先代モデルを振り返る!トヨタ 9代目200系ランドクルーザーのラゲッジルームの使い勝手を徹底解説(3BA-URJ202W-GNTVK/GNTAK/GNTAK-G/GMTNK型)

ランドクルーザー

2021年6月10日に発表された、トヨタ ランドクルーザーの新たなフラッグシップ「300系」。

世界中で販売されてきたSUVの代名詞とも言えるランドクルーザーの新モデルとあって、新たなプラットフォームを含む数々の最新技術と安全性能に高い関心が集まっています。

しかし、今回フラッグシップとしての座を譲ることになったトヨタ 9代目200系ランドクルーザー(3BA-URJ202W-GNTVK/GNTAK/GNTAK-G/GMTNK型)の人気も衰えを見せていません。

2007年の登場以来、2011年と2015年にマイナーチェンジされるなど数多くの仕様変更を経て進化を続けてきた200系ランドクルーザーは、あらゆる道を力強く疾走する性能を持ちながらも広く快適な居住空間に抜群の収納性能を備えており、今なお多くの方にとって憧れのオフローダーです。

人々を魅了してやまない200系ランドクルーザーの魅力はどこにあるのか、今回はラゲッジルーム(荷室)の使い勝手に着目して詳しく迫っていきましょう。

Chapter
トヨタ 9代目200系ランドクルーザーとはどんなクルマ?
トヨタ 9代目200系ランドクルーザーのシートアレンジが生み出す多彩なラゲッジルームとは?
トヨタ 9代目200系ランドクルーザーはラゲッジルームの使い勝手とリアシートの快適性が両立している!
トヨタ 9代目200系ランドクルーザーの豊富なラゲッジルーム向けオプションを紹介!

トヨタ 9代目200系ランドクルーザーとはどんなクルマ?

トヨタ ランドクルーザーはパワーユニットから4WD(4輪駆動)としての性能、それに先進技術や安全性能に至るまで、操作性を含む基本設計と全てが卓越したSUVです。

1951年に誕生して以来、世界170の国と地域で累計1,040万台、年間30万台以上を販売してきたランドクルーザーのフラッグシップとして愛されてきたランドクルーザー。

生誕70周年となる2021年、新たに発表された「300系」にその座を譲ることにはなりましたが、ランドクルーザーは今も人々に愛されています。

その理由は何と言っても、あらゆる性能が現行モデルとしても十分通用する競争力を持っているからに他なりません。

パワーユニットは4.6L のV8エンジンで318PS・最大トルク46.9kgf/mを発揮し、6 Super ECTと呼ばれるスーパーインテリジェント6速オートマチック・トランスミッションと、シーケンシャルシフトマチックが4.6L V8エンジンのパワーを余すことなく駆動輪に伝えます。

4WDとしての性能はROCKやMOGUL、それにMUD&SANDなど5つのモードから路面状況に応じてマルチテレインセレクトが駆動力を4輪に最適分配するため、特に凹凸の激しいオフロードや滑りやすい路面での走破性が向上しているなど、4WDのポテンシャルを最大限に引き出すテクノロジーが採用されているのです。

また、オフロード走行をサポートする機能も充実しています。

車両周囲の状況確認を4つのカメラがサポートするマルチテレインモニターや、アクセル・ブレーキ操作なしに極低速走行を可能にするクロールコントロール、雪道などの悪路でも安定走行を実現するアクティブトラクションコントロールに坂道発進を容易にするヒルスタートアシストコントロールなど盛りだくさん。

類まれなオフロード走行を実現する基本性能も優れており、ねじり剛性や曲げ剛性に優れたラダーフレームや急な斜面や大きな凹みのある荒れた道でも接地性を発揮するサスペンションの採用により、最大安定傾斜角44°、登坂能力45°、最大渡河性能は700mmに達しています。

もちろん、安全性を支援する機能も充実しており、「Toyota Safety Sense」を標準装備。

これは「ぶつからない」をサポートするミリ波レーダーと単眼カメラによるプリクラッシュセーフティ、「ついていく」をサポートするブレーキ制御付のレーダークルーズコントロール、道路上の白線(黄線)をカメラが認識し「はみ出さない」をサポートするレーンディパーチャーアラート、そして「夜間のみやすさ」をサポートするオートマチックハイビームから構成され、JNCAP予防安全性能評価で最高ランクを獲得したほどです。

ランドクルーザーはその全てが圧巻のスケールで、世界をリードするSUVで有り続けることが出来たのも納得といえるでしょう。

トヨタ 9代目200系ランドクルーザーのシートアレンジが生み出す多彩なラゲッジルームとは?

