購入するのにお金以外の審査が必要なクルマがあるって本当?

車を買うときはローンを組む人が多いのではないでしょうか?通常はお金の審査を通れば、車を購入することができますよね。でも世の中には、お金以外の審査が必要になる車もあるのです。ここでは、お金以外の審査が必要になる車の特徴や、事前審査が必要になる理由などを紹介していきます。

文・PBKK

Chapter
審査が必要なのは「スーパーカー」
スーパーカーの審査が厳しい理由
事前審査の内容は?
各メーカーの審査基準

審査が必要なのは「スーパーカー」

ローン2

お金以外の審査が必要になるのは「スーパーカー」です。スーパーカーは世界に数台しかない貴重な車だからこそ、購入する際は厳格な審査が行われます。

スーパーカーの審査が厳しい理由

ローン1

一般的な車と違い、スーパーカーは年に何台も製造することができません。希少価値の高い特別な車だからこそ、メーカー側も売る際は慎重になりがちです。すぐに転売しないかどうか、ブランド力を傷つける顧客ではないかどうか等、購入希望者の事前審査を行い、信頼できる顧客のみ販売を許可します。

いくらお金持ちの富裕層であっても、この事前審査に通らなければ購入することができません。

事前審査の内容は?

フェラーリ ディーノ

審査基準はメーカーによって異なります。ただし、どのメーカーも「長年乗り継いでくれるかどうか」といった点を重視するため、すぐに転売するような顧客は審査で落とされてしまいます。過去の購入履歴なども見られるので、一度もそのメーカーの車を買ったことがない人だと、審査に通るのは難しくなります。

各メーカーの審査基準

ランボルギーニ

具体的にどのような審査が行われるのか、各メーカーの審査基準を確認していきましょう。

〜フォードの場合〜

フォード

上得意の顧客を審査で優先する傾向があります。購入時にチェックされるのは、主に以下の項目です。

・フォードユーザーかどうか
・転売禁止書へサイン可能かどうか
・購入に熱意があるか

以前もフォードの限定車を購入したことがあるオーナーであれば、審査に通過しやすくなります。

〜ランボルギーニ〜

ランボルギーニ

スーパーカーを購入して欲しい上得意顧客にのみ、事前に招待状が送られます。招待状が届かなかった一般ユーザーは購入することができません。招待状が届くのは、購入実績豊富なオーナーのみとなっています。

〜フェラーリの場合〜

フェラーリ

転売目的でない顧客かどうかを重視して審査を行っています。

日本がバブル絶頂期だった頃、フェラーリのF40(本体価格4,650万円)がオークションで2億円以上で転売されたことがありました。そのような事例を防ぐためにも、フェラーリではブランドへの忠誠心がある人のみ購入を許可しています。

ローン3

お金以外の審査が必要になるのは「スーパーカー」です。スーパーカーは世界に数台しかない貴重な車だからこそ、購入する際は厳格な審査が行われます。