これだけで10万円もアップ!? 愛車を高く売るテクニック5選

愛車を高く売るテクニック①〜③

①外観はもちろん。車内の掃除と臭い対策

クルマの買い取りや査定を受ける場合、車をきれいにしておきましょう!とは、よく言われることですよね。洗車すれば確実に数万円アップ!ということではないかもしれませんが、査定してもらうときの最低限のマナーといえます。

そして、洗車して外側をきれいにしておくことはもちろんですが、室内も要チェック。私物は極力きれいに片づけて、ごみは捨てて、内窓の曇りなどもきれいに拭いておきましょう。

掃除と同時に、重要なのは「匂い」です。ペットやたばこの匂いは、ユーザー自身はなかなか気づかないものですが、初めての人からしたら不快な臭いに感じることもあります。

匂いのもとは、布製品であることが多いので、フロアマットは洗って、シートはシート用の洗浄シートで拭いて、ファブリーズなどの消臭剤(無臭がベター)を振りかけておきましょう。その上で、消臭剤を丸2日間位車内に入れておけば万全です。

②小さなキズはそのままでOK

車 キズ

飛び石や、ドアを開けたときに壁に当てしまったことによるキズなど、軽いキズは、補修したほうが良いのか迷いますよね。ですが、これはそのままでOKです。

小キズとはいえ、業者に出すと結構な金額になりますし、補修費分、またはそれ以上に査定額がアップするかというと、そうでもないからです。

ただし、コンパウンドなどで磨けば消える程度のキズなら、自身で磨いておくと良いでしょう。

③カスタムパーツはノーマルパーツに戻す

【東京オートサロン】Spiegel 爪折り

買い取りをお願いする車にカスタムパーツがついている場合、メーカー純正のオプションなら査定額アップが期待できます。

社外品は、よほどブランド力の強いものや、カーナビやオーディオ関連でもプレミアムな商品なら査定アップが期待できます。しかし、それ以外のエアロパーツや流行遅れのアルミホイールなどはノーマルに戻してから査定を受けたほうが良いでしょう。

カスタムパーツでも純正品ならOKですが、趣味性の強い社外品のドレスアップパーツは敬遠されますからね。

次ページ愛車を高く売るテクニック④⑤へ

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事