ライバルはランドクルーザー!?マツダ CX-8をランクルと比べてみた【プロ徹底解説】

【東京モーターショー2017】マツダ  CX-8

2017年にデビューした、マツダの国内最大のSUVモデルとなるのがCX-8です。

ただ、大きなクルマというだけでなく、3列シートとすることで多人数乗車(MPV)としての側面も併せもっています。

デビュー直後の2018年と、翌2019年と2年連続で「国内3列シートSUV」の販売ナンバー1を獲得。

非常に高い人気を誇っています。

文・鈴木 ケンイチ/写真・山田 真人

鈴木 ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木 ケンイチ
Chapter
実はマツダ CX-8のライバルは少ない?
マツダ CX-8のライバルはトヨタ ランドクルーザー?
マツダ CX-8が優っているポイント
トヨタ ランドクルーザーが優っているポイント
両車が互角なポイントは?

実はマツダ CX-8のライバルは少ない?

CX-8のライバルは何か? というと、実は、あまり多くのライバルが存在しません。3列シートを持つSUVは、三菱アウトランダーのガソリン・エンジン車、日産エクストレイルの一部グレード、そしてトヨタ・ランドクルーザーです。ちなみに、欧州車であればメルセデス・ベンツのGLBとGLE、ランドローバー・ディスカバリーなどが存在します。

ただし、アウトランダーとエクストレイル、GLBは、CX-8よりも小さく、ランドクルーザーとGLE、ディスカバリーはCX-8よりも幅がありすぎとなります。ライバルが少ないということも、2年連続での「3列シートSUVナンバー1の販売台数」の理由の一つと言えるでしょう。

マツダ CX-8のライバルはトヨタ ランドクルーザー?

そうしたライバルの中で、あえて1台を選ぶとすれば、国産車で3列シートの人気モデルであるトヨタ・ランドクルーザーではないでしょうか。CX-8がマツダの最上位SUVであれば、ランドクルーザーもトヨタの最上位SUVです。

実際にランドクルーザーの販売は、堅調で、ランドクルーザーとプラドを合わせれば、常に年間で2万台近くも売れているとか。ただし、ランドクルーザーは3列シートだけでなく2列シートもあるため、「3列シート」に限ると、CX-8の方が売れているというわけです。

マツダ CX-8が優っているポイント

では、CX-8とランドクルーザーを比較して、CX-8が勝る点は何でしょうか? 

まず、言えるのは日常の取り回しの良さでしょう。CX-8は全長4900mm×全幅1840mm×全高1730mm。それに対してランドクルーザーは全長4950mm×全幅1980mm×全高1880mm。大きな差は、14cmも違う全幅です。ランドクルーザーは世界市場の向けた本格派のオフローダーです。そのため狭い日本での取り回しは、やはり日本向けに仕立てられたCX-8が勝ります。

また、燃費性能もCX-8が上。CX-8のディーゼル車であればWLTCモード燃費が4WDでも15.4km/L。ガソリンの2.5Lターボ車でも4WDが11.6㎞/L。一方、ランドクルーザーは4.6L V8ガソリンエンジンで最高6.9km/L。相当な差となります。また、CX-8は国内SUVの最上位とはいえ、価格は300万円弱から460万円といったところ。ランドクルーザーは480万円スタートで上は700万円弱、500万円台が中心ですから、価格面ではずいぶんとCX-8が身近になります。

トヨタ ランドクルーザーが優っているポイント

一方、ランドクルーザーが圧倒するのは、そのサイズ感が生み出す、室内空間の広々さ。そして、オフロードでの走破性能です。特に過酷な環境においてのランドクルーザーの走破性能と信頼性の高さは、乗用車ベースのCX-8とは比べものにならないほど高いと言っていいでしょう。

また、搭載するエンジンのパワフルさもランドクルーザーが上。最高出力234kW(318PS)/5600rpm、最大トルク460Nmを誇ります。

両車が互角なポイントは?

そして、互角だと言えるのが安全装備類です。現行型ランドクルーザーのデビューは2007年と古いのですが、たゆまぬ改良により、衝突被害軽減自動ブレーキをはじめACC、ブラインドスポットモニターやリアクロストラフィックアラートなどの先進運転支援システムは、最新モデルと遜色ない内容となっています。

最期にデザインと上質感に関しても同等と言えます。もちろんデザインの方向性は大きく異なります。CX-8はモダンで艶のあるデザインが魅力。そしてランドクルーザーは、やはりトヨタの最上位SUVとしてのゴージャスさが備わっています。どちらが優れるというよりも、好み、指向性の違いと言えるでしょう。

CX-8とランドクルーザーを比べてみると、どちらもマツダとトヨタの最上位SUVとして恥じない充実の内容です。

ただし、車格がランドクルーザーの方がひとつ上ということで、価格も大きな差となってしまいました。

とはいえ、3列シートの人気SUVとしては、意外と販売数も近いものがあるはずです。

【3列シートSUV】はなぜ"売れる"の?マツダ CX-8を土屋圭市が30分 徹底チェック!マツダのディーゼルエンジンのトルクと加速にチーム国光RQの沢すみれさんも思わず・・?車選びドットコム【公式】


商品詳細