【東京オートサロン2022】株式会社DTMはブレーキキャリパー「MK63改」を復刻!アウディ TT RS デモ車両も中ホール5にて展示

TAS2022 DTM

2年ぶりの有観客開催となった東京オートサロン2022。

株式会社DTMのブースでは、旧車界隈で人気のブレーキキャリパー「MK63改」の復刻版を展示

ブレーキパッドの「World1(ワールドワン)」、エンジンオイルの「ADVANTAGE NEO(アドバンテージネオ)」も取り揃えています。

その展示の概要と注目ポイントを担当者に聞いてみました。

Chapter
日産系の旧車スポーツカー向けのブレーキキャリパー「MK63改」復刻版が登場
軽自動車専用4POTキャリパーセット「DTM K4」登場!
ブレーキパッドの「World1」、エンジンオイルの「ADVANTAGE NEO」
チューニングショップ「UNPARALLELLED」で仕上げられたアウディ TT RSも展示

日産系の旧車スポーツカー向けのブレーキキャリパー「MK63改」復刻版が登場

「MK63改」とは、DTMから発売されている日産の旧車向けブレーキキャリパー。

S30フェアレディZやKPGC10スカイライン(通称ハコスカ)などの車種で定番とも言えるパーツであるため、「MK63改」復刻版の登場は日産系旧車ユーザーにとって朗報と言えるでしょう。

軽自動車専用4POTキャリパーセット「DTM K4」登場!

さらに、多くのニーズに応え軽自動車専用の4POTキャリパーセットもラインアップ。

コペン(L880K)やアルト(HA36S)をはじめ様々な軽自動車に装着可能です。

ブレーキパッドの「World1」、エンジンオイルの「ADVANTAGE NEO」

世界No.1を目指すプレミアムブレーキパッド「World1(ワールドワン)」、多くのユーザーに愛されているエンジンオイル「ADVANTAGE NEO(アドバンテージネオ)」も展示されていました。

チューニングショップ「UNPARALLELLED」で仕上げられたアウディ TT RSも展示

株式会社DTMのブースに展示されていたアウディ TT RSは、埼玉県三芳町のチューニングショップ「UNPARALLELLED(アンパラレルド)」でチューニングされた1台。

純正キャリパーからUNPARALLELLED製キャリパーへの変更、またEventuri(イベンチュリ)製のカーボンインレット&フィルターハウジングなど、様々な部分に手が加えられています。

株式会社DTMのブースは、日産の旧車オーナーやスポーツ走行を楽しむユーザーに役立つ商品をラインアップしています。

気になる方は中ホール5を訪れてみてはいかがでしょうか。

CarMe編集部

新車・自動車ニュースのWEBマガジン「CarMe[カーミー]」を運営。
「カーライフを楽しむ全ての人に」を理念に掲げ、編集に取り組んでいます。

CarMe編集部