新型トヨタ ハリアーの収納機能は利便性が抜群!

今回はトヨタ 新型ハリアーの収納機能について紹介します。都会派SUVとして長年絶大な人気を獲得してきたトヨタ ハリアー。2020年6月17日に、満を持して4代目となる新型ハリアーが発売されました。

最近のトレンドでもある横一文字のテールランプが新たに採用され、より洗練されたデザインになったエクステリア(外装)。他にも、ブラックとブラウンを基調にした質感のあるインテリア(内装)、刷新された搭載エンジン、新たな搭載装備など、新たな魅力がたくさん加えられたモデルチェンジとなっています。

そんな新型ハリアーですが、その収納機能も忘れてはいけません。SUVである以上、使い勝手も良くなければ現代人の心を掴むことはできないでしょう。新型ハリアーには一体どんな収納機能が備わっているのでしょう。

文・PBKK

Chapter
トヨタ 新型ハリアーのフロントシートとリアシートの実用的な収納機能
トヨタ 新型ハリアーのラゲッジルームは広くてフラット!
トヨタ 新型ハリアーのラゲッジスペースはさらに広がる!
トヨタ 新型ハリアーの収納機能をアクセサリーでカスタマイズ

トヨタ 新型ハリアーのフロントシートとリアシートの実用的な収納機能

新型ハリアーの収納スペースは、過剰でもなく少なくもなく、欲しい部分にしっかり収納機能備えた実用的なデザインとなっています。

まず、馬の鞍をモチーフにしたというフロントシートのセンターコンソールには、500mLペットボトルやカップを2つ置くことができるコンソールカップホルダーが用意されています。この合成革巻きとなっているコンソールはソフトパッドで手触りも良く、スライド式を採用しているため位置の調節も簡単に行うことができます。

開くと中はボックスになっているので、車内で散らかりやすい小物の収納にもうってつけです。さらに、シフトレバーの奥にはオープントレイも設置されており、運転中、触らないスマートフォンなどをおいておく場所もしっかり準備されています。

助手席側には、普段使わない車検証等を入れておくことができるグローブボックスが備えられており、フロントドアとリアドア両方のそれぞれの内側には、ドアポケットも用意されています。このドアポケットは500mLペットボトルが入るほどの幅があるので、多少厚みのある物でもしまうことができます。

また、リアシートにもフロントシートと同様に、センターアームレストに500mLペットボトルを入れることができるカップホルダーが付いており、リアシートに座っていても飲み物の置き場所に困らないようになっています。

トヨタ 新型ハリアーのラゲッジルームは広くてフラット!

新型ハリアーは期待のクロスオーバーSUVということで、ラゲッジルーム(荷室)の積載能力も注目すべきポイントの一つです。テールゲートを開くと姿を表すラゲッジルームの中は、邪魔になるような出っ張りや段差もなく、一言でいえば広くてフラットな作りになっています。

そのため、ラゲッジルームの横幅は室内幅1,520mmとほぼ変わらないサイズの幅があり、奥行きもしっかり確保されているため、ラゲッジスペースには9.5インチサイズのゴルフバックを3つ収納することが可能となっています。

また、デッキボードが比較的高めの設計となっており、開口部の下側部分とラゲッジルーム内のデッキボードとの間の段差が少なくなっているので、荷物を積み込みやすく降ろしやす作りになっています。トノカバーは最近のトレンドに乗っ取って、ディーラーオプションで用意されています。

デッキボードの下も収納スペースになっており、グレードG以上には、スライド式のデッキボックスが装備されています。デッキボックスの下も収納スペースになっているので、出先で必要なちょっとした常備品やいざというときに必要な道具などを整理して収納しておくことができます。

そして、新型ハリアーのラゲッジスペースの使い勝手をさらによくしてくれる便利な機能が、ハンズフリーパワーバックドアです。

これは、グレードG以上には標準装備、グレードSにはオプション装備で用意されている機能で、クルマのスマートキーを携帯しておけば、リヤバンパー下部のセンサーに検知されるように足を出し入れするだけで、テールゲートを操作することが可能です。

大きな荷物や大量の荷物を抱えて両手が塞がっていても、手を使わずにテールゲートの開閉操作を行えるので、ラゲッジルームへの荷物の積み込みがスムーズに行えます。

このハンズフリーパワーバックドアには、怪我や事故を予防するための挟み込み防止機能や、テールゲートの開く位置を調節できる停止位置メモリー機能が搭載されており、操作性や安全面のこともしっかり考えられた機能となっています。

さらに、ラゲッジルームにはオプションでAC100V・100Wのアクセサリーコンセントを追加することも可能で、防災への意識が高まっている昨今、停電時の非常電源としても活用することができ、多機能で利便性抜群な収納スペースとなっています。

トヨタ 新型ハリアーのラゲッジスペースはさらに広がる!

