スズキ ワゴンRの多彩なシートアレンジ

スズキが発売しているワゴンRは、軽自動車でありながら広い室内を実現したハイトワゴンの先駆けとも言えるロングセラー車です。広大な室内に加え、低価格でありながら優れた収納性、高い安全性能なども確保されています。

ワゴンRの魅力の1つとして挙げられるのが自由自在なシートアレンジです。今回はワゴンRの多彩なシートアレンジについてご紹介していきます。

文・PBKK

Chapter
ワゴンR各種ラインナップとシートアレンジの関係性
ワゴンRの豊富なシートアレンジ
車中泊に便利なフルフラットも

ワゴンR各種ラインナップとシートアレンジの関係性

ワゴンR

ワゴンRには現在…

・ワゴンR無印(6代目)
・ワゴンRスティングレー(4代目)
・福祉車両WITHシリーズに位置づけられるもの

以上3つのラインナップがあります。

ワゴンR無印(6代目)とワゴンRスティングレー(4代目)は、基本的な仕様は同じで、シートアレンジも同じように調整できます。ただし福祉車両WITHシリーズに位置づけられるものは、車いすのスムーズな積み降ろしに特化したモデルとなっているため、シートアレンジは装備されていません。

ワゴンRの豊富なシートアレンジ

ワゴンR

ここからはワゴンRのシートアレンジをご紹介していきます。

1人+長い荷物
運転席以外の後部座席2つ、そして助手席を折り畳んで収納スペースを作るシートアレンジです。ワゴンRの室内スペースを最大限に荷物の積み込みに回せるのが特徴です。また助手席が折り畳まれているので、長さのある物を積み込んでドライブすることも可能となります。例えば、サーフィンに行く際はサーフボードや着替えなどさまざまな物を積み込む必要があります。1人+長い荷物のシートアレンジにすれば、そのような場面でも楽々荷物をワゴンRで運べます。ちなみに助手席と後部座席1つだけを折り畳んで、2人乗り+長い荷物の構造にすることも可能です。

2人+大きな荷物
後部座席をフラットにして、丸々荷室スペースに使ってしまうシートアレンジです。家族や恋人、友達など、2人乗りしたい場面は数多くあります。後部座席を潰してスペースを確保すれば、2人乗りで楽々大量の荷物を運べます。後部座席は両方とも荷室からワンタッチでフラットにできるので、荷物積み込みの準備をしながらシートアレンジが可能です。

3人+荷物
後部座席の片方だけをフラットにして、乗車数と荷室スペースを両方確保するためのシートアレンジです。4人乗りのクルマでは、1人だけ乗車席が余ってしまうケースも多いです。そういう場合は乗っていない席を1つフラットにして、収納スペースを増やせます。スーツケースやちょっとした家具など、後部座席を2つ潰すほどではないけれどスペースが足りない物を収納する際に便利です。このような少し多めに荷室スペースを確保したい場面では、3人+荷物のシートアレンジが役立ちます。

次ページ
車中泊に便利なフルフラットも