なかなか落ちにくいブレーキダスト…ホイールに適した洗浄方法とは?

なぜブレーキダストは落ちにくいのか?

タイヤ

車を洗車すると、ホイールに付着している頑固な汚れ。これが、ディスクローターとパッドが摩擦することで発生する「ブレーキダスト」です。

このブレーキダストには、ブレーキパッドの粉だけでなく、ディスクが削られることで発生した鉄粉も含まれています。

当然、激しい摩擦の産物ですから、削り取られた直後は高温で、これがホイールに付着すると塗装に焼き付いてしまい、なかなか簡単には落ちてくれません。

他にも油や泥、さまざまに混合した成分が付着してしまうのがホイール。定期的に洗浄するのは、大切なメンテナンスといえますね。

ホイールの洗浄方法

いちがいにホイールといっても、素材にはアルミやスチール、カーボンやマグネシムなどさまざまです。また、削り出しの質感を重視したホイールや、しっかりと塗されたもの、メッキ仕様など、表面の処理だけでも多岐に渡ります。こうした素材と仕様にしっかり注意して洗浄を行う必要があるといえます。

まずはシャンプーで洗浄。これで綺麗になれば問題ありませんが、先に述べたようなブレーキダストは簡単には落ちないと思います。その際は、市販のホイールクリーナーを使うのがお勧めです。

ホイールクリーナーには、アルミホイール専用や、アルミ・スチール対応など、さまざまな商品が混在しているので、表記をしっかり確認し、購入の際には愛車のホイールの材質・仕様に適した商品を選ぶことが重要です。

洗浄の仕方は、通常のクリーナーであれば、まず泥やホコリを落とした後で、ホイールに直接液剤を吹きかけるか、スポンジなどに吹き付けて汚れを落とします。その際、ホイールの表面を傷めないようにスポンジを使用するのですが、汚れが落ちない場合は、柔らかめのブラシを使いましょう。スポーク仕様などのホイールは、小さめの歯ブラシ等で磨くとよいと思います。

もし高圧洗浄機をお持ちであれば、塗装表面を傷めずにブレーキダストを落とすことがでるかもしれません。

洗浄後は、クリーナーの液剤を水などで、完全に除去することも忘れないでください。液剤が残っていると、塗装を傷めるなどトラブルのもとになります。また洗浄の際に、かなり強い汚れが出ますので、服装は最悪の場合を考えて、シミになっても良いものを選びましょう。

それでも残った汚れが、焼き付いてしまった鉄粉です。それらは、鉄粉クリーナーで除去しましょう。

ホイールは過酷な環境にさらされているパーツ

表面の塗装が痛んでいるホイールに鉄粉除去剤等を使用する場合は、傷んだ箇所にダメージを与えないためにも、全体でなく局部的に使用する方がよいかもしれません。

またスチールホイールの洗浄時に、塗装の剥がれなどを見つけたら、サビ止め剤の塗布&タッチアップなどでしっかり補修しておくと、見栄えはもちろんサビの発生も抑えることが可能です。スチールホイールのキズは、アルミホイール以上にシビアなチェックをした方が良いでしょう。

ホイールは常に地面に近いところで稼働している過酷なパーツ。アルミホイールなどは非常に高価なので、まめなメンテナンスを心がけましょうね。

洗車の際にホイールの内側も洗うべきなのか?
ホイールスペーサーを装着するメリット・デメリットとは?
重量や強度が異なる!ホイールの"スポーク式"、”メッシュ式”、”ディッシュ式”の特徴とは?

この記事をシェアする

最新記事