【プロ解説】ランクルのライバルはパジェロだった?! トヨタランドクルーザーのライバルと徹底比較&紹介!

2017年10月、マイナーチェンジを果たしたトヨタランドクルーザー プラド。ランドクルーザープラドは、力強さと先進性をより一層高めたエクステリアに変更され、「Toyota Safety Sense P」という安全装備を全車に標準装備しています。さらに、ランドクルーザーシリーズとして初めてリヤディファレンシャルに採用したトルセンLSD。TZ-Gには、シーンに合わせて5つの走行モード(NORMAL、ECO、COMFORT、SPORT S、SPORT S+)を選択できるドライブモードセレクトを標準装備しています。
今回は、トヨタランドクルーザープラドの外装、内装、安全装備、グレード別の違い、人気カラー、座席や荷室(ラゲージスペース)、オプション装備にライバル比較など、あらゆる視点からトヨタランドクルーザープラドをひも解いていきます。

文/写真・萩原文博

Chapter
ランクルプラドのライバルはパジェロ?
ランクルプラドもパジェロもラダーフレームがベースとなる
ランクルの永遠のライバルはパジェロだった
動画でもランクルを体感しよう!陸の王者、トヨタ ランドクルーザープラド!その快適性と使い勝手を徹底チェック!

ランクルプラドのライバルはパジェロ?

トヨタ ランドクルーザー プラド 萩原文博

トヨタランドクルーザープラドのライバルと言えば、2019年8月に日本市場での販売に幕を下ろした三菱パジェロです。最終モデルとなった4代目パジェロは2006年10月に登場しました。2009年に登場する現行型ランドクルーザープラドは5ドアのロングボディ車のみとなりますが、パジェロは3ドアのショートボディ、5ドアのロングボディという2タイプを用意していたのが特徴です。 

三菱 パジェロ ファイナルエディション

パジェロのボディサイズは3ドアのショートボディが全長4385mm×全幅1875mm×全高1850mm。一方の5ドアのロングボディが全長4900mm×全幅1875mm×1870mmとなっています。

三菱 パジェロ

5ドア ロングボディ 全長4900mm×全幅1875mm×1870mm

トヨタ ランドクルーザー プラド 萩原文博

全長4825mm×全幅1885mm×全高1850mm

現行型ランドクルーザープラドのボディサイズが全長4825mm×全幅1885mm×全高1850mm。パジェロがリアゲートにスペアタイヤを搭載していることを考えると、ランドクルーザープラドとパジェロのロングボディ車はほぼ同じサイズとなっています。

ランクルプラドもパジェロもラダーフレームがベースとなる

三菱 パジェロ 2015

 パジェロはボディの骨格にラダーフレームビルトインモノコックボディを採用し、単純なラダーフレーム車に比べてねじれ剛性・曲げ剛性ともに約3倍というボディ剛性を実現しています。その結果、高レベルの走行性能と快適性を両立。パジェロの原点とも言える悪路走破性の高さに加えて、オンロードでの高速そう高性能をバランス良く融合させ、現在のオフローダーに求められる高い要求をクリアしています。

三菱 パジェロ

また、大きな面積を占めるエンジンフードにはアルミニウムを採用。さらに、動力を伝えるプロペラシャフトにはカーボン繊維強化樹脂を採用。前面衝突時にプロペラシャフトが破壊されながら、衝撃を吸収します。 パジェロのサスペンションにはフロントがダブルウィッシュボーン、リアはマルチリンクという四輪独立懸架式を採用。

三菱 パジェロ

常にタイヤを路面へ設置させるジオメトリー特性とバネ下重量の軽さに加えて、4輪がそれぞれ、最適な角度で路面に接地するので、オンロード・オフロードを問わず、高速道路での洗練された操縦安定性を発揮します。パジェロに搭載されていたエンジンは最高出力178psを発生する3LV6SOHCガソリンエンジンと最高出力190psを発生する3.2L直4ディーゼルターボエンジンの2種類。組み合わされるミッションは5速ATでした。 このハイパワーなエンジンをフロントミッドシップに搭載し、採用された駆動方式は定評のあるスーパーセレクト4WD II。

パジェロ

この4WDシステムはあらゆる路面での操縦性の高さと4WDの優れたトラクションや安定性を実現するために、悪路走破性を重視した4LLcモードから低燃費走行を実現する2Hまで4つのモードを設定。このモードの切り替えは走行中でもトラスファーレバーを操作することにより、切り替えが可能となっています。

ランクルの永遠のライバルはパジェロだった

三菱 パジェロ

また、滑りやすい路面や緊急回避時の急なハンドル操作による車両の不安定な動きや車輪のスリップを抑制して、安定走行を指させる悪エィ部スタビリティコントロール(ASC)。そして雪道などの滑りやすい路面での発進時などでスリップを感知すると、その他いやにブレーキをかけるとともにエンジンの出力を最適に制御するアクティブトラクションコントロール(ATC)という2つの電子デバイスによってスムーズな発進・加速をサポートします。 オン・オフ問わない高い走行性能で、世界でも人気の高いパジェロ。

トヨタ ランドクルーザー プラド 萩原文博

クルマのコンセプトやボディサイズなどはランドクルーザープラドのライバルといえる存在でしたが、2019年8月で生産終了となり、現在はランドクルーザープラドの独壇場となっています。

動画でもランクルを体感しよう!陸の王者、トヨタ ランドクルーザープラド!その快適性と使い勝手を徹底チェック!

陸の王者といえば、ランクル。2017年10月、マイナーチェンジを果たしたトヨタランドクルーザー プラド。ランドクルーザープラドは、力強さと先進性をより一層高めたエクステリアに変更され、「Toyota Safety Sense P」という安全装備を全車に標準装備しています。さらに、ランドクルーザーシリーズとして初めてリヤディファレンシャルに採用したトルセンLSD。TZ-Gには、シーンに合わせて5つの走行モード(NORMAL、ECO、COMFORT、SPORT S、SPORT S+)を選択できるドライブモードセレクトを標準装備しています。 今回は、トヨタランドクルーザープラドの外装、内装、安全装備、グレード別の違い、人気カラー、座席や荷室(ラゲージスペース)、オプション装備にライバル比較など、あらゆる視点からトヨタランドクルーザープラドをひも解いていきます。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