやレーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームなどの機能が盛り込まれています。

パワーユニットは他のほぼ全てのグレードと同様に、ガソリンエンジンモデルは排気量1.5L 直列4気筒の2NR-FKE型で最高出力80kW(109PS)/6,000rpm、最大トルク136Nm(13.9kgm)/4,400rpmを発生。

ハイブリッドモデルは同じ排気量の1NZ-FXE型にモーターを組み合わせ、システム最高出力99Nm(135PS)、最大トルク280Nm(28.5kgm)を発揮。

燃費は実際の走行状況に近いとされるWLTCモードで、ガソリンエンジンモデルが17km/L、ハイブリッドモデルは22.8km/Lを誇っています。

価格はガソリンエンジンモデルが205万7,000円、ハイブリッドモデルが242万3,000円で、「FUNBASE X」と比べるとガソリンエンジンモデルで24万7,500円、ハイブリッドモデルが19万5,000円アップしています。

<次のページに続く>
次ページ
トヨタ 2代目シエンタ FUNBASE G Cuero【価格:217万3,000円~】

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道