ホンダ オデッセイを徹底評価…良い点や改善点をプロが試乗レビュー!

ホンダ オデッセイ アブソルート EX  2020年

ホンダ オデッセイといえば、低い全高とそこからもたらされる高い走行性能で人気を獲得してきたミニバンですが、2013年にデビューした現行型は、商品力をより高めるべく、全高を高め、リアドアをスライド式にするなど、大幅なスタイルチェンジを図ってきました。

となると気になるのは、評判の良かった走行性能の変化です。ここでは、2020年にマイナーチェンジを受けたe:HEV アブソルートEXを試乗し、良い点や改善点を考えてみました。

文・写真/萩原 文博

Chapter
優れたハンドリングとフラットな乗り味は◎
セカンドシートの居住性がもう少しアップすれば…

優れたハンドリングとフラットな乗り味は◎

今回、試乗したのは、車両本体価格458万円の最上級モデル、オデッセイ e:HEV アブソルートEXです。

外観デザインは、従来のスラントノーズを採用したスタイリッシュなフロントマスクから、厚みのあるフードと押し出し感のある大型グリルを採用した存在感のあるフロントマスクへと変更

デザインは人の好みがありますので、なんとも言えない部分はありますが、このクラスのトレンドにのったデザインと言えます。

秀逸なのは、ジェスチャーコントロールパワースライドドアハンズフリーアクセスパワーテールゲートという2つの電動化された装備。コロナ禍という時勢を考えると、直接手を触れることなく操作できるというのは、ひとつのポイントと言えるでしょう。

パワートレインは、2.0Lガソリンエンジンと2つのモーターを組み合わせたe:HEVと呼ばれるハイブリッドシステムです。

ホンダのe:HEVは、エンジンをサポートに使ういわゆるシリーズハイブリッド方式で、モーターによる走行を積極的に行うのが特徴で、低回転から最大トルクを発生するモーターの特性を上手に使っている印象です。

発信は、車両重量が1,930kgもあるボディをスッと押し出し、走行中、アクセルペダルを踏んでからのタイムラグの少ない加速フィールは国産Lサイズミニバンでもトップクラスです。

またモーター走行を積極的に行うことによって、WLTCモードでの燃費性能は19.8km/L。信号が少なく、速度変動の少ない郊外路では20km/Lを超える燃費も達成するほど優れた燃費性能を誇るのが特徴です。

優れたハンドリングとフラットな乗り味を実現した性能は、超低床プラットフォームによるもので、全高1,695mmという背の高いボディながら、高い捻り剛性を実現していて、無駄な動きが非常に少なくなっています。

また加速やブレーキ時の前後方向、カーブを曲がる際の左右の揺れすべてにおいて揺れの発生を抑えているのはやはり、ホンダだからこそできる乗り味だと思います。

安全装備もHonda SENSINGを核として充実しています。高速道路ではアダプティブクルーズコントロールをONにすれば、追従走行が可能で、渋滞時でも先行車が止まれば、自車も停止してくれるので、ドライバーの負担を軽減してくれます。

追従の制御もより緻密になり、加減速そしてステアリングの制御もまるで自分が操っていると錯覚するほど滑らかになっています。

<次のページに続く>
次ページ
セカンドシートの居住性がもう少しアップすれば…

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博