未使用車のメリット デメリットとは?なぜ新車より安く売られるのか?

メーカーとディーラー(販売店)の関係

ディーラー

新車を販売する正規ディーラー、あるいは正規で無くても新車を取り扱えるサブディーラーなど販売店には、メーカーからのノルマであったり、それを達成した時にメーカーから支払われる報奨金というものがあります。

よくある誤解で「メーカー=ディーラー(販売店)」と思っている人もいますが、実際にはメーカーと販売店というのは、あくまで別会社です。大抵はその地域の大手商社がメーカーから販売権を得て「正規ディーラー」を経営しているので、不況の際にはディーラーが潰れる事もあります。

ただ、そのままだと地域の販売店が消滅してしまう可能性もあるので、地域資本では無くメーカー子会社のディーラーもありますが、いずれにせよ別会社です。

そしてディーラーはメーカーからクルマを仕入れて販売するのですが、販売する先はユーザーだけではなく、正規ディーラーではないものの新車を販売可能な、二次販売店への卸し(業販)も含まれます。

こうした「メーカー」と「ディーラー」、さらに「二次販売店」の関係の中で、その卸し価格で売るために必要な販売台数のノルマや、目標販売台数を達成した時の報奨金などが発生してくるわけです。

地域やディーラーによって値引きやサービスに差が出るのには、販売台数やノルマの達成度によってメーカーから支払われる「報奨金」が原資となっており、要するに売れるディーラーほどメーカーから割り振られる資金も豊富で、メーカーとの力関係や値引きやサービスでも有利にある、という事なんですね。

未使用車とは何か?

さてそこで「販売台数」の解釈です。実際のところ、発表されている販売台数、あるいは受注台数というのは「ユーザーへの販売台数」とイコールではありません。正確に言えば「受注台数」というのは「ディーラーからの受注台数」であって、その中には「注文しているユーザーが存在しない台数」が少なからず含まれます。

そうしたクルマはメーカーへの注文後、ディーラーに届くまでにユーザーとの契約が成立するものもあれば、二次販売店に業販で卸され、そこで同様にユーザーに販売され、あるいは契約するユーザーが現れるのを待つケースもあるのです。

では、ディーラーでも二次販売店でも、メーカーから出荷、到着したにも関わらずユーザーがいないクルマはどうなるのでしょう?到着したまま放置して未登録、では「販売台数」にカウントされません。

そのため、メーカー(二次販売店の場合はディーラー)に対して、「販売台数」として報告し、ノルマの達成や報奨金を得るために、登録してナンバーを得るのです。自社のクルマとして。

当然、メーカーから到着するまでの納品チェックや輸送のための自走を除けばほとんど走行も使用もされていません。これが「登録済み未使用車」、一般的に言う「新古車」です。

次ページ未使用車のメリット・デメリット

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事