もともとない車はシートベルトしなくていいの?

日本におけるシートベルト着用の歴史

シートベルト

シートベルトの設置については、道路運送車両法に基づく「道路運送車両の保安基準」に定められています。

最初に日本でシートベルトの設置が義務付けられたのは、1969年。その年の4月1日以降、国内で生産された普通乗用車について、運転席のみシートベルトの設置が義務付けられました。

助手席のシートベルトは1973年12月1日、後部座席のシートベルトについては1975年4月1日以降の国内生産車で設置が義務付けられています。

この当時は、腰部分のみを固定する2点式シートベルトが主流でしたが、1975年4月1日以降は、フロントの座席に関して基本的に3点式のシートベルトが設置させるようになります。

シートベルトを着用していないときは?

着用が義務付けられたのは、1985年9月1日で、そのころはまだ高速道路または自動車専用道路での運転席および助手席のみでした。一般道における着用が義務付けられたのは、1992年11月1日です。

現在、運転席助手席においては、一般道、高速道路関わらず、シートベルトの装着は義務化されており、違反した場合は運転者に対し、違反点数1点の加点処分がなされます。この違反については、加点のみとなり、反則金は発生しません。

後部座席についても、2008年6月1日に着用が義務付けられました。ただし、後部座席の場合、違反の対象となるのは高速道路や自動車専用道のみとなっています。

シートベルトが無い車は?

シボレー C-10 1967

前述したように、1969年4月1日以降に国内で生産された普通乗用車については、運転席にシートベルトの設置が義務付けられました。

よって、この日以前に国内で生産された普通自動車や、海外から輸入してきた車で、最初からシートベルトそのものが、設置されていない場合、これはシートベルト着用義務違反とはならず、違反点数も加点されません。

つまり、生産されたときにシートベルトがなかった車両については、シートベルトの着用義務が免除できるということです。

では、なくても安全なのか?となりますが、もちろん万が一の時には、非常に危険です。

シートベルト自体は、加工をボディに施すことによって設置することができますが、その安全性は取り付ける場所の強度の問題にもかかわってくるので、両手を上げてお勧めはできません。

シートベルトがない車では、十分に気を付けて運転する必要がありそうですね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事