スーパーカーを購入するための審査基準は?各メーカーの条件を比較してみた

ラ・フェラーリ

高性能エンジンが発揮する高出力に、スポーティーかつエレガントなエクステリアをまとうスーパーカー。購入価格もお高いのですが、もっとお高いのは購入審査の壁。はたして、メーカーごとに違いはあるのでしょうか?

Chapter
何故スーパーカーは、購入審査を行うのか?
フォードの場合
フェラーリの場合
ランボルギーニの場合

何故スーパーカーは、購入審査を行うのか?

自動車は工業製品です。作って売れたら、その分利益が出ます。

それが、ほぼすべての部品が専用となり、メンテナンスも専用工場で熟練スタッフの手によって行われるスーパーカーともなれば、価格も通常の車種よりお高く設定できるようになります。利益を稼ぎやすい商品ですが、なぜメーカーは大量生産しないのでしょう?

それは、ハイブランドの宝飾品やバックを見るとわかるかもしれません。

たとえばエルメスのバーキンやケリーは、なぜ高価なのでしょうか?それは1点ものであったり、製造数が限られているからです。そのため、高価なリセールバリューも維持され、ひいてはエルメスのブランド力へと昇華されます。

スーパーカーも同じです。自動車メーカーと車種のブランド力を維持、向上させるため、製造数は限定されます。高価であるにも関わらず、購入希望者が殺到するのは、ひとえにブランド力の成せる技です。

このブランド力の高さや限定生産といった希少性は、オークションでの高値につながります。しかし、最新鋭のスーパーカーが、すぐに転売されたとあっては、ブランドが抱える顧客の質が疑われます。顧客管理ができないブランドと、上得意の顧客から見放されることもあり、ブランド力の低下にも繋がりかねません。

そこでスーパーカーに限らず、高級車ブランドでは購入希望客の事前調査を行います。

では、高級自動車メーカーは、それぞれどのような購入審査基準があるのか見ていきましょう。

フォードの場合

2016年、フォードは最新のGTを発売しました。北米での価格は、40万ドル以上と言われ、生産台数は500台。対する購入希望車は6,500人超と、じつに13倍の購入倍率でした。500台を販売するにあたりフォードは、全購入希望者をチェックしたといいます。

その基準は、●過去にフォードGTの顧客であった●永年フォードユーザーである●一定期間、転売禁止の契約書にサインできる●頻繁に乗り回してくれること●フォードGT購入に熱意がある、といったものでした。

上得意の顧客を中心に、新型フォードGTはデリバリーされたとのことで、500人の購入者のうち、60%以上が過去のフォードGTユーザーであったとのこと。フォードブランドを愛してくれるオーナーに乗ってほしいという、ブランドの熱意が伝わりますね。

<次のページに続く>
次ページ
フェラーリの場合