どっちを選ぶべき?車を査定してもらう上での買取と下取りの違い

ディーラー

「あなたの車、買い取ります。」という言葉をよく見かけませんか?買取とはなんでしょうか?下取りとは何が違うのでしょう?

Chapter
買取、下取とは?
買取と下取り…相場が高いのはどちら?

買取、下取とは?

次の車を購入することになった場合、または今乗っている車が何かの理由でいらなくなった場合に、お金が戻ってくることがあります。それが、車の「買取り」または「下取り」と呼ばれているものです。

車の買取りとは、今乗っている車を直接、買取専門業者に買い取ってもらい現金を手いれる、車の売却方法のことです。その売却金額を、次の車の購入資金の一部として、使用することもできます。

対して下取りとは、ディーラーなどで車を買い替える際に、車の入れ替えを前提として、新しい車の代金の一部として、割り引く方法のことです。次に購入する車がまだ見つかってはいないけど、購入資金に充てたい時などは、買取を選択するのも一つの方法でしょう。

買取にしろ、下取りにしろ、中古車の買取り相場や販売市場によって、買取価格や下取り価格が変わってきます。この相場は、時期やニーズによっても変わってきますので、価格を算出する際は、必ず見積もりが必要になってきます。

見積もりは、時期や市場動向だけでなく、買取や下取りを行う業者によっても異なってきます。

買取の場合は、次の車の納車時期に関わらず、車が手元からなくなりますので、注意が必要です。ただし、最近は、代車を用意してくれる買取業者もありますので、車がないと困る場合など、代車の存在を聞いてみるのも手でしょう。ディーラーでは、基本的には次の車の納車まで、今の車をそのまま乗っていていいという提案をしてきます。

買取と下取り…相場が高いのはどちら?

では、買取と下取り、どちらの相場が高いのでしょうか?

これは、基本的には買取の方が、見積もり価格や相場が高い場合があります。

下取りの場合は、下取りをしたディーラーの中古部門などで、車内流通させる場合もありますので、管理費や人件費などを含んだうえでの見積もり価格が算出されます。

一方、買取の場合は、すぐに中古車オークションに出品する場合が多く、車に対する保管費などの管理費などがあまりかかりません。そのため価格が高くなるのです。

また、ディーラーでの下取りの場合も、価格が高くなることもあります。よほど中古車市場で人気のある車の場合、もう一つは、新しく購入する車の値引き分を、値引きとして表現しない代わりに、下取り価格に上乗せる場合もあります。これは数字のマジックとも呼ばれています。

買取にしろ、下取りにしろ、やってみても損はありませんので、車の売却や買い替えの際は、是非お試しすることをおすすめします。