【プロ解説】MINIシリーズの安全装備、自動ブレーキ、ACCなど徹底解説!

2019年10月、新型となって登場したMINICLUBMAN(クラブマン)。CLUBMAN(クラブマン)は、ファミリーのイメージを残しつつ、よりワイドに、よりブリティッシュになりました。今回は、外装、内装、安全装備、グレード別の違い、人気カラー、座席や荷室(ラゲージスペース)、オプション装備にライバル比較など、あらゆる視点からMINICLUBMAN(クラブマン)をひも解いていきます。

文・鈴木ケンイチ/写真・萩原文博

Chapter
MINIシリーズには自動ブレーキを含む先進のアクティブ・セーフティが備わる
MINIシリーズには高剛性ボディや8つのエアバッグを筆頭とするパッシブ・セーフティも装備
MINIシリーズには非常時にも安心の自動SOSコールと電話でのサポートが備わる
MINIシリーズには、イモビライザーなどの万全のセキュリティ機能も用意
クラブマン史上最強スペック!MINI JCW CLUBMANを徹底チェック!
MINI ジョンクーパーワークス クラブマン 萩原文博

MINIシリーズには自動ブレーキを含む先進のアクティブ・セーフティが備わる

MINI ジョンクーパーワークス クラブマン 萩原文博

MINIクラブマンに備わっているアクティブ・セーフティの代表格がドライビング・アシストという機能です。これはフロントウインドウ内に設置されたカメラが車両の前方を常に監視しており、もしも歩行者や前方の車両と衝突しそうになると警告を発し、それでも衝突の可能性が高まると自動でブレーキを作動させるというもの。

いわゆる衝突被害軽減自動ブレーキと呼ばれる機能です。警告の段階で、ブレーキ・オイルの圧を高めており、よりブレーキが利きやすくなっていますので、ドライバーがブレーキ操作をしても、より短い距離で車両を停止させることが可能になっています。

但し、エントリーグレードにおいて全車速追従機能付きクルーズコントロールは"オプション"

MINI ジョンクーパーワークス クラブマン 萩原文博

また、今では多くのクルマに採用されているDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)とABSも全車に標準装備となっています。DSCは、いわゆる横滑り防止装置で、MINIクラブマンの場合、4輪それぞれを個別に制御するだけでなく、エンジンのトルクもあわせて調整し、クルマの横滑りや車線からの逸脱を防止してくれます。

ちなみに運転支援となるACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)、いわゆる全車速追従機能付きクルーズコントロールは、ONEとバッキンガムを除いたグレードに標準採用。残念ながら、エントリーのグレードとなる2モデルにはオプションとなります。

MINIシリーズには高剛性ボディや8つのエアバッグを筆頭とするパッシブ・セーフティも装備

MINI ジョンクーパーワークス クラブマン 萩原文博
MINI ジョンクーパーワークス クラブマン 萩原文博

事故を事前に予防するのがアクティブ・セーフティで、実際に発生してしまった事故から乗員を守るのがパッシブ・セーフティとなります。そのパッシブ・セーフティで事故の衝撃から乗員を守るのは高剛性なボディ。そしてサイドカーテン・エアバッグを含む8つものエアバッグです。

MINI ジョンクーパーワークス クラブマン 萩原文博

また、衝突と同時に、すべてのドアのロックを解除し、ハザードランプを作動、さらに燃料ポンプを遮断するクラッシュセンサーシステムも搭載しています。これにより事故の救助をより迅速にし、二次被害を防止することが期待できます。

MINIシリーズには非常時にも安心の自動SOSコールと電話でのサポートが備わる

MINI ジョンクーパーワークス クラブマン 萩原文博

交通事故は誰もが経験したくないものですが、どうしても避けられない事故というものも存在します。そんなときに自動で事故を通報してくれる機能がMINI SOSコールです。

エアバッグが展開するような衝撃が発生すると、クルマのシステムは「交通事故が発生した」と認識し、自動でSOSコールを発信するという機能です。通信する先はMINIのコール・センターで、クルマの位置や衝突状況などが送信されます。また、音声での通信もつながるので、より的確で安心なサービスを受けることが可能となります。また、事故ではなく急病人が出たときもMINI SOSコールを利用することができます。その場合は、手動で車内のSOSボタンを押して、オペレーターに通話します。

BMWコネクテッドパッケージ

また、交通事故ではなく故障の場合は、MINIエマージェンシー・サービスという電話サポートが年中無休24時間で用意されています。応急措置のアドバイスにはじまり、出張作業やレッカー車の手配などを行ってくれます。

MINIシリーズには、イモビライザーなどの万全のセキュリティ機能も用意

MINI ジョンクーパーワークス クラブマン 萩原文博

クルマの盗難を防ぐ機能もMINIクラブマンには用意されています。それがイモビライザーです。不正に用意された合鍵でのエンジン始動を防ぐことで、愛車を盗難からガードしてくれるものです。また、オプションでアラーム・システムも用意されています。車内を動くものを察知するモーション・センサーや車両の傾きセンサー、ドアの開閉を監視するセンサーを使って、万一の異常が察知されると、アンテナ先端のLEDが点灯するというもの。盗難だけでなく、車上荒らしを防ぐことが期待できるのです。

先進のアクティブ・セーフティから、安心のパッシブ・セーフティ、電話でのサポートなど、MINIクラブマンには数多くの安全装備が用意されています。

クラブマン史上最強スペック!MINI JCW CLUBMANを徹底チェック!

2013年に第三世代となったミニ・クラブマン。その中でも歴代最強とされる、ジョンクーパーワークスが登場し、直列4気筒、2リッターエンジンで、最高出力306PS、最大トルク450Nmというスペックを誇るエンジンを搭載しています。このエンジンは、先日紹介したBMW M135i xDriveと同スペックになります。さらに、プラットフォームもBMW1シリーズと同じであるこのクラブマンは、果たしてどんな走りを見せるのか?また違いは?河西啓介が迫ります。

2L、直4ターボで306馬力!BMW M135i xDrive FR→FFへ!メリット・デメリットは?【試乗・解説】

鈴木 ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木 ケンイチ