スズキ ワゴンRの長所は?

スズキ ワゴンRは、軽自動車のワゴン車市場を引っ張ってきた歴史の長いクルマです。現在では様々なタイプのハイトワゴンが登場していますが、ワゴンRは根強いファンが多く人気のあるクルマです。今回はワゴンRを魅力的にしている長所を、分かりやすくご紹介していきます。

文・PBKK

Chapter
燃費性能が高い
室内スペースが広い
安全装備が充実している
基本安全~運転しやすく安心して乗れる技術~
予防安全~危険な場面に合わないための技術!スズキ セーフティ サポート~

燃費性能が高い

新型ワゴンR 走る画像

新型ワゴンRの長所の1つとして、まず燃費性能が軽自動車のワゴン車の中でも1位2位を争うほど高い点です。ワゴンRは、ハイトワゴン車に分類され、さらに車高の高いスーパーハイトワゴン車とは区別されます。スーパーハイトワゴン車は、その使い勝手の良さから人気がありますが、車高が高く重量もハイトワゴンに比べ重くなっています。

燃費性能は車両の重量も関係していることもあり、ハイトワゴン車のワゴンRは重量面でスーパーハイトワゴン車より優位に立てます。実際に車両重量と燃費をスズキのハイブリッド搭載車同士で比較します。

車両重量
・ワゴンR HYBRID FX:FF 730kg 4WD 820kg 
・ワゴンR HYBRID FZ:FF 790kg 4WD 840kg
・スペーシア HYBRID G:FF 850kg 4WD 900kg
・スペーシア HYBRID X:FF 870kg 4WD 920kg

JA08モード(燃料消費率)
・ワゴンR HYBRID FX:FF 31.0km/L 4WD 29.4km/L
・ワゴンR HYBRID FZ:FF 31.0km/L 4WD 29.4km/L
・スペーシア HYBRID G:FF 30km/L 4WD 26.4km/L
・スペーシア HYBRID X:FF 28.2km/L 4WD 26.4km/L

カタログ上の数値比較になりますが、ワゴンRのほうが重量が軽く、燃費も良くなっています。

室内スペースが広い

ワゴンRスティングレー

最近では、広くて背の高いスーパーハイトワゴンが主流ですが、ハイトワゴンに分類されるワゴンRの室内も十分に広いスペースを持っています。

室内寸法
ワゴンR:長さ2,450mm × 幅1,355mm × 高さ1,265mm
スペーシア:長さ2,155mm × 幅1,345mm × 高さ1,310mm

スーパーハイトワゴンの高さには及びませんが、長さと幅に関しては遜色のないものになっており、大きな荷物もラクラク積むことができます。さらにワゴンRでは、室内スペースの広さを活かしたさまざまなシートアレンジが可能です。

シートアレンジ例
・1人 + 長い荷物
・2人 + 大きな荷物
・3人 + 荷物
・フルフラット

人と荷物に合わせた、多彩なシートアレンジを好みにより使い分けることができます。

安全装備が充実している

新型ワゴンR 安全装備画像

スズキの安全技術は、乗る人の毎日を想い、小さなクルマで大きな安心を届ける技術です。視界を確保するための大きな窓や視認性の高いディスプレイ、操作しやすいスイッチ類などの基本安全の他に、予防安全技術のスズキセーフティサポートや衝突被害を軽減する衝突安全などがあります。

基本安全~運転しやすく安心して乗れる技術~

ワゴンRスティングレー

【視界性能】
右左折時の横断歩行者や、交通状況を把握しやすいピラーやドアミラー位置などの最適化によって視認性を向上させています。

【運転姿勢と操作系】
異なる体格の方が快適に運転できるように配慮したシートと、操作性を考慮したステアリングホイールとペダル、シフトレバーは、適切な運転姿勢と操作性の確保により疲労を軽減しています。

【インターフェイス】
視認性の高いメーターやディスプレイ、操作性や操作方向、操作頻度などを考慮したスイッチ類の配置は、安心して運転に集中できる環境になっています。

次ページ
予防安全!スズキ セーフティ サポートとは?