ポルシェの維持費は年間100万円!? その内訳は?

ポルシェ ケイマンの維持費は年間で最低約44万1000円!

ポルシェ ケイマンであったら、最低約52万円程かかるようです!わお…。その内訳としては、

車検費用:1年分計算で約6万円
任意保険:4万8000円
自賠責:約1万7000円
自動車税:約5万1000円
重量税:約1万5000円。
ガソリン代:約25万円(年間1万km走行と仮定)

合計だいたい44万1000円。これらに加え故障したり、内装をドレスアップしたりすると人によってはもっともっと高くなりそうですね…。ちなみにポルシェの修理費は、冷却水漏れだけでも修理に15万ほど掛かってしまうとか!定期メンテナンス費用も気が抜けません…。

ポルシェ カイエン 最低約61万9000円!

カイエン

ポルシェ カイエンはだいたい約61万9000円程。ケイマンより割高ですね!

重量がケイマンよりかなり重たいのでガソリン料金や重量税などの内訳が異なってくるからでしょう。

しかし、これはあくまで最低金額!カイエンのオーナーの方の中には、年間約100万円はかかるという方もいるみたいです。プレミアムSUVとして人気のカイエンですが、ランニングコストは他モデルと比べて相当かかるみたいですね…。

ポルシェ 911の維持費は約51万円!

ポルシェ 911

さて、ポルシェ 911はどうでしょう?最低でも約51万円と、やはり重量が軽い分カイエンよりは低めですね。しかし、ポルシェ911のオーナーの方の中にもやはり、維持費が119万程かかってしまった方がいるみたい…。

自動車税:7万3100
任意保険:4万7880 
整備費:17万1590
諸費用を含めた車検代:18万5250

…ガソリン代、駐車場代などもろもろふくめ、119万程になったそうです…。

ちなみに、119万円かかってしまったのは4年目のことで、1年目が196万、2年目が145万、3年目が72万と、平均して維持費が高いようです。なぜ、こんなにも高額な維持費となってしまうのでしょう?

ポルシェの維持費が高額の理由は、ポルシェのタイヤとオイル交換にあり!

ポルシェの維持費が高額な理由として、タイヤ交換とオイル交換に費用がかかってしまう事があげられます。例えばポルシェのスポーツタイプであればタイヤ交換だけで前後40万円程かかってしまうそうです!

安いタイヤにすればそこまでいかないかもしれませんが、やはりポルシェのオーナーとしては走りにこだわりたい!タイヤも選び抜かれたものを使用すると40万円はかかってしまいます。そして、オイル交換も高額です。もちろん車種によって異なりますが、レクサスやBMWが大体1万円ほどの所、ポルシェだと大体4万~9万円はします!

特にオイルクーラーが前にあるモデルはオイルタンクの下にサーモスタットが付いているので、サーモスタッドを調整しながらオイル交換を行わなければいけません。そうすると時間もかかるし、技術も必要!という事で、他社と比べ高額となってしまいます。元々他社と比べオイル量が多いというのも理由のうちの一つですね。

なるほど。オーナーの走りへのこだわりや、ポルシェならではのボディの仕組みがランニングコストに影響しているのですね。ポルシェ購入を検討されている方はご参考にしてみてください!以上、ポルシェの維持費についての特集でした!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事