トヨタ ハリアーの後部座席(リアシート)の使い勝手はいかに

1997年の発売以来、高級クロスオーバーSUVという新ジャンルを切り開いてきたトヨタ ハリアー。そして初代の登場から約20年たった2017年6月に「ハリアーネスのさらなる進化」をテーマにマイナーチェンジをむかえました。

2.0L 直噴ターボエンジンの新採用や衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を搭載するなど様々な改良が施されました。今回はそんなハリアーの後部座席に注目していきましょう。

文・PBKK

Chapter
室内の広さはどのくらい?
リアシートは分割シートを採用
シートを倒しても隙間ゼロ!
装備や収納にもこだわりました

室内の広さはどのくらい?

トヨタ ハリアーの室内

ハリアーの室内寸法は、室内長1,965mm×室内幅1,480mm×室内高1,220 mmとなっています。リアシート(後部座席)は足元と頭上、幅のどれもにかなりの余裕があり、成人男性でも窮屈に感じることはなさそうです。リアシートは3人乗り。3人座っても体が軽く触れる程度です。

長距離ドライブなどゆったりと腰掛けたい場合は2人の方が快適に過ごすことができるでしょう。2人で腰掛けた際にはシート中央の背もたれに格納されているリヤセンターアームレストを活用できます。大型のアームレストと2口のカップホルダーが付いたドライブには欠かせない装備となっています。

リアシートは分割シートを採用

トヨタ ハリアーのシートアレンジ

続いては、リアシート(後部座席)のシートアレンジについて見ていきましょう。ハリアーのシートアレンジはさまざまな場面に対応します。リアシートは6:4分割可倒式となっており左右独立リクライニング可能。6:4分割可倒式とは、シートを左右6:4の割合で二分割できる仕様のことです。

シート片側を倒せばラゲッジルーム(荷室)と合わせて長さ約1,000mmを確保。アウトドア用品やDIYに使用する木材などをラクラク積み込むことができます。

次ページ
シートを倒しても隙間ゼロ!