車のファンベルトからのキュルキュル音…その原因と対処法は?

まず何が鳴っているかを判別しましょう

無題

最初に考えるべきは、「いつ音が鳴っているか?」です。エンジンがかかっている状態、それも止まっている状態で鳴っている音であれば、タイヤなど走行中にしか動かない部分はまず関係ありません。その上で「キュルキュル」と何かがこすれているようであれば、何かのゴムベルトです。

車のエンジン内部にあり、エンジン内部のクランクシャフトの動きに関わる「タイミングベルト」というゴムベルトがありますが(※金属製のタイミングチェーンを使ったエンジンも多いです)、タイミングベルトはその構造上「滑る」ようにはできていません。もしタイミングベルトに影響がある時には、「キュルキュル」などではなく別な異常音がして、場合によってはエンジンが正常に動きません。

エンジンが正常に動いているようであれば、キュルキュル音の正体は大抵「ファンベルト」です。

ファンベルトとは

エンジンフード(大抵はフロントのボンネットですが、車によりけり)を開けた時に、目に見えるところで高速回転しているのベルトがあります。その中で、基本的にはエンジンを冷やすラジエターのファンを回すため、エンジンからの力を伝えるベルトを「ファンベルト」と言います。

他にはオルタネーター(発電機)やパワステ、エアコンなどを駆動するためのベルトもありますが、エンジンによって一本で全てを賄ったり、あるいは複数のベルトで別々に駆動する事もあり、それぞれ「パワーステアリングベルト」「オルタネータベルト」「エアコンベルト」などと呼ばれる事もありますが、前述のように一本で共用する事から「ファンベルト」と総称する事もあります。

共通しているのは、「プーリー」と呼ばれる輪っかにテンション(張り)をかけてひっかけているだけなので、どれも滑る時は滑るという事です。キュルキュルと鳴く理由としては、主に3つあります。

鳴く理由その1「ゴムの劣化」

一つはゴムの経年劣化です。使い続けたベルトはプーリーとの摩擦で摩耗する他、摩擦熱やエンジンからの熱を受け、ゴムが硬化していきます。

また、使っていないエンジンでも、時間と共にゴムが劣化する事は避けられませんので、どのみち硬化していくのです。新品の時は十分に弾力性があるのでプーリーとの摩擦も保たれて滑らないのですが、硬くなれば摩擦力が低下して滑りやすくなります。それによって、「キュルキュル」という連続した滑り音が起きるのです。

これが進行すると最後にはベルトが切れる事もありえるので、ベルトそのものが寿命ですから、新品に交換するのが一番になります。

鳴く理由その2「張力の不足」

もう一つはプーリーにかけられたベルトが緩み、張力が落ちるので滑りやすくなっている状態で、その原因としてはゴムが伸びたり摩耗した事での劣化、あるいは十分にベルトの張りを持たせていないかのどちらかです。

前者はベルトの寿命が近くなっているという事ですが、新品のベルトでも十分に張りを持たせなければ、滑ります。どちらでもテンショナーという張りを調整する装置で張力を戻せますが、新品では無い場合は早く交換した方がいいでしょう。

鳴く理由その3「機械の不具合や故障」

最後の理由は、ベルトでは無く、それが繋がった機械の方の不具合です。プーリーやテンショナーが錆びてしまうと、それと接触したベルトとの間で鳴きが発生します。

また、ベルトで駆動されるはずのポンプやコンプレッサーが壊れてロックしてしまうと、そこに繋がれたプーリーも正常に回転できません。そうなるとベルトとの摩擦が極端に増えて、場合によっては悲鳴のような鳴きが発生します。

この状態ではゴムが焼けるような臭いがしてくる事もあり、故障した機械はもちろん、そのような過酷な状態に置かれたベルトも交換した方が無難です。

点検して、鳴くようなベルトを見分けよう

鳴くようなベルトで最初に疑うべきは「張り」です。

エンジンを止めた状態でベルトを押せば、正常なベルトは弾力がありますが、硬化したベルトでは弾力が感じられなかったり、伸びたベルトでは押すと張りが足りなかったりします。ただ、これについては正常な時の感触を覚えておかないといけないので、時々エンジンルームを点検する際に、ベルトを押してどのような感触か、覚えておくと良いです。

また、見た目もすぐにわかります。極端な場合は裂け始まっていたり、ヒビが入ってるのがわかります。見えにくい時は懐中電灯などで照らしてあげてください。
チューニングカーなどでは、追加装備したパーツ等が干渉する事でベルトが損傷する事もあります。

この点検の際は絶対にエンジンが止まっている事が必要ですので、間違ってもリモコンなどでエンジンが始動しないよう、注意しましょう。

考えられる対策

ベルトの状態を見分けた上で異常が無く、機械類も正常に作動しているようであれば、「鳴き止め剤」を使いましょう。粉末やシリコングリスなどで、自動車用品店や自動車関連の大きなコーナーがあるホームセンターでも販売しています。

ベルトの硬化や破損がひどくない状態にも使用できますが、鳴きが止まると安心して放置してしまう可能性がありますので、大事な用件がある場合の応急措置と考えて、できればすぐにベルトを交換してください。

ベルトの張りが足りない場合、技術的知識があれば自分で調整する事もできますが、それができる人はこの記事を読む必要も無い人です。大抵の人は、そのままディーラー等に相談して整備を受けてください。

なお、ベルトの交換時期は使用状況や、保管環境にも左右されますが、短くて3万km、長くて7万km程度です。車検整備で点検を受ける場所なので、寿命が近そうなら早めに交換されるものですが、車検の間に数万km走るような用途ですとか、あるいは中古車などで前回の点検・走行状況が定かで無いものに関しては、とにかく鳴いたらすぐ点検しましょう。


関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事