たまに見かける、ワイパーにビニール袋を引っ掛ける車。これって違反にならないの?

街中を走っている車のリアワイパーにたまにビニール袋が引っ掛けられていることがあります。よく見ると中に何か入っていそうですが、そもそもワイパーにビニール袋を引っ掛ける行為は道交法的に違反ではないのでしょうか。

Chapter
ビニール袋の中身の正体
ワイパーにビニール袋を引っ掛ける行為、これって違反にならないの?
ワイパーに関する記事

ビニール袋の中身の正体

ビニール袋

ワイパーにビニール袋を引っ掛けて走っている車が違反か否かよりもまず、ビニール袋の中に何が入っているのかが気になります。これは、ほとんどの場合が動物の糞でしょう。

では、なぜ動物の糞が入ったビニール袋をワイパーに引っ掛けて走っているのでしょうか。理由として考えられるのは、ビニール袋内の糞が放つ異臭がビニール袋の隙間から出てきて、車内全体に充満してしまう可能性を懸念しているから、またはそもそも排泄物を自分の近くに置きたくないからなどです。

最近ではペットと一緒に車で移動しやすいように設計された車も発売されていることからもわかるように、ペットと一緒に車で出かけたい・旅行したいと希望するユーザーが増えてきました。

上記の理由もあり、近くの公園などを散歩しているときに犬が排便したものを自宅に持ち帰るためにビニール袋に入れてワイパーに引っ掛けて走っているのでしょう。

ワイパーにビニール袋を引っ掛ける行為、これって違反にならないの?

ビニール袋をワイパーに引っ掛けて車を運転することは違反です。この行為は道路交通法第第11節(乗車、積載及び牽引)の55条(乗車又は積載の方法)に背いています。

ここでは「車両の運転者は、当該車両の乗車のために設備された場所以外の場所に乗車させ、又は乗車若しくは積載のために設備された場所以外の場所に積載して車両を運転してはならない」と定められており、どのように考えてもワイパーは積載のための場所ではないためビニール袋を引っ掛けて走ると違反となるのです。

引っ掛けて走っていても特に問題ないだろうと思われがちですが、走行中に落下してそれが原因で後続車の破損や事故を誘発するリスクがあります。

犬

動物の散歩をするとき、必ず対処しなければならないのが糞の後処理です。後処理をしている点はマナーを守っている証拠ですが、時速60km近くで走る車のワイパーにそれが入ったビニール袋を掛けるには危険で、法律違反ですのでやめましょう。

ワイパーに関する記事