トヨタ 新型ハリアーの長所(メリット)5選!

画像1

トヨタ 新型ハリアーの長所についてご紹介します。2020年6月にフルモデルチェンジを控えているハリアー。トヨタのホームページではティザーサイトが公開されていますが、価格等は未だ公開されていません。そのため、ホームページに掲載されている写真を眺めながら発売を心待ちにしている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、熱心なハリアーファンに向けて、新型ハリアーにはどのような長所があるのか解説していきます。

文・PBKK

Chapter
新型ハリアーのエクステリアはクーペ風のスタイルに!
新型ハリアーの高級感溢れるインテリア!
新型ハリアーに採用されるプラットフォームと2種類のエンジンに注目!
新型ハリアーの安全性は抜群に高い!
新型ハリアーに搭載される数々の新装備!

新型ハリアーのエクステリアはクーペ風のスタイルに!

新型ハリアーのエクステリアデザイン(外装)は、伸びやかに流れるルーフラインと角度を付けたリアゲートにより、SUVでありながらクーペを連想させるスタイルになっています。横から見てみると、ボンネットの長さを感じさせるスラントノーズとなっていて、3代目ハリアーよりさらにオーバーハングが強調されています。

フロントフェイスは、鋭く切れ長のヘッドライトと逆台形の大きなロアグリルが特徴。グレード G以上に装備されるプロジェクター式LEDヘッドランプは、2本のL字型LEDがレクサスの上級モデルをイメージさせるデザインとなっており、これまでにない精悍さと高級感に溢れています。

リアのテールランプには、左右のライトを一本に繋げたLEDのコンビネーションランプを採用。輸入車の高級SUVにも負けないインパクトを放ちます。センターのトヨタマークから伸びるLEDラインは、見た目もシャープな印象を与えるだけではなく後方からの視認性も抜群。

同じような構造は、トヨタのプレミアムブランド・レクサスのUXにも採用されています。全体的に、ハリアーを世界戦略車としてレクサスのデザインに近づける意匠が読み取れ、新型になりデザインはさらに洗練されたものとなっています。

新型ハリアーの高級感溢れるインテリア!

インテリア(内装)の質感も、高級輸入車かと見違えてしまうほど高められています。まず特徴的なのは、馬の鞍をモチーフとして立体的な造形となったセンターコンソールでしょう。

ATのレバーやドリンクホルダーが設置されているセンターコンソールは、ボリューミーな造りとなっているため、ドライバーは心地よい個室にいるかのような感覚で運転に集中することができます。

また、インパネ中央上部には12.3インチのワイドディスプレイがグレード Zには標準装備、Gにはオプションとして用意されており、ナビゲーションはもちろんエンターテインメントも大きな画面で楽しむことができます。

このインパネ周辺はソフトパッドに囲まれており、施されたメッキの加飾やパネルの存在によって高級感が演出されています。インパネに用いられている質感の高いソフトパッドは、他にもドアトリムやダッシュボードなど広い部分に採用されているため一体感も高く、ステッチやパイピングにより細部へのこだわりを感じることができるでしょう。

居住空間は、3代目ハリアーより30mm延長されたホイールベースのおかげで快適さが向上しています。フロントシートは肩から腰回りまでしっかり支えるデザインのシートとなっており、大型のSUVならではの広いリアシートも窮屈さを感じさせません。

シートも総じて上質な仕上げとなっているので、家族や友人などの大切な人を乗せる時にも安心できそうです。

<次のページに続く>
次ページ
新型ハリアーに採用されるプラットフォームと2種類のエンジンに注目!