関東で大雪!雪道を夏タイヤで走ると違反ですよ。

2018年1月22日から23日にかけて、日本各地が大雪に見舞われ、道路も鉄道もマヒ状態に陥り、さまざまな方面に影響をおよぼしました。なかでも路上では、積雪によるスリップ事故や立ち往生が相次ぎましたよね。ところが、ニュース映像をよく見ると、夏タイヤ(ノーマルタイヤ)で走行していた車両もあり、それも交通マヒの要因になっていたようです。しかし、この雪道を夏タイヤ(ノーマルタイヤ)で走行する行為そのものが違反なのです。

Chapter
全国統一ルール
都道府県によって異なる積雪時の交通ルール

全国統一ルール

スタッドレスタイヤ

まず、雪道を走行するときのルールですが、各都道府県(沖縄県は除く)の道路交通法施行細則または道路交通規制において定められています。そのないようは、おおむね、凍結・積雪道路の走行は、スタッドレスまたはチェーンを用いることとなっており、「朝は積もってなかったから」、「少ししか積もっていないから」という理由で、夏タイヤ(ノーマルタイヤ)で走行すると違反になります。

当然ですが、ノーマルタイヤは積雪や凍結を目的としていないので、少しの積雪でもスリップしてしまいます。そして、事故を起こし周囲の交通に混乱を招いてしまうのです。

上記のルールは、日本全国ほぼ同じですが、都道府県によって多少異なっています。どのように異なるのでしょうか?

次ページ
都道府県によって異なる積雪時の交通ルール