【プロ解説】ランクルプラドに装着オプションとは?! 徹底解説!!

2017年10月、マイナーチェンジを果たしたトヨタランドクルーザー プラド。ランドクルーザープラドは、力強さと先進性をより一層高めたエクステリアに変更され、「Toyota Safety Sense P」という安全装備を全車に標準装備しています。さらに、ランドクルーザーシリーズとして初めてリヤディファレンシャルに採用したトルセンLSD。TZ-Gには、シーンに合わせて5つの走行モード(NORMAL、ECO、COMFORT、SPORT S、SPORT S+)を選択できるドライブモードセレクトを標準装備しています。
今回は、トヨタランドクルーザープラドの外装、内装、安全装備、グレード別の違い、人気カラー、座席や荷室(ラゲージスペース)、オプション装備にライバル比較など、あらゆる視点からトヨタランドクルーザープラドをひも解いていきます。

文/写真・萩原文博

Chapter
現行型ランクルプラドで選べるエクステリア(外装)のオプションとは?!
現行型ランクルプラドで選べるインテリア(内装)のオプションとは?!
現行型ランクルプラドにはクールボックスもオプション装着できる
陸の王者、トヨタ ランドクルーザープラド!その快適性と使い勝手を徹底チェック!

今回試乗したトヨタランドクルーザープラドはTZ-Gというディーゼルエンジンを搭載した最上級グレードでした。この車両本体価格546万2600円のTZ-Gグレードにはどのようなオプション装備が設定されているのでしょうか。

現行型ランクルプラドで選べるエクステリア(外装)のオプションとは?!

今回試乗したクルマはホワイトパールクリスタルシャインと呼ばれる3万3000円のオプションのボディカラーでした。プラドにはこのほかブラキッシュアゲハガラスフレークというボディカラーが3万3000円でオプション設定されています。

現行型ランクルプラドで選べるインテリア(内装)のオプションとは?!

また、インテリアカラーはボディカラーにあわせて、標準色が決められておりもオプションカラーも選ぶことができます。例えば、ボディカラーが、スーパーホワイトII、ホワイトパールクリスタルシャイン、アバンギャルドブロンズメタリックはニュートラルベージュが標準で、ブラックがオプションとなっています。

ブラックをはじめとしたそのほかのボディカラーは、ブラックが標準色となり、ニュートラルベージュがオプション設定となります。

それでは、機能装備でのオプション設定を見てみましょう。TPWSと呼ばれるタイヤ空気圧警報システムは2万2000円。

NAVI・AI・AVS(パワーステアリング連動)&リア電子制御サスペンション、マルチテレインセレクト+クロールコントロールは、T-Connect SDナビゲーションシステム DCMパッケージ&プラドスーパーサウンドシステムとのパッケージオプションで67万4300円。電動リアデフロックは2万2000円。

現行型ランクルプラドにはクールボックスもオプション装着できる

後側方の死角にいるクルマの存在をドライバーに知らせるブラインドスポットモニター(BSM)は5万5000円。そしてルーフレール(ブラック)は2万7500円となっています。 

続いては、快適装備です。チルト&スライド電動ムーンルーフ(挟み込み防止機能付)は11万円。センターコンソールに設置されるクールボックスは6万500円、そして、寒冷地仕様は2.8Lディーゼル車の場合2万8600円となっています。

ドレスアップパーツでは、エアロパッケージと呼ばれるフロントパンパースポイラー、サイドステップカバー、リアバンパースポイラー、サイドモールの4点セットで18万5900円。

そのほかアクセサリーでは、搭載した自転車を固定できるサイクルホルダーが4万1800円、暗い場所でのラゲージルームでの荷物の積み降ろしに便利なラゲージLEDが2万5300円。

また、洗練された個性を刺激するスポーティな華やかさを演出するTRDのエアロパーツセットはLED付の塗装済が16万5000円。LEDなしの塗装済が12万1000円です。さらにTRDからはハイレスポンスマフラーVer.Sが4万2900円。18インチアルミホイール「TRD TA1」&タイヤセットが29万4800円で販売され、トータルコーディネイトを楽しむことが可能です。

ラゲージ用のアイテムとして、ラゲージプロテクターとセカンドシートカバーがセットになったアウトドアパッケージが3万6300円。防水タイプのラゲージトレイが1万5400円。そしてラゲージネット5500円などアイテムが充実しています。

今回試乗したクルマには、タイヤ空気圧警報システム(TPWS)、ブラインドスポットモニター(BSM)、ルーフレール、クールボックスそしてT-Connect SDナビゲーションシステム DCMパッケージ&プラドスーパーサウンドシステムをはじめとしたパッケージオプション、67万4300円などが装備されていました。

陸の王者、トヨタ ランドクルーザープラド!その快適性と使い勝手を徹底チェック!

陸の王者といえば、ランクル。2017年10月、マイナーチェンジを果たしたトヨタランドクルーザー プラド。ランドクルーザープラドは、力強さと先進性をより一層高めたエクステリアに変更され、「Toyota Safety Sense P」という安全装備を全車に標準装備しています。さらに、ランドクルーザーシリーズとして初めてリヤディファレンシャルに採用したトルセンLSD。TZ-Gには、シーンに合わせて5つの走行モード(NORMAL、ECO、COMFORT、SPORT S、SPORT S+)を選択できるドライブモードセレクトを標準装備しています。 今回は、トヨタランドクルーザープラドの外装、内装、安全装備、グレード別の違い、人気カラー、座席や荷室(ラゲージスペース)、オプション装備にライバル比較など、あらゆる視点からトヨタランドクルーザープラドをひも解いていきます。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