新型ハリアーのラゲッジルームは、そのままでも十分な広さを備えていますが、シートアレンジを行うことで、そのスペースをさらに拡張し、より広いラゲッジスペースを確保することが可能です。

新型ハリアーのリアシートは、全て倒して折りたたむことで、フラットな状態を作り出すことができ、この状態にすると、車内の半分以上のスペースをラゲッジスペースとして利用することが可能となります。これにより、通常のラゲッジルームには入りきらない大量の荷物や大型の荷物も積み込むことができるようになります。

また、新型ハリアーのリアシートは6:4分割可倒式を採用しているので、左右独立したシートアレンジが可能です。

例えば、サーフボードや釣り竿などラゲッジルームの横幅では入りきらない細長い物を積み込みたい時には、リアシートの片側だけを倒してラゲッジスペースにすれば、反対側のシートは乗車スペースとして利用できるので、乗車スペースを確保しながら、荷物の積み込みも可能で、限られた車内スペースを有効に活用することができます。

シートアレンジを行うためのスイッチは、ワンタッチ式で操作に力もほぼいらないので、女性でも簡単に行えるようになっています。

スイッチはリアシートバックにあるので、ラゲッジ側からも操作することが可能ですが、ラゲッジ側からだと奥行きがあるので、スイッチの位置が遠く感じてしまう場合は、サイドに回って後部座席横側から操作するのがいいでしょう。

トヨタ 新型ハリアーの収納機能をアクセサリーでカスタマイズ

トヨタ 新型ハリアーは、アクセサリーにて車内の収納機能をさらに追加、カスタマイズすることができます。大手カー用品チェーン店・ジェームスの母体としても有名なトヨタモビリティパーツが製造・販売を手がけるアクセサリーは、4種類あります。

1つめは、エアコンドリンクホルダーです。運転席と助手席用に設計されたドリンクホルダーは、質感も高いデザインになっており、市販されている量販品のように車内の雰囲気を崩す心配もありません。350mlの缶・500ml/600mlのペットボトルに対応しており、運転中の飲み物を取りやすいすぐ横の手元に置いておくことができます。

2つめは、運転席のサイドに取り付けるサイドBOXゴミ箱です。これは運転席側のドアポケットにちょうど収まるサイズのゴミ箱で、フタを楽に開け閉めできるワンタッチタイプになっています。上部のフタの部分だけを取り外せば、楽にごみを捨てるのがさらに楽になります。

3つめは、電源BOXです。車体のアクセサリーソケットを使用して2.4A出力が可能なUSBポートを2口と電源ソケットを1口増設することができます。フロントコンソールに収まるコンパクトサイズなので、見た目をスッキリさせたままスマートフォンやタブレット等の充電を行うことが可能です。

最後の4つ目は、センターコンソールトレイです。こちらは元々装備されているセンターコンソールのカップホルダーの上にピッタリと収まるトレイとなっており、車のキーやスマートフォンなどをすぐ取り出せる位置に置くことができます。

表面は滑り止め防止のラバーシート加工となっているため、運転中の揺れや振動で置いた小物が落ちてしまう心配もありません。もちろん、トレイを持ち上げればカップホルダーも使うことも可能です。

ラゲッジルームやシート周りに用意された収納スペースは利便性抜群なだけでなく、質感高い雰囲気を崩さないよう見た目もこだわられています。

とくに、シート周りの収納スペースはただ小物を整理整頓するだけのスペースというよりも、全体のバランスを考えて設計されたインテリアの一部なのだと実感することができます。ぜひ一度試乗して、新型ハリアーの質感髙い雰囲気とその利便性の良さを実感してみてください。

299万円から買える新型ハリアーを42分徹底解説!トヨタの誇るプレミアムSUV新型ハリアーについて開発主査の小島氏を迎え色々とインタビューしました!

新型ハリアーが2020年6月に登場しました。ハリアーと言えば、トヨタの誇るプレミアムSUVで、特に若い人に人気のあるSUVになっています。 今回の新型ハリアーは、TNGA(GA-Kプラットフォーム)を採用していて、走りや質感も格段に向上しています。調光パノラマルーフや前後録画機能が付いている「デジタルインナーミラー」など新しい装備も満載!大注目の新型ハリアーをモータージャーナリストの工藤さんと共に、解説していきます。ハリアーの開発主査である小島さんのインタビューもあります!是非、最後までご覧ください!