タイミングチェーンは10万kmで交換不要?タイミングベルトとの違いは?

メルセデス エンジン

約10万km走行で訪れる「タイミングベルト交換」。
工賃が発生する整備項目ですが、それが近年の「タイミングチェーン式」だと交換不要?

Chapter
タイミングベルトとタイミングチェーンの役割
タイミングチェーン式が増えてきた理由
タイミングチェーンは本当に30万km持つのか??

タイミングベルトとタイミングチェーンの役割

エンジンの「クランクシャフト(芯)」の回転を、エンジンヘッドにある「カムシャフト・バルブ」という吸排気に関わるパーツに伝えて同期するのがタイミングベルト&タイミングチェーンの役割です。

一般的な4ストロークエンジンにおいて、かなり重要な役割を担う部品となっています。

一般的なタイミングベルト式は「静かで、エンジンをバラすことなく外から交換できる」というのが特徴でした。但し、約10万kmを目安に交換する必要がありました。(とある外車だと、ライフはさらに短いという報告も)

しかし、最近は「タイミングチェーン式」が増加傾向?? それは技術の進歩によるものでした。

タイミングチェーン式が増えてきた理由

旧車の時代にも、タイミングチェーン式は存在しましたが、「エンジン内部にある」点や「伸びやすい」「静粛性が劣る」等の技術的な課題がありました。
エンジン本体をバラして調整するのは、工賃が多く発生する作業だったのです。

そこでゴムベルト式を採用。
外部に設置しても静かで、エンジンをバラすことなく交換可能。テンショナーなども外部から交換・調整が可能です。

しかしゴム素材は「経年劣化」が避けられません。エンジンに直接関わる部分なので、切れると一大事となります。
その他、強度・油分に弱い・スペース等の問題もありました。

基本的には交換すれば良いのですが、エンジンの省スペース化も進んでおり「最近の車は、エンジンスペースの隙間が狭すぎてエンジンを降ろして交換しないと・・・」「更にエンジンルームが狭いので、降ろすのも大変」という状態になってしまいました。

そこで、新たな技術進歩を遂げたタイミングチェーンが活躍します。
高性能タイミングチェーンは品質向上&コマを細かく小さくし、さらには2~3重を巻いて駆動することも。

伸びにくく、エンジン内部に入り、ベルトに必要だったスペースを削ることが可能になりました。

<次のページに続く>
次ページ
タイミングチェーンは本当に30万km持つのか??