トヨタ ランドクルーザーのラゲッジルームは、リアシート(後席)との連携による多彩な変化をシートアレンジで実現しています。

そのバリエーションは5つにも及び、ラゲッジルームが最も広い空間となるセカンドシート折りたたみ・サードシート跳ね上げ状態では、ラゲッジルーム幅が990mm、ラゲッジルーム長が1,685mm、ラゲッジルーム高が1,100mmというスペースが出現するのです。

また、乗車人数や荷物の量に合わせシートアレンジは幅広く対応しており、サードシートまで乗員が占めるセカンドシート左側スライド+セカンドアームレスト使用状態の他にも、サードシートを跳ね上げたサードシートスペースアップ状態、セカンドシート右席を折りたたみサードシートを跳ね上げたセカンドシート右側タンブル+サードシートスペースアップ状態も。

加えて、セカンドシート左席とサードシート左席をそれぞれ前倒すことで、長い荷物の積載に適したセカンドシートバック左側前倒し+サードシートバック左側前倒し状態を選ぶことができます。

そして、ランドクルーザーのラゲッジルーム利便性は5つのシートアレンジを使い分けることができるだけではありません。

セカンドシートがワンアクションで簡単に折りたたみが可能であるうえ、90mmのスライド量を確保しているほか、サードシートの跳ね上げも簡単で格納・固定が容易にできるようになっているのです。

特にZXに標準装備されているセミパワーモードは、スイッチを押すだけでシートバックが倒れると共にシートが跳ね上がり、ワンタッチでスペースアップ状態になるため、シート上部を押さえてロックすれば完了というお手軽さ。

もちろん、シート復帰もロック解除レバーを引くだけと便利なことこのうえありません。

ランドクルーザーのラゲッジルームはリアシートとの組み合わせで必要な空間を出現させることができるだけでなく、使い勝手の良さにまで配慮されているのです。

トヨタ 9代目200系ランドクルーザーはラゲッジルームの使い勝手とリアシートの快適性が両立している!

トヨタ ランドクルーザーのリアシートはラゲッジルームとの組み合わせが豊富であることから、リアシートの居住性や快適性が損なわれているのではないかと考える方もいるかもしれません。

しかし、ランドクルーザーに限ってはその心配は不要。

リアシートはラゲッジルームとの連携による使い勝手の良さに関わらず、快適なドライブを楽しめるようになっているのです。

セカンドシートの左右席にはシートヒーターが備えられ、ハイ/ローの2段階で温度切替えが可能になっているため、寒い冬はもちろん、夏の冷房中にも効果を発揮してくれます。

また、前後左右独立温度コントロールフルオートエアコンが車内の居住空間を運転席、助手席、セカンド/サードシートの右席、左席と4分割に調整可能としているため、リアシートの乗員も快適に過ごすことができるほか、エアコンの吹出し口も天井から足元まで28ヶ所にも設置されているのです。

そして、リアシートの快適性を保証してくれる安全性能もランドクルーザーは一流です。

キャビンには10個ものエアバッグが装備され、衝突時の被害を軽減。

セカンドシート左右席のSRSサイドエアバッグは、車両側方からの衝突によって強い衝撃を受けた場合に胸部への衝撃を緩和してくれ、ルーフサイドレール部に格納されているSRSカーテンシールドエアバッグが頭部の側面を覆うように広がることで頭部への衝撃を緩和してくれます。

衝突時の空間確保にも工夫が施されています。

キャビンの変形を極力抑え、フレームのオフセット量を低減して衝突時の衝撃を効率よく吸収する構造や、サスペンションが吸収しきれない衝撃が加わった場合にキャビンより前方が折りたたまれるように潰れるクラッシャブル構造を採用することで、乗員の安全への配慮も万全。

ラゲッジルームとのバリエーションもさることながら、ランドクルーザーのリアシートは快適性、安全性も十分過ぎるレベルを確保しているといえるのではないでしょうか。

トヨタ 9代目200系ランドクルーザーの豊富なラゲッジルーム向けオプションを紹介!

トヨタ ランドクルーザーには、ラゲッジルーム向けのオプションも数多く用意されています。

まずラゲッジトレイは、濡れた荷物を気にせずに積むことが出来る防水タイプのトレイのため、アウトドアで使う機会が多い方には必須。

外周縁付で撥水機能を持ち、新素材の採用によって滑り止め機能が強化されたラゲッジソフトトレイやトランクルームを汚れから守るトランクマットも用意されているので、アウトドアを楽しみたい方にはおすすめのオプションといえます。

またテールゲートマットは、荷物の積み降ろし時にテールゲート部やラゲッジリアフィニッシュ部への汚れ・傷付きを防止できるほか、他のラゲッジマットとの併用も可能のため、備え付けておきたいところです。

両脇に跳ね上げたサードシートを守るためのシートケース(サードシート用)は、外側に地図等の小物収納が可能なメッシュポケットが付いていることから、ラゲッジ搭載物による汚れからサードシートを守るだけでなく便利さも兼ね備えています。

他にも、ランドクルーザーの車体やシートだけでなく荷物を固定するラゲッジネットはバックドアを開けた際の荷崩れ軽減に力を発揮してくれるうえ、バックドアの開閉に連動してLEDライトが荷物を照らしてくれるラゲッジLEDは夜間の使い勝手向上に役立つなど便利なオプションも多数ラインアップ。

ランドクルーザーのラゲッジルームは、オプションを活用することでアクティブな生活をさらに心地よくサポートしてくれるのです。

世界をリードするランドクルーザーのフラッグシップとして輝き続けてきたトヨタ ランドクルーザーのリアシートは、シートアレンジによってラゲッジルームの空間を多彩に変化させるだけでなく、安全性や快適性においても高い性能を持っていることがわかりました。

あらゆる点から満足出来るSUVとしての真価が発揮されているランドクルーザーは、これからも人々の心に残っていくことでしょう。

※2021年7月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道