フェンダーミラーからドアミラー、ミラーレスへ…。サイドミラーの変化まとめ

日産 スカイライン 2000GT 1971

運転する際、安全確認に欠かせないサイドミラー。実は、以前はフェンダーに取り付けられていることが決まりで、ドアミラーは違法でした。今回は、そんなサイドミラーの移り変わりについて見ていきます。

Chapter
義務付けられていたフェンダーミラー
主流となったドアミラー
いまでは当たり前!電動格納式ドアミラー
次々と登場し始めたミラーレス

義務付けられていたフェンダーミラー

1983年以前、”道路運送車両法”によってボンネットのある車はサイドミラーをフェンダーに取り付けることが義務付けられていました。これは、少ない視線移動で後方を確認しやすくにするための、安全の観点からの取り決めでした。

しかし外国には、こういった決まりは無く、サイドミラーはドアに付いているか、ドアの少し前あたりについているものが多く存在しました。こうなると、外国の車が日本へ参入するのに大きな障壁となってしまいます。

当然外国メーカー各社からは「後方を確認する目的をはたしているから認めて欲しい」という声が上がります。また日本国内からも、デザインの観点から「サイドミラーをドアに付けることを認めて欲しい」という要望が後を絶ちませんでした。

フェンダーミラーのメリット・デメリット

【メリット】
・死角が少ない
・助手席側のミラーを見るために首を振る必要がない

【デメリット】
・電動でない場合、角度調整をするためには、わざわざ降りて調整する必要がある


主流となったドアミラー

そういった要望を受けた1983年3月、規制緩和が実現し、ドアにサイドミラーを取り付けることが認められました。

この規制緩和にまっさきに飛びついたのは、1983年5月に追加グレードとしてターボモデルを発表した日産 パルサーエクサでした。

以降、日本車でもドアにサイドミラーを取り付けるスタイルが主流となりました。

ドアミラーのメリット・デメリット

【メリット】
・よほど車幅が広くない限り、車内から角度調整が可能
・電動調整が主流

【デメリット】
・フェンダーミラーと比べると死角が多い
・助手席側のミラーを見る際には首を振る必要がある

<次のページに続く>
次ページ
いまでは当たり前!電動格納式ドアミラー