エコタイヤに変えると、どれぐらい燃費がよくなるの?

タイヤが燃費向上に貢献する仕組み

ブリジストン ECOPIA

自動車が走り、曲がり、止まることができるのは、タイヤと路面の間で発生する摩擦力(タイヤのグリップ力)のおかげです。しかしタイヤと路面の間に発生する摩擦力が高まると、走行を邪魔する抵抗となります。

また回転しているタイヤは、接地面とその周辺にたわみが発生し、抵抗になります。それに回転にともなう空気抵抗によるロスを合わせて、転がり抵抗と呼ばれます。転がり抵抗の値が大きくなると、燃費は悪化します。

燃費向上のためには、タイヤの転がり抵抗を小さくすれば良いのですが、そうなるとグリップ力が低くなります。言い換えれば、滑りやすいタイヤです。転がり抵抗の設定は、車両安定性と燃費のバランスで決まっているのです。

また転がり抵抗は、車両重量にも大きく影響されます。

そこでタイヤメーカーは、摩擦力を維持しながら燃費を向上させるコンパウンドを開発しました。そのうえで、低燃費、グリップ力、ハンドリング、水はけの良さなどを追求したトレッドパターンを採用したタイヤが、一般にエコタイヤ(低燃費タイヤ)と呼ばれています。

エコタイヤのラインナップは幅広く、軽自動車・商用車などの実用車用はもちろん、SUVや高性能車用まで。全種類・全車種対応のフルラインナップになっています。

では、エコタイヤに変えると燃費はどれくらい向上するのでしょうか?

次ページエコタイヤに変えると燃費はどれくらい向上する?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives