【プロ解説】クラシカルでモダン!! MINI ジョンクーパーワークス CLUBMAN(クラブマン)のインテリアデザインを徹底紹介!!

2019年10月、新型となって登場したMINICLUBMAN(クラブマン)。CLUBMAN(クラブマン)は、ファミリーのイメージを残しつつ、よりワイドに、よりブリティッシュになりました。今回は、外装、内装、安全装備、グレード別の違い、人気カラー、座席や荷室(ラゲージスペース)、オプション装備にライバル比較など、あらゆる視点からMINICLUBMAN(クラブマン)をひも解いていきます。

文・鈴木ケンイチ/写真・萩原文博

Chapter
MINIクラブマン、クラシカル&モダンなMINIワールドを生み出すインテリアデザイン
MINIクラブマンには、豊富なバリエーションを誇るインテリアとシートを用意
MINIクラブマンは、4ドア化することで実用性を大きく向上
MINIクラブマンには、実用性の高いラゲッジスペースを備える
動画でもどうぞ!クラブマン史上最強スペック!MINI JCW CLUBMANを徹底チェック!

MINIクラブマン、クラシカル&モダンなMINIワールドを生み出すインテリアデザイン

MINI ジョンクーパーワークス クラブマン 萩原文博

MINIクラブマンの大きな魅力となっているのがクラシカルさとモダンさが絶妙にバランスするデザインです。その魅力は、エクステリアだけでなく、インテリアでもいかんなく発揮されています。インテリアのモチーフは丸。ドライバーの目の前には大きな丸形のアナログのスピードメーターがあり、手前のステアリングも丸を上手に使ったデザインとなっています。ステアリングのスポーク部分のボタンもやはり丸いボタンが並びます。

MINI ジョンクーパーワークス クラブマン 萩原文博

また、インパネの中央のディスプレイも大きな丸。さらに、センターコンソールのシフトノブまわりまでしっかり丸いデザインで統一されています。この徹底ぶりがMINIの世界観を生み出しているのです。

MINI ジョンクーパーワークス クラブマン 萩原文博

また、インパネの下にクラシカルなトグルスイッチが並ぶのが最近のMINIの特徴です。最近では、クルマではめったに見ないトグルスイッチを使うあたりもこだわりのひとつ。エンジンのスタートは、中央にある赤いトグルスイッチを押すというのも、MINI独特の世界観を演出するのに多くに役立っています。

MINIクラブマンには、豊富なバリエーションを誇るインテリアとシートを用意

MINI ジョンクーパーワークス クラブマン 萩原文博

インテリアだけでなく、シートもヘッドレストや座面が丸みを帯びています。シートはスタンダードと、ホールド性を高めたスポーツ・シートの2種類。さらにスポーツ・シートは、素材と表面処理、カラーが異なるバリエーションとして、「MINI Yoursレザー・ラウンジ カーボンブラック」「レザー・チェスター モルトブラウン」「レザー・チェスター サテライトグレー」「レザー・クロスパンチ カーボンブラック」「クロス ダブルストライプ」の5種類が用意されています。

MINI ジョンクーパーワークス クラブマン 萩原文博
MINI ジョンクーパーワークス クラブマン 萩原文博

さらにインテリア・サーフェスもピアノブラックとヘイジー・グレーの基本色だけでなく、複数の「MINI Yoursインテリア・スタイル」を用意。

豊かなバリエーションを誇るボディカラーと同様に、インテリアも幅広いニーズ応えるアイテムが用意されています。

MINIクラブマンは、4ドア化することで実用性を大きく向上

MINI ジョンクーパーワークス クラブマン 萩原文博

現行の2代目となるMINIクラブマンの先代との大きな違いはドアにあります。初代のMINIクラブマンはボディサイドのドアが、右に2枚、左に1枚という変則的なものでした。

MINI クラブマン 初代

しかも、右のドアは観音開きのため、後ろ側のドアは前ドアが開いているときしか開くことができなかったのです。ただし、初代のMINIクラブマンは、現行モデルよりもクルマが小さかったこともあり、こうした変則的なドアとすることで限られた全長の中での実用性を高めていたのです。とはいえ、やはり3ドアよりも4ドアの方が便利なのは当然のこと。現行モデルは全長も全幅も大きくすることで、常識的な4ドアとして、利便性を高めているのです。

MINIクラブマンには、実用性の高いラゲッジスペースを備える

MINI ジョンクーパーワークス クラブマン 萩原文博
MINI ジョンクーパーワークス クラブマン 萩原文博

MINIクラブマンならではの魅力となるのがラゲッジです。2列目のシートを通常状態にしたままの容量は360リットル。2列目シートを倒すと1270リットルまで拡大します。3ドアのMINIのラゲッジ容量は211リットル、5ドアも278リットルと比べればMINIクラブマンの実用性の高さがわかるというもの。ただし、MNIファミリーの最大モデルである、MINIクロスオーバーは450リットルと、さらに大きな荷室を持っています。

MINI ジョンクーパーワークス クラブマン 萩原文博
MINI ジョンクーパーワークス クラブマン 萩原文博

2列目シートのシートバックは、もう少しで完全にフラットになるというところまで倒すことができます。また2列目シートのシートバックを垂直にして、ラゲッジスペースを使いやすくすることも可能となっています。

MINI ジョンクーパーワークス クラブマン 萩原文博

特徴的な観音開きのバックドア(スプリット・ドアと呼びます)は、イージー・オープナー機能を装備。リヤのバンパー下に足を差し入れて前後に動かせば、自動で観音ドアを1枚ずつ開けることができます。両手に荷物を持ったまま、バックドアを開けることができる便利な機能です。

 

 

動画でもどうぞ!クラブマン史上最強スペック!MINI JCW CLUBMANを徹底チェック!

2013年に第三世代となったミニ・クラブマン。その中でも歴代最強とされる、ジョンクーパーワークスが登場し、直列4気筒、2リッターエンジンで、最高出力306PS、最大トルク450Nmというスペックを誇るエンジンを搭載しています。このエンジンは、先日紹介したBMW M135i xDriveと同スペックになります。さらに、プラットフォームもBMW1シリーズと同じであるこのクラブマンは、果たしてどんな走りを見せるのか?また違いは?河西啓介が迫ります。

BMW M135i xDriveの解説動画はこちら⬇️
2L、直4ターボで306馬力!BMW M135i xDrive FR→FFへ!メリット・デメリットは?【試乗・解説】

鈴木 ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木 ケンイチ